周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ744 

2016/12/20
Tue. 23:08

今日は午前中、面接、法人ニュースの執筆、そして12月の給与賞与計算と慌ただしく仕事をこなす。

毎年7月と12月の年2回発行の法人ニュースは、毎回ドタバタしながらギリギリで書き上げるのだが、今回は先週のハードワークと体調不良もあってさすがに年内発行をあきらめかけていた。どうせ誰も待ってやしない、遅れたって誰が困る?すっかりそんな自己弁護モードだったのだが、昨日職場に来た同志Sママに「何とか年内に出せるようギリギリまでやりましょう!」と意外にも言われ(彼女のキャラ的にてっきり「そうですね。発行延期しましょう」とあっさり了解するものだと思っていたからちょっとびっくり)、巻頭文も書いてくれるとの力強い言葉ももらったのでアタシも「よーし」とばかりに気合いが入って時間を見つけては書き進め出した。
今回のニュースのテーマは「相模原事件について」。今年の終わりに、この事件について現時点で書き得る限りのことを書いておきたいと思った。事件を通して対話を始めた沖縄在住の精神科医Yさん(Yさんは、山崎にあったライブの出来る飲み喰い屋“結風”の元オーナーで、2007年ソウブラ初の関西ライブを企画してくれた人)から、Yさんがこの事件について書かれた文章や資料を送ってもらっていてそれもぜひ生かしたかった。これからも自分がこの福祉の仕事を続けて行くために、この事件にはやはり向き合い続けなければならない。そんな気持ちも後押しするのだが、いかんせん孤独な作業はなかなかはかどらず、他にも雪崩のように押し寄せる仕事を片付けるだけで余力はすっかり奪われてしまう。やっぱりアタシはたった一人でやるのは向いていないのかもしれない。バンドもそうだけれど、仲間に勢いづけてもらわないと内にこもってしまうタイプなのかもしれない。もちろん仲間は多く要らない。ネットワークも要らん。少数、内輪で十分。

そんな作業の合間に、果たしてこの冬自分たちに餅代が出せるのかも計算せねばならない。年末調整も然りである。
幸い、極端な利用者減も無く逆に秋口からは通所申し込みが引きも切らず状態であったので、上乗せ的補助金も挽回し、大赤字にはならず冬は予算通りの賞与も出せる運びとなった。いつぞやも書いたけれど、我が家は月収だと5人世帯の生活保護基準以下なので賞与を生活費に回さない事にはやって行けない。まさに死活問題なのであって自ら賞与計算する時はちょっと緊張する。まぁ、綱渡りである。よろしく楽しんでますけど。

餅代が出せることがはっきりしたので、早速美味しい東北のお餅も旧友Oに頼み、心軽く午後から出張に出て医療観察保護法に基づく会議に参加する。
植松容疑者の件があり、法の見直しを始めた国と厚労省だが、私が関わる人に関しては保護観察官の方が実に一生懸命親身になって本人の為に動き、率直なやり取りを本人と続けながら地域生活を我々と共にチームを組んで支援している。なまじっかサービス利用を売り込む民間の計画支援相談事業者なんかより(あえてサービス等利用計画の必要ない事業を選択した私を前にして、露骨に「五十嵐さんのところじゃなくて利用計画必要な所使ってよ~」なんて言いやがる)、商売っ気なく自ら汗流して動くのでこちらも自然と共に汗をかきたくなる。またしてもぼくは、制度や法だけじゃない、その名を貶めることなく働く個人の在り方が世界を変えて行くのだと思ってしまう。

この会議でないとなかなか会えない関係機関の方たちと会議後もしばらく話してから、中原街道からさくら坂に入りN駅までゆっくり歩いて帰る。途中ブックオフに寄って餅代が出ることになって気が大きくなったのか、古本を2冊購入(堀田善衛「方丈記私記」と大竹聡「多摩川飲み下り」いずれもちくま文庫)し、帰りの道中「多摩川飲み下り」を早速夢中になって読む。なにせ我が街を流れる多摩川沿いの呑み屋の話、当然の如く天国に一番近い呑み屋多摩川べりの「たぬきや」も出てまいります。そこまで読みついてしまうのがもったいないのだけど、おそらく今夜布団で読む時にそこまで行ってしまうだろう。読み終わったらバンドメンバーに貸そう。なにせソウブラ全員大竹聡さんの書く酒本ファンなのである。

今宵のBGMは、ボブ・ディランの98年ライブの海賊版。この頃のディランは、ギターをガンガン弾きながら声も出ていてロッキンでかなり好き。たぶん今年最後の新曲になるだろう、ディランの「激しい雨」を20年ぶりの再意訳に今取り掛かっている。3番まで出来た。あらためてスゴイ歌だ。パティスミスを観てたらぼくもまたこの歌を唄いたくなった。今唄うべき歌に思えてならない。

BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1130-79146779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04