周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

大森カフェスペースC2011年ラストライブ終了! 

2011/12/04
Sun. 15:53

朝起きた時はどしゃ降りだった雨も昼過ぎに上がり、12月にしては妙に暖かくなったサタデーナイト。
そんな夜、ソウブラ今年最後のワンマンライブに15名近いお客さんたちが来てくれた。

今回のライブは、ぼくの発案で今年作った歌を1月から順番に全部歌うという初の試み。
以前もその年作った歌を全部歌うというライブはしたことがあるが、順番はライブの構成を考えて決めていた。
しかし、今年はあえて時系列にこだわってやってみたかった。

それは、今年は震災&原発事故により、それ以前とそれ以降で変わってしまった世界を、なんだか不思議な時間感覚と混乱の中で生きて来てしまった気がするから。
11月まで毎月1曲は作って来た自分の歌を、日記を読み返すように歌うことで、お客さん達とこの1年を振り返ってみたかったのだ。

果たして1曲目に今年の1月に作った「青い一輪車」を歌った時に、ぼくはこの歌の描いた世界が確実に3.11前の世界であることを感じ、懐かしさと共にやはり世界は変わったのだということを痛感した。

そして、3.11以降最初に作った「2011年3月20日の満月」から、歌の世界は明らかに変わった。
明るい歌も、怒りの歌もバラードも、すべて3.11以降に書いたものは、ぼくが元々直球の歌詞を書く人間ということもあってか、絶対にそれ以前にはなかった事が歌われている。

そんな風に順々に歌って行くと、思っていた以上にこの1年の自分の心の動きの激しさを歌で追体験し、良い緊張感を保ちながら歌に集中し気持ちを込めることが出来た。

アンコールを含めて全17曲歌い切った時は(内今年作った歌は13曲)、心底このライブをやって良かったと思い、大きな充実感が残った。このライブは自分の、そしてみんなの明日のためにやる意義があった、と思えたのだ。
この夜スペースCに来てくれてライブを一緒に創ってくれたみなさん、本当にありがとうございました!
歌の世界を一緒に感じてくれているのが、歌っているぼくにも伝わって来て、何度かジーンとなりました。
来年も、この世界をひたぶる生きるために歌を書き、歌って行きますので、よろしくです。

そしてそして、そんな昨夜のライブが、大橋さんの夜なべ仕事のおかげでもうギャラリーサイトで観られます!
今回は曲数もたっぷりの大特集!!ぜひぜひ、ライブに来られなかった方も来た人も、お楽しみ下さい。
個人的には全部良いですが(笑)、「青い一輪車」、「幻の中立地帯を踏み越えて」がとっても好きです。それから「ゴールウェイ・ガール」も!
大橋さん、今年1年ギャラリーありがとう!たくさんうれしい思いさせてもらいました。これからもよろしく哀愁!!

12月3日セットリスト
①青い一輪車
②グローカル・ア・ゴー・ゴー
③ロケンロールをやろうぜ
④2011年3月20日の満月
⑤廃炉!
⑥光る水
⑦新しい日々
⑧幻の中立地帯を踏み越えて

⑨手紙 詩 竹内浩三
⑩夏の別れ
⑪そこでこそ輝く
⑫ONE LOVE
⑬残された場所で
⑭ゴールウェイ・ガール
⑮いつか良くなって行くように
⑯結風
~アンコール~
⑰解放の歌

スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

i-235すがすがしいライヴでよかったですね

あねご #- | URL | 2011/12/05 02:12 * edit *

おかげさんで、気持ちよく歌い切りました。
あねご、来年もよろしくです!

五十嵐正史 #- | URL | 2011/12/05 23:00 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/220-cf291a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10