周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ800 

2017/06/10
Sat. 23:08

1週間の仕事を何とか終え、週末昨日の夜はかけこみ亭で知念良吉師匠のライブに参加。

この夜は三線の山村君、エレキギターの森田君と共にぼくもCとDのキーのブルースハープ(ハーモニカ)を持って行き、知念良吉バンドとしてバックを付けた(仕事を終えて後からうめちゃん、ちきんベース君も参加)。今年は知念さんと何度もご一緒出来てめちゃめちゃうれしい。ぼくは個人的に今とても知念良吉の言葉、声、揺るぎない刻むビートがこの時代を生きるために必要だと強く感じている。あらゆる時代を生き抜き決して時代と寝なかった、政治や運動にも絡め取られなかった否応も無く個として在り続けるその言葉、声、リズムは昨夜もとにかく深かった。最初は手探りでハーモニカを吹きコーラスを付けていたが、だんだんぼく自身が知念さんの歌の一部となった感覚に包まれ、知念さんをなぞらないぼく自身のフレーズを吹きぼくの声を合わせることが出来たと思う。

PM8時半からというまるで沖縄のライブのようなゆっくりタイムでライブが始まる前に、25年前の沖縄で放映された知念さんを追ったドキュメンタリー番組のDVDをかけこみ亭で観せてくれたのだが、これが実に貴重かつ知念さんファンでなくても必見の秀逸なドキュメンタリーであった(残念ながらユーチューヴにも上がっていないとのこと)。
その頃、まだ知念さんと出会う少し前のぼくらはすでにソウブラとして活動していたが(東京に出てきた頃か)、その時には気付かなかったけれど確かに在った90年代前半の時代の特徴が映像にくっきりと映され、それと同時に今も全く変わっていない現状(米軍基地にまつわる沖縄の状況と変わらぬ支配と犠牲の仕組み)も観る者に突き付ける。

そんな90年代前半40歳という、今のぼくよりもだいぶ若いけれど今と変わらぬ肝の据わりと、それとどこか不釣り合いな感じもする精悍さと秘めた獰猛さを画面の若い知念さんからビンビン感じて、それを今年65歳になる本人を前にして観るとなおさら感慨深い。
ライブで何度かご一緒したこともあるシーサーズさんが知念さんと共演するシーンも有り、ナレーションがこの当時沖縄音楽がヤマトでブームとなりCDもずいぶん売れたことを伝える。そうだ、この頃自分たちの音楽の在り方を模索していたソウブラも沖縄音楽には多大な影響を受け、思い出すと冷や汗が出て来るが沖縄の歌を勝手にアレンジして唄ってもいたのだった。軽薄を承知で言うが沖縄に憧れていた。沖縄の在り方を参考にし模倣することで、ヤマトで少数派として生きる手段、場所を得ようとしていたところもあったはずだ。そんなあの時代の感覚が思い出されて来る。果たしてそんなヤマトの感覚はこの25年で変わったのか?自分自身はどう変わったのか?

ぼくの中で出会った頃と歌のスタイル、節回し、リズムは全くぶれずに変わっていない(からこそ深みと重みを増してきた)と思い込んでいた知念さんの現在の歌は、25年前の映像の時と驚くほどに変化していたことを知りびっくりした。今のぼくより若いのだからリズムが今より速めなのはそうだとしても、今も唄い続けられている歌のほとんどが今とかなり違う節回しと歌詞であったのだ。そのことがぼくにはなにより新鮮な衝撃であり、この夜今の知念さんの横で今の知念さんのライブを体感している内に気付いていったことがある。
それは、一つ事を続けて行くということはイコール変わり続けることなのだということだ。ずっと続けて行くからこそ実は変化し続けるのだ。続ける必然として変化がある。ぼくは石部金吉のごとく頑固に在り方を変えず、決して止めることなく(休むことはあっても)何一つ変わらないことをどこかで自分に課していたのだが、変わらないなんてことはないのだ。そんな当たり前のことに今さら気付くなんて。だから自分から無理して変化を求める必要もない。続けていれば自ずと変わって行く。生きるために変わって行く。それで良い。

そんな風に、またまた知念良吉師匠のライブは深かった。どこまでも茫洋と広がる海のようだった。どこか懐かしく気持ちを揺り動かし、いつの時代でもその時代を撃ちながら世界を変えるために小さく生きる力を与えてくれるライブだった。

今宵のBGMは、輸入通販でついに新譜を手に入れたサン・ヴォルトの「ノーツ・オブ・ブルー」。10曲入り30分ちょっとの作品だけれどちょっとこれはスゴイぞ。前作のもろカントリー(それはそれで良かった)から一変、アコギと重たいエレキサウンドが共存する重厚感マンチクリンなヘヴィーロック。それがまた渋いジェイの声でピッタリ合う。しばらく聴きまくること必至の今年最高の名盤だ。

BG酒はブラックニッカハイボール、明日は9月10日にソウブラでライブをさせてもらう所沢市の多良間ガレージさんに、WCカラスさんのライブを観に行きます。今度の17日のスペースCライブに向けてもボチボチ準備を始めてます。みなさんぜひご来場ください!ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1211-492b8248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06