周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ178 

2012/03/15
Thu. 23:53

夜7時頃帰宅したら、茜がやって来て「私も10分くらい前に帰ったばかりなんだ」と言う。

「こんな遅くまで何して遊んでたんだ!?」と詰問すれば、「いやぁ、八角堂(団地内の遺跡のある公園)で友達としゃべってたら楽しくて楽しくて~」とのこと。最近いつもこんな感じ。
「遊ぶのは結構だが、日のあるうちに帰って来い!」と父は叱り、茜は「ふぁ~い」というカラ返事を残して、たまごっちを買ったために9月まで小遣いなしの彼女の、現在唯一の現金収入源である風呂掃除を始めた。

風呂掃除を終えると、銀杏をアテに晩酌をしている父に、学校で発表した作品や自由研究を見せに来る。
不思議な絵心がある烏瓜(なんで烏瓜?)の絵と、ムササビの姉妹と題した版画(なんでムササビ?)に、好きな国のことを調べたというモンゴルについての自由研究(なんでモンゴル?)等々。
どれもおもしろくて思わず見入ってしまう。そして、将来の夢についての発表では、相変わらず「助産師になりたい」と言ったという。これは彼女が幼稚園の頃から言い出した夢。
自分も助産院で産まれ、妹弟の出産にも立会い、弟波留の時は父と一緒にへその緒を切る経験をした彼女は、いつもおおらかでどっしり構えていて、我が家の3人の子どもたちを取り上げてくれたH井先生の働きぶりが、相当強く印象に残っているらしい。

その茜も4月から4年生になる。風呂に入る時、白髪の付いた父と同じ洗髪用のブラシは使いたくないとごねて、別のを買わせたかと思えば、「父ちゃんの匂いが落ち着く」と言って、やたらと父の布団に入って来て父の枕を使いたがるという支離滅裂というか、変態的というか、まぁそういう年頃なのであろう。

1年生になる次女の葉生は、明日(16日)で6歳。ということは、葉生の誕生と1日違い(15日)でNPO法人の認証を受けた我が職場であるあまのはらも6歳になったのだ。

葉生は、来週卒園の自主幼稚園で作ってもらった、手形付きの色紙をうれしそうに父に見せる。見ると幼稚園の先生と写した写真の隣に身長112cm、体重19㎏と書いてある。まだまだちびっ子だなぁと、抱っこしてほっぺにチューをする(我が家は、生活様式はいたって和風だが、西洋人並に良くチューをする。それでかつて父は茜からマイコプラズマ肺炎を移された)。

6年間で二人の娘達はこれだけ大きくなり、父の働くあまのはらは法に抗い続けていまだに存続している。
我ながら良くやって来たと思う。しかもそんな先行き不透明な生業なのに、この間さらにもう一人子ども(波留)を増やしてしまうとは(笑)。ぼくも母ちゃんも相当の楽天家である。

これまでぼくが抗い続けて来た法、「障害者自立支援法」は「障害者総合支援法(案)」と名前を変えて今国会で上程され、おそらく可決されてしまう。今の談合と取り引きの政治の仕組では、それをこれからひっくり返すことはほとんど不可能だ。
なぜこんなことになってしまったのか?今日職場で、法人のHPに連載しているコラムの原稿に、そのことをかなり突っ込んで書いた。今までも歯に衣着せず書いて来て、人づてに「俺のこと書きやがってムカつく」という感想が届いたりして来るのだが、面と向かって誰も言って来た試しがない。
今回は今まで以上に、さらに思い切った、だけど誰がこれに反論出来るだろうという、自信のある持論を存分に展開したつもりだ。近日中の公開をみなさんぜひお楽しみに(このブログにリンク貼ってあります)。

子どもに負けないくらい自由に生きる。そんな親父を見ておもしろがってくれたら、生き方の何か少しでも参考にしてもらえたら、それだけで父としての役割は十分果たしたことになると思っている。
損得勘定に長けた顔で、自分の評価に怯えながら、それでも必死に長いものに巻かれ続け、しがみつくような生き方だけは子どもに見せたくない。

今宵はあまのはらの誕生日に乾杯!

BGMは、昨夜に引き続きヴァン・モリソンで、今宵は70年発表の「ストリート・クワイア」。代表作にして大名盤の「ムーン・ダンス」と同じ年に出された2枚目(!)。それにしてもすごい創作力だ。
「ムーン・ダンス」の陰に隠れがちな作品だが、これもすごく良く出来ている。ホーンやコーラスワークを含めた素晴らしいバンドアンサンブルをロックに持ち込み、最高のサウンドを築いたヴァン。この時なんとまだ25歳!
ディランとは違った意味で、ロックに革命をもたらした男ヴァン・モリソンはやっぱり素晴らしい。

BG酒はホワイトハイボールでした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

こんばんは
茜ちゃん、三年生にして助産師志望とは、さすが女子はしっかりして頼もしい!
「子どもに負けないくらい自由に生きる」…ホントに大切な命題ですね。
子供の為になどと理屈つけて誤魔化したり逃げたりしたら、大きくしっぺ返しが何故か子供にはね返って顕在化したり…因果応報が怖い。反省こめた体験です(^^;
ファッション談義も面白く読みました。
それにしても、五十嵐さん含めてご一家を支える奥様の偉大さにいつも脱帽します(⌒-⌒)
四月にはライブ行きたいと思ってます!

スズキ #- | URL | 2012/03/20 00:11 * edit *

スズキさん、ありがとうございます!
酔っ払いながらのいい加減子育てに、我ながら時々不安になりますが、先輩に評価していただけると実に心強いです!
そして、間違いなく我が家の大黒柱は母ちゃんであります(笑)。
4月、またのろライブもありますので(前回初出演で、かなり緊張したと言う梅ちゃんも張り切っております!)、ぜひよろしくです。


五十嵐正史 #- | URL | 2012/03/20 21:27 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/280-88219391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08