周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

昨日は実にハードデイズナイトであった。

まず、朝職場にギター類を置くとすぐに国会へ向かい、「自立支援法違憲訴訟基本合意の完全実現を目指す会」が主催する第4次参議院会館前路上集会に参加。
6月と言うのになんだか冷たい風が吹き付ける中を立ち続け、リレートークを聞き、シュプレヒコールを上げる。
今年度から、さらに複雑な事業費のオプション加算が増え、それの申請実務がより煩雑になり(自己申請しなければ一切加算はもらえない)、利用者との時間がさらに減り、都の監査も重箱の隅を突く厳しさになったと嘆く職員の話を聞けば、毎度のことながら、この法でおいしい思いをしている奴等の仕事ぶりとは、いったいどういうものなのかと不思議に思うばかり。

5月のきょうされん東京大会でお世話になったHさんが、利用者と参加していて、リレートークで素晴らしいアピール&歌を披露する。
帰り際ぼくに気付いてくれてがっちり握手。

午後の議員要請には参加出来ずに集会後職場に戻り、書きかけの法人HPのコラムを仕上げて、蒲田のグループホームに住む通所者のケースカンファレンスに出席。
夜のあるぽらんでのジェロニモレーベルとのライブに間に合わすために、ギター持参で会議に参加。
「いやぁ、この後副業があるもんで」と頭をかけば、笑われながらも「本当はそっちが本業じゃないんですか」とチクリとやられる。

しっかり会議をやって、急いでJR蒲田駅へ。梅ちゃん先生のポスターも虚しい、無残な開発にさらされた工学院大学のファッキン!ディズニーランドみたいなハリボテ校舎の間を抜けて行く。チャらい学生共が、ぼくよりよほど高価なギターケースを背負ってたくさん歩いている。「こちとら中身はギブソンやぞ!」と大人げも無くからみたくなる。

あるぽらんには、なんとかPM6時過ぎに到着。
次々やって来た三日ぶりに会うメンバーとすぐにセッティングをしていると、ジェロニモレーベルさんが到着。
今夜はエレキの弾き語りスタイルでのライブとのこと(たいていはドラムと二人スタイル)。あるぽらんは初めてということもあってか、けっこうしっかりリハをされていた。

狭い控え室をソウブラが独占してしまったので、ジェロニモさんは客席でセットリストを作りながらPM7:00の開場を待つ。
ぼくらは、早速酒を飲み出し週末の関西ライブの思い出話に花を咲かす。

平日ということもあって、ライブは遅めのPM7:30にソウブラからスタート。
ステージには、マスター佐々木さんお手製の巨大「原発にとどめを!」ポスターが貼られ、マイクスタンドにもNO NUKESのマークが貼られて、店内はシンボルカラーの黄色を基調としたさながら脱原発ワールド。
そして、この日もライブドリンクメニューには、「角(核廃絶)ハイボール」が!

ソウブラは、関西ライブの勢いのまま、ゆる~いMCをかましながらこの日も「新しい日々」から始める。
仕事の疲労がうまいこと力みを奪うのか、非常にリラックスして演奏し歌えた。
最後はもちろん、「廃炉!」。南風ライブと同じくみんな一緒に声を上げてくれる。ステージ前のジェロニモさんのファンの人たちもえらいノッてくれてうれしい限り。
脱原発バンド東の代表(笑)としての、責務を全うした気分でステージを下りた。

ジェロニモレーベルさんは、原発事故後に書いた曲を収録した「ネガティヴ」というアルバムが脱原発杉並で評判となり、ぼくらも参加した2月のデモでは、トラックの荷台ステージで熱いパフォーマンスを見せた。
初めて生で観るライブは、そのたたずまいからして現場の最前線で歌い続けて来た者ならではのたくましさを感じさせ、シンプルな機材でも十分なサウンドを聴かせる“腕”もしっかり持ち合わせている。

同じ反原発、広く言えば反体制を歌ってもソウブラとは明らかに“歌い方”が違う。
あくまで「廃炉!」のような歌も楽しくやろうとするソウブラと、絶望的な状況をそのまま凝視するかのような言葉を吐き出して歌うジェロニモさん。
この夜は、手前味噌で言わせてもらえばその両者の違いがとってもはっきり出て、観ている側は面白かったのではないだろうか。

けれど、ジェロニモさんも関西人ならではのボケをかますようなMCがあったり、最後にはブルースブラザーズのテーマなんかを挟んで客に歌わせたりと、なかなかなパフォーマンスだった(それにしてもギター上手い!)。
交わることはなかったけれど、共に良いライブを創れたという、うれしい気持ちにぼくはなった。
佐々木さんからは、メンバー全員核廃絶ボールを1杯ずつごちそうになってみんなゴキゲン状態。

そして、またもメンバー全員で関西話の続きで盛り上がる(笑)。
あるぽらんの常連にも自慢しながら、ハードな一日の夜は更けて行ったのでした。
嗚呼!

「原発にとどめを!ライブ」ソウブラセットリスト
①新しい日々
②反対ロック
③残された場所で
④解放の歌
⑤廃炉!

今宵のBGMは、カンチ宅でも流れていた「ザ・ロスト・ノートブックス・オブ・ハンク・ウィリアムス」。
ディランや亡きレヴォン・ヘルム、ノラ・ジョーンズらが、ゆる~く3拍子でハンク・ウィリアムスの未発表詩に曲をつけて歌う逸品。ホンと心地よいグッドミュージック。

BG酒はホワイトハイボール(今宵は止めておこうと思ったけど・・・飲んでしまった)でした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

ハードでしたね!
私は13日はパソコンに向かってシュプレキコール、司会のsさんに慰労の毛いったいメールしてました。
あの国会前で歌うべきうtらを歌って下さいv-237

あねご #- | URL | 2012/06/15 00:22 * edit *

今週も引き続き国会前やります(19日参議院厚生労働委員会、20日本会議になりそう)。
それぞれの場所から一緒に声上げましょう!

五十嵐正史 #- | URL | 2012/06/17 00:15 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/330-12a0c7bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08