周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲「借り暮らし」 

2017/03/22
Wed. 22:24

借り暮らし
詞 曲 五十嵐正史

いつか誰かが書いていた この地球の上に
誰の持ち物の 土地も家もないと
今借り住まいの窓辺に 差し込む朝の光
遠くの森を光らせて ここまで届く光

そうさ誰もがこの 地球の上で借り暮らし
やがて消え行き森に 流れる時間へと還る
何をつなぎとめようとして 人は幻を追う
遠くの森を光らせて 光はここまで届くのに

分からぬことだらけのまま 借り暮らしのまま過ぎて
その分からぬことが いつしか希望にもなって
奪い合いの外で 支え合う隙間
遠くの森を光らせて それでも届く光よ

どこかで誰かが書いていた この地球の上に
誰の持ち物の 土地も家もないと
今夜借り住まいの窓辺を 照らす月明かり
遠くの森の空の月 すべての借り暮らしの夜に


3月10日に一度完成してUPしようと思ったけれど、もう少し歌詞が化けそうな気がしてしばらく置いたら案の定、先週末の両国のライブと宇宙さんぽさんの開店パーティーを経てやはり歌詞が少し変わり(最初のバージョンはもうちょっと俗っぽい、所有する事への批判、恨み節みたいなところがあった)、自分としては断然良くなった。そう、結局誰もがこの世で借り暮らしであり、その自然の隣にある借り暮らしを感じ、出来るだけ不自然を排しながら出会い繋がり自らの生を豊かにして行くことが出来るはずなのだ。

それにしても、団地から見える景色でいったいこれまで何曲作ったろう?森が歌詞に出て来る歌は、だいたい優しい曲調になるのだけれど、この曲もやはりどこかで聴いたことのあるような(笑)優しいフォークロック調の曲になりました。
早くて4月15日のスペースCで披露出来るかな?
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1172-dd7ce5a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06