周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ105 

2011/10/13
Thu. 23:29

仕事帰り、団地の前にある生田浄水場の森の上、ちょうど紅白縞模様の塔(1号、2号仮面ライダーでしょっちゅう映る塔)の横に、赤みがかった満月が出ていた。

正面に森を見ながら、左手に我が家のある3号棟の前の道を玄関まで歩く時が一番ホッとする。
時折我が家や別のお宅から子どもたちの声が聞こえ、見ると実にいろんな色の灯りが各部屋に灯っており、様々な生活の音が聞こえて来る。夕飯の匂いもする。夜遅くなると、風呂を使う音があちこちから聞こえたりもする。

人によっては、これをプライバシーがちゃんと保たれていないと言うかもしれないが、幾重にも無機質に防御されて人気が外にほとんど漏れない環境より、この方がぼくにはよっぽど性に合っている。ましてや我が家のように、夏場は24時間すべての窓を開けっ放しにしているような開けっ広げな生活者には、オートロックより風通しの良さが何より必要だ。
ぼくはこの団地の生活音が大好きだ。昔の長屋もこんな生活音で賑やかだったのでは、と想像したりする。

実は団地に住む前は、団地に対して非常に悪いイメージを持っていた。
例えば、判で押したような画一的な生活。教育ママゴンの集団。日毎小グループでの陰口大会。わずらわしい近所付き合い。楽器は弾けないetc・・・。
ところが実際に住んでみたらそのイメージ全部が逆だった。それはもちろん、世の団地すべてがそうだというわけではなく、たまたまぼくらが住んだこの団地がそうだったということなのだろうが。

子どもが産まれれば、いろんなお宅がお下がりをくれる(時々使えないのもありますが)。特に口コミで「五十嵐さんは嫌がらずになんでももらってくれる」なんて言われているみたいで(笑)、おかげで波留は産まれてまだ1着も服を買っていない。「要らなかったら捨てて」とメッセージが入った絵本の入った袋が、玄関前に置いてあったことも一度や二度じゃない。でもしつこくされることはない。

それに、プライバシーの件も、団地から新しい別の公団やマンションに引っ越した人から「団地よりも壁が薄くて隣の音が良く聞こえる」なんて言われたりする。
確かに素人から見ても、安普請の比較的最近のビル(まさにぼくの職場がそう)なんかより、見た目はボロでも昔の建物の方が頑丈そうに見えることはしばしばある。

と、まぁすっかり団地好きのおっさんになってしまったわけだが、近頃よく思うのは「借り暮らし」ということ(ちょっと前にジブリ映画でそんなタイトルのあったなぁ)。
あるミニコミ誌の記事で、ホームレスの人たちのグループホームを運営している人が、「そもそもこの地球上のある一角を「ここは俺の土地」と言って所有すること自体がおかしいのではないか?」「しょせん産まれて数十年、地球の上を一時借りて生きて死んで行く人間なのだから」というようなことを書いているのを読み、ぼくは激しく共感したのだった。

まさにその通り。豪邸に住む者も、城を建てた者も、皇居に住む者も、団地に借り暮らしする者も、そして家が無い人も・・・みんな地球の営みの中のこの世のわずかな時間を借りて生き、死ぬことに変わりは無い。
以前から、土地を買うだ、家を買うだはぼくにはどうにも無粋に思えて仕方がなかったのだが(なにより先立つものがありませんが)、その理由が実にはっきりした感じ。

これからもこの、放射能で汚してしまったけれど、地球の一角を分け合いながらの借り暮らしを楽しんで行きたい。そうして余計な物はなるべく残さずきれいに消えて行く。先日逝った伊藤さんも、まさにそんな借り暮らしの人だった・・・。
そう考えると、改めて原発を必要とする人間の傲慢さが骨身に沁みて来るなぁ。

今宵のBGMは、ボブ・ディランの70年発表「新しい夜明け」のLP。ディラン作品の中でぼくはこれがベスト3に入るくらい好き。一般的には評価の低いアルバムだけれど、たぶん特にミュージシャンには好きな人が多いはず。
元々こもった感じでリバーヴのほとんどかかっていない粗っぽい音だけど、レコードで聴くとそれがさらにあたたかみとなって聴こえるので最高!

BG酒はサントリーホワイトハイボール!(帰りに寄った生協で、トリスが売り切れていたので(貧乏人多し!)ギター森田君愛飲のホワイトに格上げしました)トリスより芳醇な味で旨い!!
ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

風情ある昭和っぽい暮らし。雰囲気は好きです。
そんな絵本をお貸ししたのですが、、、あなたがずっと黙っているってことは忘れているでしょ。とり急ぐ必要はありません。ついでじゃないけど、好きな人がいたらソウブラで回覧ok!です

あねご #- | URL | 2011/10/15 03:52 * edit *

いえいえ、あねご忘れとりゃしません。
なにせスペースCライブの時はあの荷物なもんですから、お返しするタイミングが・・・。
もうそれぞれ10ぺん以上、子どもらと読みました。読んでて涙腺ゆるむ絵本です。
近々ちゃんとお返ししますので。

五十嵐正史 #- | URL | 2011/10/16 22:05 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/193-3e8275ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10