周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ133 

2011/12/13
Tue. 22:34

昨日、職場に大田区の共産党区議団から、2012年の大田区の予算編成に関する共産党の要望書が届いた。

先立つこと3ヶ月前、ぼくは同業者で共産党員のK氏のはからいで、区議団と懇談会を持ち、廃止をちらつかせられながらも、障害者自立支援法に移行せずに地域福祉を守っている小規模作業所のことをちゃんと見て取り上げて欲しいと要望し、それまでの自立支援法への事業移行を推進するような共産党区議団の姿勢を「少数派を無視している」と批判した。

その時、神妙にぼくの話を聞き、「ぜひ近々あなたの作業所にうかがわせて下さい!」とまで言った共産党区議団は、果たしてぼくの職場に電話一つよこして来ない。

10月の区のイベントで会った(というかぼくと目が合った)時も、バツが悪そうにやって来て「忙しくてなかなかうかがえなくてごめんなさい。必ずそのうち行ってお話し聞きますから」と言ったが、それきりである。
もちろん、共産党といったって所詮政治パワーゲームの中の住人だから、ぼくはその言説をそれほど信じてはいない。

しかし、それでも昨日届いたいくつもの分野にわたって項目が分かれた冊子状の要望書の、障害福祉分野の所に、ぼくの意見がまったく無視されているのを確認し、さらにあろうことか、懇談の席上で「これ以上、区と癒着した団体だけが優遇され、施設間格差が広がるだけの無駄なモノは要らない」と批判した、精神保健福祉分野で区内最大社会福祉法人であるプシケおおたが区長に要望している3箇所目の箱モノ生活支援センターを、今年度要望する新規項目として☆マーク付きで載せているのを見つけた時、ぼくは一瞬にしてトサカに来てしまい、気付いたら要望書に同封されていた区議団への意見書に抗議文を書き殴っていた。

「ふざけんじゃね~ぞ、キョーサントー!こらっ!!」と、ブツブツ呟きながら。

ここにも書いて、いろんな所でも書いて言っていることだが、現在大田区にある2つの精神障害者生活支援センターは完全に行き詰まり、開所日数、時間共に縮小し続け、現場の責任者自身がぼくに「どうにも手がつけられない」と嘆いている場所なのだ。
日中活動の場としての中身を何にも考えず、ただ「ポケーッと一日中居れる場所」(当時の彼らのうたい文句)とだけで、区に丸抱えさせて豪奢な施設を作らせたものの、直に誰も責任持たない無法地帯となり、挙句は雀荘とまで言われ、夕食サービスでかろうじて人を集めているだけの場所。
その現実にこの社会福祉法人は微塵の反省もないまま、さらにもう1箇所同じようなクソみたいな場所を欲しがっているのだ。その現場をキョーサントーはちゃんと見たのか?

許せん、許せん、絶対に許せん!

文末は「少数派に寄り添えない共産党の存在意義を疑う」という文句でキメて送りつけてやった。

思えば抗議文書いて送りつけて議論して、さらに抗議文みたいな歌まで作って・・・。そしてまた抗議文書いて・・・。
ったく、俺は抗議文屋か(苦笑)。

1日経って、ちょっと書き過ぎたかなぁと思っていたところに、抗議文を読んでくれた同志S嬢から「(怒りは)もっともです」とメールが来た。ホンと、心強い味方です。

さぁ、明日は午後から小規模作業所スペースCの今後について、大田区の障害福祉課との話し合い。
がんばりまっせ~。
夜は、同世代の歌仲間「碧」のレコ発ライブに高円寺へ行くつもり。
よう介君、タケさん、GOOD MUSIC期待しているよ~!

今宵のBGMは、スティーヴ・アールの2002年発表の「サイド・トラックス」。これB面曲や未発表曲を集めた企画モノなんだけれど、素晴らしい内容!
ロック、レゲエ、ブルーズ、カントリー、アイリッシュ、パンク、つまり、ぼくの好きな音楽全てのタイプの曲がこの一枚に詰まっている!そして、ラストは秀逸過ぎるディランのカバー「マイ・バック・ペイジス」。
数あるディランカバーの中の、これは最高傑作と言えます!

BG酒はホワイトハイボールでした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

あまのはらニュースの巻頭文、アデイにメールで送りました。月曜日チェックお願いします。
最近は「war」が好きです。あんなにシンプルなのに何故あんなにカッコいいのか。。。驚きです。

S子 #- | URL | 2011/12/16 19:48 * edit *

おお!同志S嬢よ、ついに書けたか!!お疲れさん。
そしてコメントデビュー、ありがとう!!!!
明日物資取りに子どもら連れてアデイに行くので、早速読ませてもらうよ。

「war」は人間社会の真実だけが歌われているから(ボブ・マーリーの歌はみんなそうだけど)ぜんぜん古びないし、いつの時代でも効くんだよねぇ。

あまのはらニュースで、俺たちも真実の声ってやつを届けてやろうぜ!
またコメントよろしく哀愁!!

五十嵐正史 #- | URL | 2011/12/16 22:21 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/226-63e7fb3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08