周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ245 

2012/08/22
Wed. 23:25

昨日今日と、入院している作業所通所者の外出支援で日中外を歩き回る。

それにしても暑い。夏を惜しむと先日書いたが、さすがに「もう、ええかげんにして!」と言いたくなる暑さ。でも真昼間の炎天の道路に立たされると、ヘラヘラ笑えて来て「もうどうにでもなれ」と思えて来る感じがやっぱり好き。冬ではちぢこまってガタガタ震えてこうは行かない。

今日は昼食に20年ぶりくらいに吉野家の牛丼を通所者と一緒に食し、若い時は特盛りを食った覚えがあるのに、なんと並を食すのが精一杯で、しかもお腹がびっくりしてしまったらしく、後でピーピーゴロゴロ(笑)。

作業所から外に出る仕事もいろいろ(住居に訪問したり、通院同行したり、職場の訪問やジョブコーチ、今日のような外出支援、密談等々)で、それのマニュアルも決まりも仕事の範囲もない。つまり、自分で必要だと思ったらやるのみ。ただそれだけ。それを一作業所職員の分際でひたぶるやって来た。
それもこれも、たった二人で残された現場を切り盛りしてくれる志を同じくする同僚が居るからであり、そもそも作業所だけに出来ることなどたかがしれていると限界を見切り、そこから外に目を向け出て行き、他機関と協働しなければ一人の生活者である障害者の生活支援など出来るわけがないという経験に基づく認識があるからだ。

それでもやっぱりたかがしれている。けれど、それを事業として大きくしようとも思わない。その拡大過程で必ず安易なマニュアル化が生まれ、やがて拡大の無間地獄に陥るのがオチだ。そんな反面教師たちは身近に五万と居る。
ぼくのやっているこの仕事を、要するに大田区は今自立支援法内の自治体独自事業である“地域生活支援事業”に当てはめようというわけである。きちんと法内事業に規定されるためには、いろいろな実務上の義務が生じ、ある程度のマニュアル化も生じるだろう。しかし、この間調べた限りでどの自治体も、この自立支援法の隙間事業である自治体独自の生活支援事業で、言い方悪いが適当な当てはめがされていたり、無理やり事業をくっつけたりしていることが見えて来た。

ぼくは元々自立支援法が憎くて憎くてたまらないので、この法にきちんと則って仕事をすると、正直下痢が止まらなくなるだろうと思う。下手したら職場に行けなくなるかもしれない。だから、これだけ事業移行せずに散々粘って来た挙句、区の方から地域生活支援事業の中で適当に生き残れる道を提案されて、自分達にはまぁお似合いじゃないかと思っている。そして、結局自治体の独自事業だから相も変わらず先々はどうなるか分からない。いつ削られるともしれない予算。

考えてみれば、今までも不安定さを承知で「このままで居たい」と主張して来たのだから、それがなんら変わることはない。だからやっぱり、「俺達は勝ったのだよ」(区が一度出したものを引っ込めなければ)。
そんな話を、夕方Y工房に出向きS嬢として、今日一日の仕事を終えた。明日も、この事業がいくらになるとか、利用者に何をさせていくらになるとかの計算など一個もせずに、手前の経験に鍛えられ裏付けられた感性で、今ここで必要な自分の仕事を作り出し、体一つの限界と相談しながら柔軟に動けるだけ動く。それが法に沿おうが沿わなかろうが本当は大した事じゃない。

近々区から、正式に次年度の我々に対する予算が示されるだろう。

今宵のBGMは、ザ・バンドの70年発表の「ステージ・フライト」。タイトル曲も名曲だが、メンバーが代わる代わる歌う“ダニエル・アンド・ザ・セイクレッド・ハープ”が沁みる。

BGドリンクは、ちょっとお腹壊しているので麦茶。25日は吉祥寺のろでソウブラ3人生音ライブ、準備も上々。みなさん、ぜひお越しくださ~い(って、しつこいかな?ちょっと)!!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

盆は一日休も取れず、会えず残念。

親父は早生まれだから72歳になった。

この家を買って何気に7年目。だけど最初の頃、2年くらい僕は寝たきりだったからあまり憶えていないんだ。散々迷惑かけたんだろうけど憶えていないんだ。悔しいけど思い出せない。

この家は僕らにとって楽園です。それぞれ思い思いに草木を植え、飾り、世話をし、僕が親父に文句つけるぐらい。統一感がないからとても好きです。


八画形の小屋は一見ビックリするかもしれないけど、物を造る時、4の倍数は簡単なんだ。屋根も45度一番簡単。なんて感じでね。笑い話でね。

親父が俺の最後の傑作なんて言うもんだから、もっと凄い物造ってきたのだから。今も信じられない物造っているし。

親父にはまだ夢がある。僕らも悩む所だけど、川へ帰りたいようです。

僕は僕で今頃2日ばかり連休です。

五十嵐  仁 #- | URL | 2012/08/23 08:44 * edit *

親父は1941年生まれじゃなかったっけ?

また関宿のガーデンで、のんびりさせてもらいに行きます。
娘等が世話になりました。

五十嵐正史 #- | URL | 2012/08/26 23:57 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/370-f2780e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08