周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ169 

2012/02/25
Sat. 01:14

今夜で、26日の活動写真ライブの音楽付けが一応出来上がった。

チャップリンの短編5本とその他1本の計6本。楽譜を書けない読めない、ギターテクニックもない、ただあるのは毎日毎日好きな音楽を聴き続けて沁みついたメロディーやリズムだけが頼りの私。
その引き出しを駆使して今回も何とか出来たのだが、これが片岡君のしゃべりとどんなコラボになるかは、ライブの瞬間まで分からない(二人で合わせるのは、当日ほとんどぶっつけなので)。
でも、この分からないところがあるのがぼくは好き。自分の気の済むまでやって、だけどどうなるかは分からない。ライブもそう。そして、我が生業も。

逡巡し続けながらの仕事のことを書いた翌日、ソウブラが夏と冬にライブをさせてもらっている新宿中央公園を拠点に、路上で暮らすおっちゃん達を支援する新宿連絡会の“新宿連絡会NEWS VOL.59”が届いた。
以前にも書いた通り、ぼくはこのNEWSの巻頭の笠井さんの文章が大好きで、今回も早速寝る前に枕元で読んだ。
今回の巻頭文は、「背中をちょっと押すだけの支援が、支援される側も、また支援する側も精神的苦痛が少ない最善の方法だと、かつてより考えていた」と始まり、支援される側との距離感の大事さと、その取り方の難しさを語る。
また新宿連絡会のような、制度で支えきれない隙間を埋めるNPOやボランティアでさえ、いつの間にか上下関係になってしまうことへの危惧も、自分たちの内面を淡々と見つめるような筆致で書かれている。

ぼくは自分の仕事を、逡巡しながら続けていると書いたが、笠井さんは、最近ついに路上のおっちゃん達への求人に原発関連の仕事が来るようになったことに触れて、おっちゃん達に行けとも行くなとも言えずに煩悶していると書く。キレイごとでないこの現場のリアルな言葉に、ぼくは何とも胸が熱くなるのを禁じ得ない。
人が人を支援するということを、なんの逡巡も煩悶も無く出来るものか。
支援の現場とは、「何も出来ない」「どうすれば良いんだ?」という言葉が圧倒的に立ちはだかる中で、それでも日々継続されて行くものではないか。

笠井さんの「何も出来ない我々は、それでも我々の経験だけを頼りに今年も路上に、より迫れたのであろうか?」という自問を読みながら、ぼくはこれとまったく真逆の言葉を最近見たことを思い出した。
それは、来年度から大田区に精神障害者の就労移行支援事業者として参入して来る株式会社のHPの文章であった。

そこには、すべての人々の共尊共栄できる社会の実現と社会変革が会社のビジョンとして謳われ、自分たちが旧来の福祉事業者よりも安い投資額で障害者を就労させている実績を数値を示して語り、公費の削減効果と費用対効果を強くアピールしていた。

それを読んで、ぼくは反吐が出そうになった。ここには、この世でたった一人である人を支援する事への逡巡も煩悶もない。障害者自立支援法も名称変更される障害者生活総合支援法も、この逡巡と煩悶を切り捨て、代わりに公費削減と費用対効果を至上の価値としたのだ。その価値観の180℃回転は、クソッタレ官僚達が、ただただ国の財政支出を減らすためだけにそうしたのだ。もんじゅみたいな危険なガラクタに1兆円もつぎ込んできたくせに!

企業のPR文と、笠井さんの文章を同列に比較してはいけないのかもしれないが、ぼくはその企業のPR文に絶望を感じ、笠井さんの文章に救いを見た。“背中をちょっとだけ押す支援”これを心がけて、この時代を福祉で飯を食いながら往こうと思う。

今日のスペースCライブは、今年スペースC初でワンマンライブ。新曲も披露します。ソウブラの熱いロケンロールをたっぷり楽しめるので、ぜひみなさんお運び下さい!

今宵のBGMは、わが師豊田勇造さんの84年発表の「センシミーナ」。“生き急ぐことはない 死に急ぐことはないと やわらかいパキスタ二が歩いて来る”がサビの師匠一世一代の大名曲「花の都ペシャワール」収録。
師匠の歌は、聞き流せずに何か引っかかる歌が(歌詞が)多いのです。そこが豊田勇造の偉大でワン&オンリーなところであると、自称弟子である私は自負しております。「海の始まり」というこれまた大名曲も「お前日の丸焼いたやろう?殺す!と囲まれた琉球の夏」というすごい歌詞があります。
でも、個人的には最後の「11時の鐘」が大好き。「すべて終わったことにして 明日又始めればよい」いつ聴いても泣けてしまいます。だって本当にそうだから。最高の歌詞です。

BG酒はキリン一番搾り。では、大森スペースCでロケンロール!


スポンサーサイト

[edit]

CM: 3
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

しゅんじゅん
広辞苑だともんもんとしたネガティブな意味合いですけど…
実感としては周辺ロケンロールなもんですよね!
僕も日々文章書きながら「しゅんじゅん」してます。

あるぽサトー #- | URL | 2012/02/25 01:29 * edit *

【!!!ギャラリー更新しました!!!】

五十嵐さん、みなさま、昨日はありがとうございました!
というわけで、ギャラリーを更新いたしました!

http://sbrspilits.jimdo.com/



ギャラリー



2012/02 スペースC

で、見られます!!!

大橋 #- | URL | 2012/02/26 17:12 * edit *

あるぽサトー君、そうそう、逡巡すなわちロケンロール!
この頭ごなし&なし崩し成果効率社会において、逡巡は抵抗になり得ると私は日々夢想しております。

大橋さん、ギャラリーありがとう!
いやぁ、動画観るとパワフルな良いライブだったねぇ(自画自賛)。
チャップリンもおかげさんで盛況でした。
心身共にヘロヘロですが、両日共良い酒飲めて、悔いなしストレスなしの充実した週末でした。

五十嵐正史 #- | URL | 2012/02/27 00:57 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/268-6975dfb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08