周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

我が家から車だと約15分、電車だとJR稲田堤駅から一駅立川方面に行った矢野口駅を下車して徒歩約10分の所、多摩川沿いのホームセンター「くろがねや」の真裏の住宅街にステキなカフェがオープンした。

11:00~16:00までのカフェ&ランチタイムを担当する“宇宙さんぽ”のメグさんと、“U UM U(うむう)”のなおみさん、それに17:30~22:00までの夜のバー・ドリンク・おつまみタイム担当の“らくだBAR”らくださんの3人が共同で始めたそのカフェの、今日はオープニングパーティーであった。
以前から、近所に住むなおみさんの主宰するヨガ教室に参加してそこに手作りパンを持って行っていた家の母ちゃんが、このカフェにパンを出すことになって「景気づけに歌いに来ない?」とアタシに声がかかったのであった。

午前中の部活を終えた長女を待って、家族5人でカフェーに向かう。わりと近所に、しかも母ちゃんが関わることになった新たな手作りの場所が出来ると言うのは何ともうれしいもの。それにカフェのチラシにあるように、“私たちは、地球と心とからだを大切に思い、「本当に豊かなLIFEを循環すること」をテーマにしたカフェです”というコンセプトがとっても良いじゃありませんか!?

のどかな春の多摩川を横目に、その沿道を左に入ったすぐの所にカフェがある。もちろんどんな交通手段で来ても良いけれど、自転車で多摩川べりを走ってこのカフェに来るのが最高じゃないかと思う。玄関の外にはちょっとしたオープンスペースもあって、住宅街だけれどとっても開放的。これは気持ち良いぞと着いた早々に気分が上がる。
店内は入り口そばにテーブル席が両側にあって細長い店内奥は、なんと座敷になっていて絵本やおもちゃが置いてあり子連れのファミリーでものんびり楽しめる空間になっている。
我が家の一同は奥の座敷の一角に腰を下ろして、パーティーでバイキング形式となったお店の料理や持ち込みのデザート、お菓子類を子どもたちといただく。どれも美味しいのは言うまでもないが、生ビールもあれば大きめのデキャンタにフルーツがそのまま浮かんでいるワイン!もあって、これがまた美味くて親父はクイクイ呑んでしまう(早くも2日前の散々な目に逢った二日酔いのこと等は遠くに忘れ去っている)。

パーティーには入れ替わり立ち代わりたくさんの人が来店して、母ちゃんがパン作りの技術を教えてもらっている方や初めて見た楽器「真琴(まこと)」という、オートハープのような琴を弾き、鉄製の澄んだ音色を奏でる楽器を演奏するヒーリングミュージシャンの方等、実に豊かな人の交わりがすでにこの場で生まれていた。
そんな中でアタシは、もうこの歌しかないでしょうと「結風」を歌わせてもらい、グッドヴァイヴレーションのみなさんと一緒に“か~ぜに~ふ~か~れ~♪”と、住み慣れ親しんでいる多摩川を渡る風を思って気持ち良く歌わせてもらった。すると、宇宙さんぽのメグさんもシンガーとのことで、帰り際にもう1曲「スタンド・バイ・ミー」をぼくのギターで歌ってもらったのだが、これがまたメグさんの声が実にソウルフルで温かく、惚れ惚れしながらジョン・レノンバージョンの「スタンド・バイ・ミー」を楽しく弾かせてもらった。

このお店も生音の響きが実に気持ち良い空間。ぜひソウブラでライブしたいと思った(真空管アンプもあって、レコードも聴けマス!)。
でも、それよりなにより、あんまり自分からはグイグイ行かない母ちゃん(そこが彼女の良いところでもあります)が、自然な縁や人との繋がりを通じて彼女の持っている良いものを発揮出来る場所と、声をかけてくれる人と出会えたことがアタシとしてはうれしい。それに歌うことで花を添えられたらと今日は思っていた。母ちゃんは相変わらず「私なんかで良いのかしら」って感じだったけれど、そこはたくましい母となった今も本当に出会った頃と変わらないどこまでも謙虚な人なのであった。
これからこの小さな場所から、生きるためのたくさんのメッセージや音、地に足付けた情報がたくさん発信されるだろうと思うとワクワクして来る。それを美味しい食べ物(カレーがまた美味い!)と酒を味わいながら受け取れると思うと、何だかそれだけで豊かな気持ちになる。この世界にはまだまだ本当に豊かになれる、それを目指す隙間がある。

みなさん、ぜひぜひ稲城のステキなカフェ&BAR「宇宙さんぽ&U MU U(うむう)&らくだBAR」へお出かけください!
まずはとりあえず、ソウブラで飲み会したいなぁ。

宇宙さんぽ&U MU U&らくだBAR
稲城市押立1777-35 TEL(問合せ)090-8029-5491(永浜まで)
南武線矢野口駅北口徒歩10分 多摩川沿いホームセンター“くろがねや”さん真裏。

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1171-c90a4bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08