周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ784 

2017/04/22
Sat. 23:33

今年も昨年の春同様、20日(木)の荻窪は築80年!のMさん宅と21日(金)は駒込に在る琉球国その名も東京琉球館での豊田勇造師匠ライブに仕事帰り行く事が出来た。

昨夜遅くに帰った時にはさすがにクタクタで、家族の寝顔を見たら安心して倒れ込むように眠り、今朝もゆっくり起きたのに昼食後は昼ビール(第3種ですけど)を呑んで、大好きなラジオ「久米宏のラジオなんですけど」を聴きながら昼寝してしまう。
息子からはキャッチボールを約束させられていたのだが、ぼくが昼寝から起きた時には生憎の雨模様となり、ゴキゲン斜めの息子をなだめるように、母ちゃんが近所の安い衣料品店の2割引きハガキが来ているので息子の肌着等を買いに行こうと声をかけみんなして車で買い物に行く。だいたい季節ごとにある大幅割引の時をねらって我が家は肌着や靴等を買う。服はほぼ古着かもらい物で済ます。そう言えばもうずいぶん履いてゴムが伸び伸びになりズボン履かないと落ちて来るので、ぼくのボクサーパンツもついでに買ってもらう。2枚で300円ほどの極安パンツにするか、その倍ほどの値段(もちろん2枚で)のパンツにするか脇汗かくほど悩み、当然どちらも中国製で(それより高いパンツはいくらでも売っているのだが、2枚で1000円以上するパンツをぼくは履いた事がない。モテる男はやはり高いパンツ履いているのだろうか?)、でも300円のパンツは綿が1%も入っていないから履き心地を考え、そこから2割引きされることも後押しして高い方のパンツにした。決心して母ちゃんの持つ買い物かごにパンツを入れようと母ちゃんと子どもたちの所に行くと、どうやら彼らも父と同じように逡巡しているのだった。

考えてみれば給料日直前の一番家計の厳しい月末である。息子が無邪気な風で母ちゃんに「家今お金無いの?」と聞けば、母ちゃんは「もうすぐ来週父ちゃんの給料が出るまではね」と応え、息子が「父ちゃんの給料出たら大丈夫なんだ」と返せば「うん、だけど大事に使わないと、まぁ大事に使ってもすぐに無くなるのよ」と軽やかに言う。ぼくは何か言おうかと思ったが止めた。これはこれでとてもほっこりする会話の完成だったから。

いつものように晩酌と夕飯の後で息子とライダーごっこして、そのままぼくが今一日で最も幸福を感じる一時である小一時間の仮眠。とにかく今日は良く寝る。寝ても寝てもまだ寝られる。
仮眠から覚めて明日のイーサン食堂ライブで歌う曲を決めるために、昨年のライブで何を歌ったかこのブログで確認する。思わず自分で書いた本文も読んでしまい、昨年の今頃は職場の家賃契約更新で頭に来ていたことを思い出す。しかし本当に一難去ってまた一難の繰り返しであるなと思い苦笑する。そんな中だからこそ勇造さんのライブに癒され救われた昨年の自分もまた思い出し、今年の春もまたそうであることを実感。ライブのことは明日のイーサン食堂が終わってからちゃんと書くつもりでいるが、今回あらためて勇造さんのライブはその場と共鳴しその場だからこそ生まれるライブなのだと再確認。それこそが、ぼくがうた唄いとして一番勇造さんから学び、他の誰よりも勇造さんがスゴイところなのだと思い知った2日間であった。自分が唄う場としっかり出会ってそのことにより自分のパフォーマンスを柔軟に変化させ、それでいて揺るがぬ歌世界をちゃんと観る者たちに見せる。これはなまなかなことでは出来ません。プロだからってこれが出来る人はそうは居ないのじゃないかしら。自分の歌をパフォーマンスを守ってもらおう、保障してもらわないとやれませんなんていう輩には出来るはずもない。そんなのどこ行ってやっても同じ(それはそれである意味すごいけれどアタシは魅力を感じません)。

やっぱり豊田勇造は、真の意味でのパンクロッカーでもあるのだ。だからアタシのパンクスピリットは、勇造さんとの出会いでさらに強くなったのだ。ソウブラもまたパンクバンドですよ、やっぱり。
明日の選曲も我ながら良い感じです。もちろん、最近作った曲も歌います。偶然にも(いや必然)師匠がこの関東ツアーで披露している新曲と共鳴する歌もあってまたうれし。明日のイーサン食堂師弟ライブ、絶対損はさせませんよ!

今宵のBGMは、タイのスーパーバンドカラワンのカセット「カラワンライブ」。
1984年、まだ30代のカラワンだけれど渋いアコースティックライブでゆるくて揺るがないグルーヴがたまりません。3年前の奇跡の来日ライブを思い出す。

BG酒はブラックニッカハイボールでした。では、明日は南林間イーサン食堂でロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1187-6537fa7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06