周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ110 

2011/10/20
Thu. 23:30

今日は午後から、年に1度の健康診断であった。

ぼくの働く共同作業所(小規模作業所とも言う)は、無認可法外の民間施設であるが、補助金で運営する社会福祉施設であるからして、最低年に1回、通所者、職員共々健康診断の受診が義務付けられている。

かつては(5年ほど前まで)保健所で我々のような小規模施設の集団健診を格安(昔は無料)で受けさせてくれていたが、それも削減されてそれでも受診義務だけは残った。

受診先を求めていくつかの医療機関をあたったが、どこも今までの健診内容(血液、検尿、レントゲン、視力、問診)で、倍以上の値段になってしまう(40歳以上の区民は無料健診がある)。
区に交渉しても結局首を横に振られるばかりで途方に暮れかけた時、ぼくが毎年花粉症薬をもらっている作業所近くのU診療所にダメもとで事情を話して交渉してみたら、社会活動にも積極的な医療生協の病院ということもあってか、実に格安で今までなかった心電図まで項目に入れてやっていただけることになった。

ここは元々庶民の診療所として定評があり、お願いしなくても初めから当然のごとくジェネリックにしてくれるなど、低所得者層にとても親切。まさに灯台下暗しで、以来法人ぐるみでお願いし続けている。

しかし診療所というだけあって、院内は狭く基本的に先生は一人しかいないので、受診出来るのは1日に1~2名。なので総勢35名くらいが日替わりで1ヶ月かけて通う作業所の一大イベントとなる。

診療所自体が2階でお年寄りのデイサービスをやっていたりと福祉にも取り組んでいるので、作業所の通所者にも親切に接してくれ、気楽でみんなにも評判が良い(ここをかかりつけにしてしまった人もいる)。朝食、昼飯抜かなくても良いというのも助かる(最初は「え、良いの?」と思ったけど)。

職員にとっても唯一の健診なので、通所者と共に同じ内容で受ける。ぼくは今年は体重増加が気になる30代の男性通所者と一緒に受診。
ぼくのここ数年来の健診結果評価はずっとD(A~Eランク中)。どこが極端に悪いわけではないが、貧血だったりちょっとγGTPが高かったり、若い時からコレステロールが高めだったりでこの結果となる。

え、当然健診前日は飲まないでしょって?何を言う、早見優!
昨夜もしっかりキリンクラシックラガー大瓶と、ホワイトハイボールをしっかり飲んで今日の健診に臨みましたよ、ハイ。

ぼくには嫌いな法律いくつもあれど、その一つがファッキン健康増進法。
医療費削減目的の法に振り回され、やたらと健康食品や器具等々に結局金をつぎ込み消費させられ続ける庶民の姿はなんとも悲しい。
焼肉好きの菅直人の次は、ドジョウの割にはいかにも質の悪い油摂りすぎのおっさん(さしずめドジョウと言うよりナマズかサンショウウオ)が首相のこの国で、実に嗤える法律ではあるが・・・。

今宵のBGMは、ジョニー・キャッシュ&ウィリー・ネルソンの98年発表の二人ライブCD。晩年のジョニーはファンにとってその痛々しい衰えが辛いのだが、このライブはウィリーの人柄も手伝ってか実に元気。
それでも数年前中古で手に入れた当初は、年寄りのギター2本ライブのゆるさにたいくつを感じてしまったのだが、今はそのゆるさがたまらない。ジョニーのシンプルなチンタコ指弾きギターに、ウィリーのあの独特の不思議な味あるギターが絡む(もちろんボディーに穴開いているあのギターで)。実は凄い名盤だと最近気付いた。
基本的に交互に歌う構成だが、低いドス声のジョニーと高い澄んだ声のウィリーがベストマッチ。二人でやたら盛り上がるMCもけっこう収録されていて、意味が分からないのが悔しい。

BG酒はホワイトハイボールでした。ではまた、ロケンロール!


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/198-50a14476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10