周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ774 

2017/03/23
Thu. 23:18

今年も何とも落ち着かない春だ。

仕事の実務はもう慣れたものであるし、そもそも辞めない限り異動のない職場であるから代わり映えもしないのだが、精神障害を抱えた人たちはこの季節が苦手な人が多く心の調子を崩しやすい(不穏な感じになる人多し)。突然何かを辞めたり辞めようとしたり、何かを始めたり始めようとしたりと、それにつられてこちらも右往左往してまぁ忙しい。その多くがどうにも現実的算段を度外視しているので見ていて聞いていて当然ストレス溜まる(いつもか)。

そんなこの時期のぼくは、たいてい1992年の春、知多半島で暮らした最後の1年を思い出しては逃避するのが常であったのだが(人間関係の煩わしさは今と比べてなんとも可愛いモノで、その代わり何者でもない工場フリーター、敷地に菜の花が咲くボロアパートで歌を書き、名古屋の路上で自由に唄いすぐに挫折することになる共産党員をしていた)、今春はなぜかその翌年、1993年今の職場で働き出した春を思い出している。しかし、およそその思い出ぽろぽろで逃避など出来やしない。辛くなるばかりである。

今の職場から、一刻も早く働きに来てほしいと乞われたぼくは、早々に知多半島のボロアパートを畳んで3月半ばから右も左も分からない東京で働き出した。ぼくが乞われた理由は、当時の初代所長がうつを発症し職場に出て来れなくなったからであり、他には同い年だけれどぼくより1年早くここで働き出した女性と、助っ人の非常勤の大学生だけであった。そんな無認可共同作業所に突然飛び込んだぼくは、知的障害者の作業所で2年非常勤した経験はあったものの、精神障害については何も知らないも同然であった。もちろん大学の授業はほとんど出なかったのだから勉強などしてません。大学の通りで夜な夜な歌っていただけ。

ここまで思い出しただけでゾッとする。良くやったとか当時(23歳)の自分を労う気も起こりやしない。無謀である。バカである。世の中なめている(そういう意味では利用者氏たちのことを言えた義理ではない)。挙句の果てに1年先輩の同い年の女性はすぐ辞めるという話になり、ぼくは現場を仕切るようになって3年目には正式に所長になる。あぁ怖ろしいことよ。とんでもない話だ。とにもかくにもいろいろあってここまで来たが、はっきり言ってこれまで嫌なことばかりだ。おぞましい思い出ばかり。自分の仕事の稚拙さ失敗の連続に腹が立つし、そんな自分を誰も助けてくれなかったことに腹が立つ(自業自得かもしれん)。しかし良く生きて来たし、あんな無知な若造が多くの精神障害者である利用者氏たちとガチンコを繰り返して来て、良く犯罪を犯さずに来たものだ。不思議なことだが、許せない人間は何人も居たし(相手にしてもそうだろう)現在も居るが、植松のような思想はその萌芽も感じたことはない。自分が逃げ出したいとは何度も思ったし(実際母ちゃんに本気で夜逃げを相談したことがある)今も思うが、どうにもこの世界に共に在る現実を力づくで変えようとか一方を消し去るとかまで思ったことはない。強い暴力衝動を抑えがたくみんなが帰った後、職場のソファーを怒鳴りながらボコボコ殴ったり蹴ったりしたことも一度ではない。20代後半までは悔しさが高じるとブロック塀等を血が出るまで殴る癖があった。とにかく悔しくてならないことが多かった。

と、ここまで書いて思い至る。ぼくがたくさん歌を書くのは自分自身を鎮め治療するためでもあるのだ。明らかにぼくはぼく自身の為に歌を書いてきた。書かなければメロディーに乗せなければぼくはどうにもやりきれずやって行けなくなってしまうからだ。よく狂気を歌や作品にするという話も聞くが、ぼくはやはりその逆で狂わないために書いている。魂を鎮めるために書いている。共に在る現実を受け容れその世界を少しでも良くするために書いている。これだけ歌を書くペースが落ちないということは、逆に言えばいつも心の危機を感じているということなのかもしれない。余裕はいくつになっても持てそうにない。けれどいつだって「いつまでもやるものではない」とこの仕事のことを思っている。この仕事と心中は絶対しない。ただ無責任なことだけはしたくない(と思うから結局辞められない無間地獄)。

「こんなぼくが生きている」

仕事帰りの駅へ続く坂道を
疲れたぼくがとぼとぼ歩く
相変わらず悩み迷い続けるぼくが
今東京をとぼとぼ歩く

少し分かりかけた1日が過ぎて
分からないことだらけの明日がまた始まる

こんなぼくが生きている なんでなんだと生きている
こんなぼくが生きている だめだだめだと生きている

これは忘れもしない93年4月、知多半島からやって来て初めて書いた歌の1番の歌詞。今でも歌詞を覚えていてこうやってすぐ書けるしもちろん歌える。その年の7月にはこの歌のタイトルで東京初ライブをやったのだが、あんな過酷な惨憺たる職場の状況でよくもまぁライブをやったものだと思うし、今ならとうてい出来ない。やっぱり治療だったのだろう。ライブをしなければぼくは危なかったのだろう。

何だかぐちぐちと嫌なことを思い出し書いてしまった。書き捨て御免!
さぁ、明日の夜は月一度のご褒美のろ呑みですよ~。やっぱ20代の時より断然今の方が幸せ感じて生きてるわ。

今宵のBGMは、豊田勇造ファンクラブ会長から贈られしチャック・ベリーのベスト盤CD。
BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1173-458d9942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10