周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

大好きなうた唄いの一人、光玄さんの歌に「大好きな女達男達にかこまれて俺は」という歌があるけれど、ぼくが昨夜のあるぽらんでのレコ発ライブを思う度にこの歌のタイトルが浮かび、そしてこの歌のサビの歌詞のように“大好きな女達、男達にかこまれて俺は何を云えばいい”という気持ちになるばかりなのだ。

調子の悪かったあるぽらんのPAが、佐々木さんがあれこれいじって今までなかったほどボーカルマイクの音が太く響く音で出て、そんなマイクでリハを始めれば、何と予告なしに関西からカンチ&さくら夫婦が日帰りでカンチ兄貴が神保町で一本いった後(これで分かるに人は分かる)、あるぽらんに入って来る!大好きな兄貴と姉貴に見守られてライブする心強さよ。

一年を通してお客さんの少ないライブの多いソウブラだけれど、あるぽらんでのライブにはいつもお客さんがたくさん来てくれる。普段の呑みで見知った常連仲間やいつもライブに来てくれる人たちに、この夜のぼくらを本当に支え持ち上げ共に創ってくれた、大好きなこの世界に2人居る師匠の1人(と言って紹介出来たうれしさよ)である知念良吉さんのファンの人たち。そして、先日高円寺パンディットのイベントでぼくらを呼んでくれたONELOVE高江の人たち。ホントに「何を云えばいい」だけれど、やっぱり心から心からのありがとうをここで言いたい。

昨夜のあるぽらんライブは、知念さんや勇造さんの前座として経験を積ませてもらって来たソウブラの証を見せられたし(それぞソウブラの歴史でもある)、今のソウブラの持っているものを全部出し切った(音、演奏、歌の内容、ライブ運び、自分たちの思い)ライブであった。なので燃え尽き感もいつも以上。今日は一日抜け殻の自分をもう一人が叱咤激励しながら働いた。ただただ晩酌後の仮眠布団だけを目指して。

あらためてステージとは不思議である。ライブ前は精神的にテンションが上がらず、直前の控室ではこれはもはや自分の力ではどうする事も出来ないなと観念するほど、鬱々とした状態であった(理由は自分でだいたい分かっていた)。せっかく知念さんが素晴らしいパフォーマンス(ホントにこの夜の知念さんは、ぼくらのレコ発を心から喜んでくれて楽しそうであった!)を観せてくれたのに、お客さんもこんなに居てそれに応えたいけれど今夜はダメかな等とネガティヴ思考ばかりだったのが、いざステージに上がると自分の歌とパフォーマンスに集中出来た。思い煩っていた由無しごとは霧散し、それらはぼくが自分で書いた歌の中に全て散りばめられステージから放出されて行った。控室での憂鬱は、あっという間にここに今在り唄うことの充実感と確かさに取って代わり、ぼくはぼくの中にあるものを何の抵抗も感ずることなく出し切ることが出来た。そこにはバンドメンバーが居て、素晴らしい客演をしてくれたティンホイッスルの前田君が居て、敬愛する知念良吉さんが居て、客席にみんなが居た。

最後、自分たちのアンコール後に、ぼくは知念さんの大名曲「何処へ行くオキナワンボーイ」を一緒に演奏すべく、知念さんをステージに呼んだ。ステージで知念さんの大きな背中を見ながら半ば燃え尽きて放心状態のぼくは、知念さんがMCで「ソウブラの音は包んでくれる」と語ってくれたのを聞き、これまでやって来たことの全てが報われたような気持ちになって泣けそうになった(つもりだったが、前田君曰く「五十嵐さん思い切り泣いてましたよ」とのこと)。

「何を云えばいい」なんて言いながら、ずらずらと書いてしまった。
最後にソウブラは、ぼくの歌はまだまだ続きます。昨夜見逃した方も来た方も、次回は2月18日(土)吉祥寺のろ生音ライブにぜひぜひご来店下され!のろライブホントに来てほしいのです!お客さ~ん!!

1月29日あるぽらんレコ発ライブセットリスト
一部
①ほんとうのさいはひを求めて
②グローカル・ア・ゴー・ゴー
知念良吉さんライブ
ちきんベース君、森田君、タケサンシン山村君参加
二部
③夏の別れ
④この星に日が昇る間の話
⑤HAO w前田悠平(ティン・ホイッスル)
⑥ヘルスよしの w前田悠平(ティンホイッスル)
⑦ヒマラヤ杉は知っている
⑧普通の暮らし
⑨余計な音
⑩ONE GUITAR
~アンコール~
⑪命でしかないビート
・何処へ行くオキナワンボーイ(知念良吉さん)
~セカンドアンコール~
⑫そこからロック
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1148-f2f3f6fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10