周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

核が味方 

2011/07/27
Wed. 23:20

今度の土曜、30日のスペースCライブの準備をボチボチやっている。

今回は、「廃炉でNO NUKESなロケンロールショー」と題して、正面から反原発を打ち出したライブ。
と言っても、中身はソウブラのロケンロールショー、熱く楽しくおもしろくロックするつもり。

当日来てくれた人たちには、今回特製NO NUKES団扇をプレゼントということで、買い込んだ無地の団扇に、6月の南風楽天ライブでさくらさんが配ってくれたステッカーのデザイン(最近のライブではぼくはいつもこのバッヂを付けている)を、学校が夏休みになった茜がはりきって、ハサミで切って糊付けして作ってくれている。ぜひこの夏は、この団扇を扇いでNO NUKESの気持ちを盛り上げよう!反原発デモに持参するのもGOODかも。

少し前に、ユーチューブで小出裕章氏の講演を観た時に、その中で氏が「本来、核=原子力であるのに、日本では核と言うと悪で、原子力と言うと何か安全で良いもののような言葉の使い分けがされている。核に反対するのなら、当然原子力発電にも反対するべきだ」と言っていたことが頭に残っていて、30日のライブで久しぶりにある歌を歌ってみようかと思い、今日10数年ぶりにその歌を練習してみた。そうしたら、改めて今とても歌いたくなったので、30日に弾き語りで披露しようと思う。


「核が味方」
詞 五十嵐正史 原曲 ボブ・ディラン

最初はソ連のやつを 脅すためだったのさ
見せしめに落としたのさ 世界で一番になるために
そうさそれからはずっと 核が味方

平和のためにと 造り続けている
持ちたがるやつをこらしめながら 平和の名の下にこらしめながら
そうさ選ばれた国だけ 核が味方

なんべんも試し撃ちしたのさ 一つの地球の上で
死の灰が降り注ごうと 死の灰が大地に降り積もろうと
止めるわけにはいかない 生き残るために

海の民がたくさん死んだ 海の幸がやって来なくなった
それでも成功したと言う それなのに犠牲はないと言う
自然の恵みなどいらない 核があるのなら

人類が生きて行くために どうしても必要なのさ
嫌な奴とも生きるため 核の恐怖が 嫌な奴を黙らせるため 核の脅威が
日本も持っていたなら 落ちなかったはずさ

広島長崎からムルロアの島々から
チェルノブイリから あふれ出している 福島からあふれ続けている
いのちと引き換えの答え 核は味方

それはいのちと引き換えの答え 核は・・・敵だ


この歌は、最初95年にフランスの核実験に衝撃を受けて作り、それから2000年くらいまで最後の6番の歌詞を変えながら歌っていた。2000年に発表したソウブラファーストCDに収録したバージョンでは、99年のJCOの臨界事故後だったので「東海村から あふれ出している」と歌われている。
まさか新バージョンでまた歌うことになるとは思っていなかったが、核=原子力がある限り、これからもどんどん歌って行こうと思っている。バンドバージョンでもぜひアレンジし直したい。

30日のスペースC、みなさんぜひぜひお運び下さい!

今宵のBGMは五十嵐正史&ソウルブラザーズの2000年発表の「しるべなきうた」。
BG酒はトリスハイボールでした。ではまた、ロケンロール!


スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

暑さを吹き飛ばす、精力的なライブ活動をされていますね。
こちら、まったりとしています。(笑)
ステッカーが団扇に変身しましたか。
この夏にふさわしいプレゼントやん!

小出さんのおっしゃることはほんとにごもっとも。
毎日発表される「ただちに影響はありません」という放射能レベルも
「でも、そのうち影響は出ます」と読み替えられます。
淀川の水域でも微量のセシウムが出ました。
となると、琵琶湖はどうなんだろって。

山崎、夜は今のところ大変涼しく凌ぎやすいので
節電も全く苦になりません。
明らかに去年の夏と違う時間を過ごしています。
この暑さが夏なんやと改めて自覚しているところです。

で、「核が味方」のディランの原曲が気になってるんやけど。(笑)

さくら #T/baKjHk | URL | 2011/07/28 18:53 * edit *

一人勝手に休養充電した奴(笑)がいますが、ソウブラ元気にやっております。
団扇GOODアイデアでしょ?今年はぼくの部屋は扇風機なしで、団扇パタパタ扇いでいて思い付きました。

山崎の夜風の匂いがふとよみがえります。ホンとに去年の夏と違いますね・・・。

「核が味方」の原曲は、ディランのサードアルバム“時代は変わる”に入っている「神が味方」です。一字しか違っていない(笑)。師匠も「2,000円札」で使ったあのメロディーです。

「祝の島」来週送りますね。

五十嵐正史 #- | URL | 2011/07/28 22:47 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/143-2f380684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10