周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ748 

2017/01/01
Sun. 22:46

昨夜、2016年大晦日の新宿中央公園の越年イベントで、ダンスユニットひびきさんに続いて19:00~ソウブラはライブをやった。

1年最後の日の夜、炊き出しには200人くらい並んでいたように見えたけれど、発電機の電源で灯された明かりに照らされた、巨大なビニールシートの上で毛布や布団にくるまっている人や、その周囲に居る人は100人くらいだったろうか。
駅から中央公園に向かう途中、いつも寄って酒を調達するコンビニでいつものように酒を買おうとすると、ぼくらが歌い出した頃から毎回顔を合わせているおじさんとばったり会い(独特のお洒落なファッションなので一度会ったら忘れない)、声をかけると笑顔で「今年も歌うんだろ?イベントは6時からだよな?」と応えてくれたその人も居る。

例年の如くリハも音出し調整もなく、呼び出しがかかったらパーッと機材を手に手に持って大急ぎで明かりに照らされたビニールシートの前に行き、MCのOさんが場繋ぎしてくれている間にセッティングをする。電源だけは借りて、楽器も声も自分たちの持ち込んだアンプから出す。セッティングと片付けが苦手なぼくは、酔っぱらってセッティング順序が分からなくならない程度に気を付けて呑む。ライブが始まってしまえばそんなの関係なく呑めば良い。

そしてこれもまたいつもの如く、最初はこの日の音の感じを掴むよう手探りしながら、それでも慌てないように目の前のおじさん達の反応を見ながら歌う。何度やっても決してライブのやり易い環境ではない。音はこれ以上ないほどチープ。そしてもちろん寒い。しかし、そびえ立つ都庁群の間の谷間の様な路上で、あまりに華やかな都市からわずかばかり離れただけの路上で、炊き出しを食しこの一夜をここで過ごす人たちを前にしてぼくらは歌を唄う。いったい何を唄えば良い?今回も当日ギリギリまで悩んだ。いつものライブなら間違いなくぼくはぼくの唄いたい歌を優先する。しかし、ここで唄う時はそんなことはどうでも良くなる。おじさん達(もはや、ぼくより若いか同世代の人だって居る)が少しでも喜んでくれる歌をとだけ願う。それが分かりかねてまた悩む。

2日ほど前に一人部屋で練習していた時、ふと数年ぶりに「ハレ」を唄おうと思い立ち久しぶりに唄ってみたら、今の新宿中央公園の路上の風景が立ち上がった。12年前の夏祭りの光景を書いた歌だが、この大晦日はこの歌が自分の中でメインになるだろうと思い定まった。

果たして、ここで必ず歌う大好きなカバー曲「知床旅情」を挟んで、だんだん場の空気が濃密に温かくなって行くのを感じながら(歌の合間に、新宿連絡会主宰のKさんが何べんも注いでくれた久保田や剣菱の所為だけではない)ハレを唄うと、この歌はOさんが路上つうしんで取り上げてくれたり、何度もここで唄っているので知っている人たちが居るからか、この歌の歌詞に反応してくれているのを唄いながら感じた。そして最後のラ~ラ~ラ~と繰り返すところを唄っている時に、来る前にコンビニで会ったおじさんの顔が視界に入り、一緒に唄ってくれているのが見えた途端、ぼくの涙腺は決壊し一瞬涙声になってしまった。何とか歌い切り「今夜の日本酒は沁みますな~」と軽口で逃げれば、おじさん達が笑いで返してくれる。気が付けばぼくはおじさん達に自分のことをベラベラしゃべっていた。たいていお客が10人も集まらない事や、だから大晦日ここでたくさんの人に聴いてもらってまた来年も頑張れる事等々。勝手な思い入れだけれど、こういうイベントを準備し開くことの大変さを知らずに言うけれど、ぼくはこの新宿中央公園で唄うことによってぼく自身が救われ支えられている。このまま行けば良いのだと思え心強くなる。ライブ後、「とっても良かった~」とねぎらってくれたOさんにぼくはそんなことを伝えた。Oさんは「五十嵐さんのその気持ちはここに居るみんなに伝わってますよ」と言ってくれた。

そんな気持ちの火照りが醒めないままに言葉がバーッと浮かんできたので、修正もせずに元旦の記念に書き記します。

新しい年といっても 旅の一里塚
一度閉じて また回り出すだけさ
終わりという名の 出発地点の夜に
俺たちはまたそう そこに立ったんだ

歩いては考え 考えながら歩く
季節と共に 堂々巡る
そこから飛べるかなんて どうでも良い
ただバタつかせながら 鳴きたいのさ

ワァワァと 声を上げ鳴らして行こう
たかが知れている 者同士で
寂しい夜も うれしい夜も
そのまま行こう 終わり始まる日のあの場所まで

ビルに囲まれた 谷間のような路上
火もつけられないのに 温かい時が起こり
そこは終わりという日の 出発地点
俺たちはまたそう そこに立ったんだ

押し寄せる期待が ある時もない時も
言葉があっても その下に集うわけじゃない
勝たなきゃ意味がないなんて どうでも良い
ただバタつかせながら 鳴きたいのさ

ワァワァと 声を上げ鳴らして行こう
たかが知れている 者同士で
寂しい夜も うれしい夜も
そのまま行こう 終わり始まる日のあの場所まで
(2017年1月1日)

みなさん、どうぞ今年もよろしくお願いします。

ソウブラ12月31日新宿中央公園セットリスト
①再会の夜に
②そこからロック
③知床旅情
④ハレ
⑤この素晴らしくない世界で
⑥結風
~アンコール~
⑦上を向いて歩こう
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1135-cc721dc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08