周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ804 

2017/06/25
Sun. 23:05

自分のライブはなかった週末であったが、いろいろ盛りだくさんで過ごし、そしてヘルスよしので日曜日を締める。

我が家がいつもの週末と違うのは、長女が24日早朝から明日26日まで2泊3日で奈良~京都へ修学旅行に行き4人で過ごしているということ。4人で寝るいつもより広く感じる4畳半の寝室は、ぎゅうぎゅう詰めで寝るのに慣れてしまったせいか何だか物足りない。ふだんは強気だけれどその実寂しがり屋な次女は姉ロスを隠し切れず、「父ちゃんは居なくてもあんまり寂しくないけど、お姉ちゃん居ないのは寂しい」と言い、お姉ちゃんをぬいぐるみに見立てて隣に寝かせている。

長女は受験勉強(塾にはとても行かせられないので自主勉強です)と部活による疲労のせいか、修学旅行前に感染症を患い前日までじんましんが治らず行くか止めるか迷っていた。しかし、休んでも修学旅行の積立金が戻ってこないことを知り、それとやはり生まれて初めて訪ねる古都への興味から行く決意を固め、ぼくは23日夜の豊田勇造師匠のマンダラ2でのデビュー45周年記念ライブ終了後早々に帰宅し、翌早朝駅まで車で送ることを約束した。
早朝5時40分に親友のMちゃんと団地を出発した時には、長女は修学旅行へのワクワク感に満たされているようだった。ふだんじっくり見た事の無かった長女の制服姿、荷物の詰まったリュックを背負って駅へ向かう後ろ姿を寝ぼけ眼で見送っていると、よくもまぁここまで大きくなったもんだと朝っぱらから親父は目頭が熱くなる。

団地へ戻って二度寝した後は息子と野球をし、夕方からは連日の豊田勇造師匠ライブを観にさいたま市のカフェ土瑠茶さんへ。
このライブはソウブラも長い付き合いであるさいたまの江上さんのプロデュースであり、ピースライブと題して今回で15回目!となる。オープニングはやはり20年以上のぼくらの歌友でもある飯浜ゆきこが務めるので観逃したくない。身体は重たいが昼寝を短時間で終わらせ、心だけは軽く高校時代3年大宮に通ったぼくにとってどこか懐かしいさいたまの空気を吸いに出かけた。
デビュー45周年の勇造師匠は、春のツアーで披露した新曲がすっかりこなれて来て説得力を増し相変わらずキレキレであった。凄すぎるぞ師匠!特に今回は「プロテストソング特集」と銘打ってのライブ。そのネーミングから何となくいわゆるメッセージソングばかりを想像してしまうが、師匠の歌はいわゆるスローガンじみたフレーズ連呼の歌はないし青筋立てて拳を突き上げるタイプの歌でもない。師匠の歌は聴く者に唄われる光景を描かせ感情を揺さぶる。聴く者一人一人が描く光景はそれぞれのものだが、人間として許されないことへの共通の思い(怒り)がある。それは狭量とは正反対の豊田勇造唯一無比のプロテストソングだ。

昨夜は打ち上げまでしっかり参加して、深夜団地でたぬきと遭遇しながら帰宅しそれから沖縄の桑江さんがFB上で知らせてくれた、29年前に大学の自主上映会で観たドキュメンタリー映画「ゆんたんざ沖縄」の続きをユーチューヴでの無料配信で観た。
29年前、19歳のぼくは当時大学のⅡ部の講義後(おそらく21:30以降)開かれていた沖縄勉強会「きじむなーの会」(桑江さんはその中心メンバーだった)にどういういきさつでか忘れたが(たぶん桑江さんのいとこでもある親友Aから教えてもらったのだろう)何度か顔を出し、「ゆんたんざ沖縄」の上映会にも参加した。
高校生の時バイブルのように読んでいた灰谷健次郎氏の著作を通して沖縄を知り、高校3年の時の沖縄国体で知花昌一氏が日の丸を引きずり降ろし焼き捨てたのを当時ニュースステーションで観て、久米宏氏が「沖縄には沖縄のこうせざるを得ない事情がある」というコメントと共に衝撃を受け、やはり16歳の時にある教師から受けた教えから、日の丸君が代に対して「人間性を歪め貶める装置」と思っていたぼく(それは今も変わらない)の中に「オキナワ」はどっかりと腰を下ろしていた。
そんなぼくが19歳で「ゆんたんざ(ゆんたんざは読谷山の意)沖縄」というドキュメンタリー映画を通して初めて生の沖縄と出逢った。今回29年ぶりに記憶を呼び起こしながらあらためて観て、この映画が自分が沖縄を考える上での原点であったことを思い知った。ここから始まったのだ。読谷村のチビチリガマでの集団自決の真実、彫刻家金城実さんと読谷村の村民たちでチビチリガマに造った「平和の像」、29年間鮮明に残っていた、読谷高校の卒業式で同世代の女生徒が初めて日の丸を壇上に置こうとした学校側に抵抗して日の丸を奪いドブに晒してから校外に投げ捨てたシーン。

29年ぶりに観てまったく過去のこととは思えないという実感と、デジタルでないあの映像の当時にぼくの19歳~20代前半もあったという感慨が同時に迫りながら、ぼくはぼくの原点があったことにやはり感謝したくなった。この映画を観た1年後にぼくは沖縄へ3週間一人旅をし親友Aと上映会を主催していた桑江さんに沖縄本島のあらゆる場所、戦跡を案内してもらい一人で伊江島へも行った。その後何度か再訪ししばらく右翼に壊されたままであった時の平和の像も観た。知花さんが経営していたスーパーにも連れて行ってもらった。もちろん酒も呑み音楽もたっぷり楽しんだ。現在に連なる原点である。ぼくの原点である。
未見の方、ユーチューヴで観られますのでぜひぜひご覧ください、「ゆんたんざ沖縄」を。

今宵のBGMはピーター・バラカン氏の「バラカンビート」録音音源。リスナーからのメッセージで沖縄慰霊の日についてもピーターさん言及していました。
BGドリンクはレモンアロマオイルを垂らした水でした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1217-fa729166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09