周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ766 

2017/02/24
Fri. 23:28

今日はお昼に、精神的不調を訴えている利用者氏に同行通院。

そこは初めて行くクリニックで駅のすぐそばにあり、とても清潔感のあるいわゆる精神科の雰囲気を微塵も感じさせない。
ぼくが勤め出した頃(25年近く前)は、大田区に大学病院等も含めて精神科は数か所しかなく、独特のどんよりした空気の漂う所ばかりであった。けれど、今はもはや区内で20か所くらいはあるのじゃないかと言うほどこぎれいな個人経営のクリニックが増えた。

しかし、こぎれいだから良い病院とは限らない。大田区ではないが、かつて某駅前にあるやはりこぎれいなクリニックに、かなり状態の悪くなった利用者氏を緊急通院させ同行した時に、そこの医師はぼくに向って「うちは基本的に不眠症やうつなどの軽い症状の人を中心に診ているので、重篤な統合失調症のことは正直分からないんです」と言った。ぼくが連れて行った利用者氏が興奮状態で、辺り構わず怒鳴って言いがかりをつけていたにしても、「お前主治医だろう!?」と思いつつ「何とか入院させてあげたいので一緒に説得してください」とお願いした。そこのクリニックは、確かに不眠などに悩む勤め帰りのサラリーマンでにぎわっているようであった。

同行通院する時に大切なのは、その病院ごとに違うそこの流儀に合わせつつ自分の役目(多くが本人が上手く伝えられない苦しい症状について補足説明する)を果たす事。ただの付き添いならば猿でも出来る(猿に失礼)。事前にここへ行ったことのあるケアワーカー氏から情報を得て、ここはここで独特な流儀(診察室に同行することは出来ず、診察前に相談員に話し主治医に伝えてもらう)があることを知っていたので面喰うことなく対応出来た。それにしても、こぎれいで敷居が低そうにしているがなかなかガードの堅いクリニックであった。

午後からの法人の交流行事にはぼくは参加せず、遅い昼ご飯を今日は母ちゃん弁当を断って、今のところぼくにとって日本一美味い蕎麦屋である武蔵新田のF家にて、究極のたぬきそば大盛を食す。なんでこんなに美味いのかと感動しながら、麺のカス一つ汁の一滴たりとも残さずに完食する。思わずお粗末な一句“たぬきそば ああたぬきそば たぬきそば”と心で呟く。

それから銀行に寄り、給料や月末支払のお金を引き出して施設に戻って一人計算事務。その間、ぼくの出戻りを待っていたかのように関係諸機関から電話がじゃんじゃんかかる。そう、ぼくの仕事は無資格の何でも屋。手先が人並み外れて不器用なのに何でも屋だ。実家の親父が言う「お前は口で稼いでいる」のは確かだが、これでなかなか事務仕事もこなすんですよ、親父殿。

今日施設に届いた郵便物を確認すると、沖縄から精神科医をされている知己のYさんからの大きな封筒を見つけ早速封を開けると、Yさんの書いた原稿と共にぼくが送った法人ニュースへの感想がA4用紙3枚にわたって(!)同封されていた。
相模原事件について特集し、事件検証委員会の検証報告をぼく自身の視点で読み込み検証した文章を、丹念に読んで下さったことがとてもよく伝わりぼくは感動すると同時に、精魂込めてあの文章を書いて良かったと思えた。実は身内以外からあのニュースの感想をいただいたのは初めてだったのだ(いつもたいてい人づてに「批判的な書きぶりに読んでムカついた」という噂の類ばかりが届く)。“本当に小さく、迂遠で、効率が悪く、微力ですが、これしかない”こう書かれたYさんの言葉にぼくは百人力の助けを得た気がした。傲慢不遜な言い方を許していただければ、「ぶれない同志」の存在に勇気づけられた思いがした。こうして人は繋がれば良いのだ。
性格的な要因もあって、ぼくは幼少期より良く孤独を感じてしまう。だからこそ、群れないようにと自分自身注意してきた(それでもずいぶん失敗したが)。それは本当の、一人の生きる力となる繋がりを求めていたからなのかもしれない。

そうして、Yさんとの対話は続く。これからも結風に乗って。

今宵のBGMは、ボブ・ディランの90年発表の「アンダー・ザ・レッド・スカイ」。このアルバム知多半島は半田乙川にあった、ぼくと母ちゃんの結婚パーティーやってもらった(幹事はちきんベース君)ネクステージ半田で買った代物。明日のライブのSEにしようかな。
明日の選曲も良い感じです。みなさんぜひ、大森カフェスペースCでの今年初ソウブラワンマンライブにお運び下さい!そして翌日吉祥寺のろにも!月曜日は月曜日の風が吹く。今からそんな仕事のこと気にしません。

BG酒はブラックニッカ(生協でトリスクラシックより50円安かったので)ハイボール。では、土日ともロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1160-958692ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04