周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ786 

2017/05/01
Mon. 22:52

明日ぼくが職場に行かないことを知ってか、今日は相談(電話&面接)がひっきりなしであった。

おかげで、明日の代々木公園オリンピック記念青少年総合センターでのきょうされん(旧共同作業所全国連絡会)とうきょう大会ライブに心おきなく向かえる。
病欠含めて年5日ていど取る有給休暇のほとんどがライブ絡みで、まぁ明日は同業者のイベントで唄うわけだから仕事扱いでも良い気もするけれど、ライブ後は新宿に流れて昼呑みすることを考えれば休暇にしてしまった方が存分にはじけられるというもの。

きょうされん東京大会に呼ばれて唄うようになって早7年目。最初は忘れもしない震災直後の2011年5月、当時書いたばかりの新曲「廃炉!」を唄って初めて会場と一体となって「廃炉!」と声を合わせて以来、ありがたいことに毎年声をかけてもらっている。その間には、震災後の陸前高田市でJDFいわて支援センターを立ち上げ奔走していた旧友Oとの20年ぶりの再会もあった。ソウブラにとってこれもまた年に一度の楽しみなうれしいライブなのだ。

なにせ、この季節の昼下がりの代々木公園の新緑が素晴らしい。夏を予感させる風がとにかく気持ち良い。
障害者自立支援法以降どんどん疲弊し続けている障害者福祉業界にあって、もはや費用対効果に見合わないイベントなどやる必要を言われなければ、やる余裕も気持ちのゆとりも失くしている中(その代わり行政や地域の政治&力関係のイベントは実に律儀にやり続ける)、特に利用者である障害当事者が心も身体も自由に解放出来る時間と空間を創り続けることの意義をぼくは感じている。ぼくの無頼ゆえの信条により、この業界で働き出した時から世話になり関係のあるきょうされんにいまだに加盟せず(その他どこにも所属加盟していません)、フリーの立場から参加しているが、この東京大会のライブの一時はいつもぼくにきょうされんの原点であり、ぼくがこの業界で飯を喰って行こうと心に決めた“無認可法外施設魂”に会場が満ち溢れているのを感じて心強く思うのだ。国の法の言いなりではないオルタナティヴの、俺たちで築いて来たこの国の草の根の社会福祉を少し懐かしいような気持ちで実感しながら、ぼくはやはり今ここから明日へと唄うのだ。たとえ現実世界でそれらが駆逐されるように見えようと、自ら立ち上がりやって来た心根は受け継がれ根絶やされることはないはずだ。もしそれが本物だったら。

ここ最近は、同じ区内の元同じ小規模作業所であった同業他者たちの中で、自立支援法内事業に喜び勇んで鞍替えして行った一部事業所による利用者への通所強要の実態を知って驚き、それを自分なりに批判しようと考えている。もちろん、ぼくのやり方はこうして単独で書き単独で発言すること。それを通して迂遠でも一人びとりの心根に届かせること。それ以外にない。

明日はソウブラのロックを、思いきり代々木オリンピック記念青少年総合センター国際交流棟で大解放します!

今宵のBGMは、ニール・ヤング&クレイジー・ホースの91年発表のライブ盤ウェルド~ライブ・イン・ザ・フリー・ワールド~轟音ロックライブ盤の至宝と呼ぶべき名作。そうです、明日に向けてアゲアゲで行こうという魂胆です。それだけ毎年きょうされん東京大会参加者のみなさんのパワーが凄いのです。負けてらんないと言うより絶対置いて行かれたくない気持ちになるんです。そんなライブ他にありません。

BG酒はブラックニッカハイボールでした。では、明日は代々木でロケンロール!

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1191-6d3f2c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11