周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ779 

2017/04/05
Wed. 23:19

昨夜は、ぼくの働く小さな施設を運営するNPO法人の理事会であった。

この春で仲間と始めたこの法人も12年目を迎える。前にも書いたかもしれないが(このブログにはそういう重複話は多いと思う)、東京都からNPOの認証が下りたその日の夜遅く、日付が翌日に変わってすぐに次女が長女と同じ助産院で産まれたから、法人設立の日はまず忘れることがないだろう。

次女が産まれた夜、ぼくはちょうどスペースCの運営委員会の会議中で、そこに母ちゃんから陣痛が始まったという電話が入り慌てて大森から1時間半かけて我が家に駆け帰った。
当時住んでいた古い平屋2間だけの借家の玄関を開けると、4畳半の部屋の灯りの下、準備を済ませて唸っている母ちゃんと、心配そうに母ちゃんを見つめそばにちょこんと座っている3歳の長女が居た。時間は9時を回った頃、ぼくはこの時たった3人のチームを実感した。こちらの生き方の都合上、頼るべき親戚縁者は居らぬがそれがどうした。ぼくは自分たちこそが誰よりも強く結ばれた家族(チーム)だとその時思った。

当時乗っていたいただきものの中古のワゴンRを飛ばして5分ほどで着く助産院へ向かう途中、車窓の右側に見える夜の森の上にキレイな満月があった。「満月の子だ!」ぼくはそう声を弾ませながら助産院へ急いだ。

小さな次女はそんな夜に、「私が居るから大丈夫」といつも母ちゃんに言ってくれた、まさに母代わりであった助産院の院長先生の手により助産院のお風呂の中で水中出産で生まれた。長女と同じく「いらっしゃい」と生まれたての赤ちゃんに声をかけてぼくがへその緒を切った。長女と比べてとてもおとなしい小さなかわいいこの世にやって来たばかりの女の子と、長女と母ちゃんと4人になったチームで助産院の部屋で一緒に一晩過ごした翌朝、いつもの出勤時間にぼくは助産院から職場に向かった(院長先生から「こんな日くらい休めないの?」と言われたっけ)。確か風呂は助産院で借りて長女と入ったはずだ。

当時ぼくの働く小規模作業所には、長く続くことになる障害者自立支援法の嵐が吹き荒れ始めていて、早くから法を拒否する姿勢を打ち出していたぼくらは大田区の中で孤立し出していた(元々孤立してはいたが)。施設を訪問した当時の障害福祉課長に「こんなことをしていちゃ自立支援法ではだめだ」と言われたのはこの頃だったか?もうちょっと後の話だったか?

前夜から続いた軽い興奮状態で職場に着くと、理事長からFAXで自宅に届いたという東京都からの前日付の法人認証書が送られて来ていて、すぐさまもう一つの施設の所長である同志S嬢に電話を入れたことがまるで昨日のことのようであるが、その前夜満月の晩に生まれた次女はなんと今日から小学6年生になった。かつて長女が教わったとってもステキな女性教師が担任になったことをうれしそうに次女から報告され、父も負けないくらい喜び「絶対個人面談父ちゃん行くからな~!」と金麦をグビリと呑みながら大宣言したのであった。

ぼくと仲間の働く施設が、その後も悪法と寝ることなく今も何とか生き残っていることはこれまでもここに書いてきた通り。
そして5人となった我がチームは、今年もそれぞれの春を迎えた。さしずめこのチームで、社会という相手に対して自分たちらしく生きるという競技を挑んでいるといったところか?

今宵のBGMは、ジョニー・キャッシュの超名盤「アット・フォルサム・プリズン」の完全版。ジョニーの意気込みと緊張感、囚人たちの熱狂、とにかくただならぬ空気感に満ちたライブ盤。彼ら(囚人)の側から世界を見つめ歌おうとするどこまでも正直なジョニー・キャッシュ、良いなぁ。

BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1179-e9c7875f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10