周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲「ひとりのたたかい」 

2017/06/14
Wed. 22:43

ひとりのたたかい
詞 曲 五十嵐正史

そして言わ猿で いることをやめた
一度は消し去った あの日に立ち戻り
それは闇で聞いた言葉 闇で見た言葉
それは親密さを装う 人でなしへの誘(いざな)い

正義の下に 政治の下に
あったものをなかった ことには出来ない

思っていた通り いやそれ以上
憎悪はむき出され 言わ猿たちは身を隠す
そんな時こそ 一人の心に灯る
それは一人の心に灯る 闇を照らす松明

平和の下に 反差別の下に
あったものをなかった ことには出来ない
自由の下に 共に生きるために
あったものをなかった ことには出来ない

あったものをなかった ことには出来ない


夜な夜なエレキギターをアンプに通さず弾きながら初めてエレキで書いた(と言えるかな?)曲。と言ってもメロディーはサン・ヴォルトの“アゲインスト・ザ・ウォール”からの借用。
世代関係なく、立場、職業関係なく、それぞれの生きる場で続く闘いへのエールのつもりで書いたのだけれど、特に同世代の生活保守主義者に感じる“言わ猿”への腹立ちが根底にある。また自問を省いて数を頼み、やはり不都合な事実には頬っ被りする衆への違和感もある。けれど、だれもが等しくひとりのたたかいを生きていることへの勝手な、直接共闘、共謀しなくても連帯感がこの歌の一番の基調となっている(と思う)。サビの最後の言葉は前川前事務次官の発言からの引用。曲調はロックです。エレキで思いきり弾きたい!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1213-4532ba95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09