周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

きょうされん東京大会2017ライブ終了! 

2017/05/03
Wed. 22:40

今年も去年と同じように、代々木オリンピック記念青少年総合センターで見上げる空はどこまでも青く快晴で、日差しはこの年一番の眩しさで地上を照らしライブを終えて会場を後にするぼくらを感嘆させた。

自分の内にあるものを出し尽くした虚脱感と、反比例するように満たされる肯定感。時々味わうかつて大好きなパンクロッカー故ジョー・ストラマーが言った「自分の居るべき場所でやるべきライブをやった」という言葉そのままの達成感に、メンバー全員が包まれたきょうされん東京大会ライブが今年も終わった。

昨年から半ばサービス、半ば次に自分の歌を聴いてもらうための“掴み”として唄っていたカバー曲(たいていがソウブラ風にアレンジした「上を向いて歩こう」)を唄う必要がなくなり、今年も最初からセットリストに入れず全曲オリジナルで臨む。と言うのも、もう定番の何曲か(「新しい日々」「結風」「廃炉!」等)は歌詞をみんな覚えてくれていて、イントロが始まればみんなノリノリで応えてくれるからだ。後はみんなのノリと全身で楽しもうとする気持ちをこっちがちゃんと受け止めて、実際出来はしないが倍返しするつもりで魂込めて演奏し唄うだけだ。

しかし、昨日ライブをしていてふと感じたのは、ライブをするぼくら以上に、きょうされん東京大会に参加しているたくさんの障害当事者(多くが知的障害の人たち)と、彼らに寄り添い一緒に楽しんでいるスタッフたちの方がぼくら(ソウブラ)を無条件に受け止め受け容れてくれているのではないかということだ。
この日どうしても唄いたかった「命でしかないビート」を、相模原事件のことを話してから演奏を始めると、車椅子の男性が上半身をゆすって強くリズムを取りながら両手を叩いてビートを刻んでいるのが見えて胸が熱くなった。ぼくは「みんなの命でしかないビートを鳴らそう!」と叫び、途中からは湧き上がるままの咆哮を上げながら会場を満たしているビートに身を任せたのだった。
「最後の曲」と紹介して“結風”を唄い出そうとすればその時点で「アンコール」が起こり(笑)、異例の本編最後の曲を唄う前にアンコールをやる宣言をして、そのもらったアンコールの声にはしっかりと「廃炉!」のうれしいリクエストが付いていた。理屈抜きに音楽をシンプルに感じたまま楽しんでもらうのはもちろんうれしいが、やはり歌詞を書き意味ある歌として言霊を乗せた言葉を届けたいぼくは、どんな風であっても「歌」が伝わっているのを感じるのが何よりもうれしい。中でも100%メッセージだけで出来ていてここのステージで7年歌い続けている「廃炉!」をリクエストしてもらうのは、メッセージシンガー冥利に尽きるというものだ。

ボーカルは会場備え付けのワイヤレスマイク、マイクやアンプ類は持ち込んだり東京大会参加施設が持ち寄ってくれたものを借りてのモニターもないシンプルな音響設備で、数百人入る会場で大盛り上がりの中ライブするからこちらは互いの音を何とか聴き取りながらの演奏となるが、このような環境でライブさせたらソウブラの右に出るバンドはそうはいないのじゃないかという自負はある。それで十分自分たちを燃焼させ自分たちの音楽を表現出来る。なんもかもお膳立てされて「さぁ、どうぞ!」としてもらう場所でしかやったことのないバンドとは鍛え方が違います。

ライブ後、こちらは名前を知らない人(毎年ここで会える人も多し)から「五十嵐さ~ん!」と声をかけられ、握手したりハイタッチしたりして再会を約す。続くこと、続けることの大切さありがたさかたじけなさが身に沁みる。今年もありがとうでした!きょうされん東京大会。

きょうされん東京大会2017ソウブラセットリスト
①この素晴らしくない世界で
②新しい日々
③君と同じ
④命でしかないビート
⑤結風
~アンコール~
⑥廃炉!

今日(5月3日)は、多摩区憲法まつり&ピースパレードでパレード直前ソロで1曲入魂「ファシスト野郎」を唄いました。
会場である登戸三角公園の子ども広場で、息子と割り箸ゴム鉄砲を作って遊んだりご近所さんのF君が見事なコマ回しを披露、息子に伝授してくれる等なかなか充実の一日。けれど、先週来から続いた呑みで小遣いが早くも残り半分になってしまい、GWの資金稼ぎに夕方町田へCDを売りに行き、4000円強GET。1回以上の呑み代は取り戻せた勘定。5月はまだ始まったばかりだぞ~(涙)。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1192-2defb14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05