周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ805 

2017/06/26
Mon. 23:24

年に一度、ぼくが胆石の経過観察のために受けているエコー検査の機械より相当精密そうなエコー検査器画面に息子の心臓が映り、血液の流れまで赤と青(動脈と静脈?)の色付きで映る。
診察台に寝かされ、先端にゼリーを塗られた器具を胸に当てられながら息子は自分の心臓の画像を不思議そうに眺めている。

「これがあなです」と説明された部分から、左心房の血液が心拍と共にドバドバと噴出するように右心房に流れ込んでいるのが良く分かる。本来両心房間には壁が在り血液が流入することはないのだが、息子の心房間には担当医曰くかなり大きめのあなが開いていて常に左心房の血液が右心房に流れ込んでいる。その流入を受けながらもなお心臓は息子の身体を8年の間生かし続け(左心房からの血液を受け止め続けて来た右心房は肥大し、息子の胸は外見からも一部盛り上がっているのが分かる)、今も少し早鐘のようなビートを刻み続けているのだ。この心臓で毎日学校へ行き、運動会にも出てぼくとキャッチボールをしているのかと思うと思わず我が息子に尊敬の念が湧く。ぼくは「お前すごいな」と言う代わりに検査後立ち上がった息子の頭をいっぱい撫でてあげた。

今日は仕事を午前中で早退し、世田谷区大蔵にある国立成育医療研究センターで息子は手術1か月前の検査を受け、入院説明を母ちゃんと息子と3人で聞いた。昨年夏の終わりに息子の心房中隔欠損が分かってから、出来れば手術をしないで済めばと願いつつあれこれ相談しながら医療機関を探して辿り着いた成育医療研究センター。当初初診の別の病院では「カテーテルでは無理」と言われすぐにでも開胸手術をと言われたのを断り、成育医療研究センターで再度診てもらったらここでは技術的に確立されているからか「カテーテル手術が出来る」という見込みが提示され、今日あらためて最終チェックとして血液、レントゲン、心臓エコーを診てもらったのだった。
もちろん、カテーテルにもリスクがある。足の付け根から極細のワイヤーを心臓のあなまで通し、通した先で先端部をかさ状に開きあなをふさぎワイヤーだけを抜くという手術だが、金属のかさを受け止める心臓のあなの周囲の肉がもろいとかさは抜けてしまうし、上手くあなをふさいでも金属アレルギーを起こしてしまう場合も260万人中1人くらいの割合で起こると言う。
開胸でのリスクと天秤にかけて考えた末に、まずはカテーテルで行く事を決めたが(当日実際入れてみてもし無理が分かればカテーテルは止める)、親はただいのちに祈るしかない。

それにしても、これまで多くの病院を観て来たが(仕事柄精神科病院を一番多く観て来たけれど)、これほど待たされることなくスムーズに受診出来た病院は初めて(たくさんの検査と診察に入院説明もあったので長時間を覚悟したが、病院への行き帰りを入れなければ90分ほどで終わった)。小児専門のためか病院と言うより保育所のような雰囲気に満ちており、天井には青空が描かれいたるところに絵本等を読むスペースや遊び場がある。何と院内に大きなおもちゃの売店もある。不謹慎なことを言えば実に楽しそうな病院なのだ。そしてそれは、おそらくここに長期入院し半ばここで生活している子どもたちが居ること、そしてここで死を迎える子どもも居ることを意味しているのだろう。実際待合のスペースで病とたたかい生きるたくさんの子どもたちと会った。カラフルな長椅子に寝転がって勉強している子や、車椅子に乗ってゲーム機に夢中になっている子、懐かしいあらいぐまラスカルがやっている大型テレビ画面に観入っている子ども等々。子どもの活気と親たちの子どもへの思いが伝わってくる空間にぼくは居心地の良さを感じた。この病院に替えて良かったと思えた(唯一難点は家は都民ではないので、お金の払い戻し精算が面倒な事)。
息子の手術と入院はちょうど1か月後、梅雨明けして夏の盛りを迎えた頃、彼の8歳の誕生日の後だ。

帰りにがんばったご褒美にガリガリ君ソーダ味を買ってやり、大喜びで一心にアイスにかじりつく姿はどこまでも素直に子どもしていてやっぱり可愛い。どうか無事手術が成功するように…。
修学旅行から無事帰って来た長女共々今日は疲れたらしく、ぼくの仮眠と一緒に2人も爆睡してしまった。我が家のみんな、今日はそれぞれお疲れ様。

今宵のBGMは、とっても聴きたくなってニール・ヤングの78年発表の名盤「カムズ・ア・タイム」をLPレコードで。
BGドリンクはアロマオイルを垂らした水でした。ではまた、ロケンロール!

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1218-f9a00493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11