周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

レコ発ライブ2days終了! 

2016/12/13
Tue. 23:07

9日、10日と無事レコ発ワンマンライブ2daysを終えてホッとしたのか、11日に39度近くの発熱。前夜のハッスルぶりが別人の如く寝たきり人と相成った。

おそらく10日にはすでに発熱していた。それを自分で否定しライブに賭けた。ともかく賭けたかったのだ。
まずは8月に観客数大惨敗を喫した吉祥寺のろで、何とか(ホンと何とかだったが)雪辱は果たした格好になってまずは良かった。3人ソウブラでニューアルバムの世界を存分に表現出来たのではないかと思う。
翌日の大森カフェスペースCでは、13人!のお客さん達とフルバンドでニューアルバム発売を祝うことが出来た(レコーディングにも参加してくれたティンホイッスルの前田君も駆けつけてくれた!)。アルバムとアレンジの違う「ヒマラヤ杉は知っている」を披露したりと、アルバムを発表したことでまた新たな命を曲に吹き込めたような新鮮さと充実感があった。そして、アタシは一たん燃え尽きた。

しかし、寝込んだのは11日のみ(おかげで20年皆勤していたあるぽらんの忘年会を欠席せざるを得なかった。ぐやじ~っ!)。翌日の仕事は休むわけには行かなかった。
先週から我が施設で風邪が大流行し(1名インフルエンザも出た)、利用者の半数が欠席する事態となり、施設で請け負っている作業が滞り、普段は事務と相談面接を主に担当しているアタシも現場に出てせっせと作業に励んだがそれでも追い付かない。今週14日が期限の社会福祉協議会から請け負ったポスティング作業は、まだ数千部が山積みされておる。
どう考えても逆立ちしても、休むことは誰が何と言ったって出来やしない(代役の居ない、慢性的人出不足という職場の環境は、いわゆるブラックであるが、その環境のおおよそが手前で招き築いた環境であるのも事実)。アタシは覚悟を決め「こうなれば働きながら治すしかない」と、熱をおして月曜日出勤した(とにかく職場に行き鍵を開け、行けるなら状況を見て近くの病院に行けば良いと考えた)。何とか仕事はやれたものの、昨夜はまた38度台にぶり返し今朝もふらつきながら出勤。

症状からしてインフルエンザではないと確信していたので、一か八かで発汗して熱を下げようと、面接相談仕事の隙をぬってポスティング作業に出かけ、汗かきべそかき一人で900枚を配り終えて何だか身体が軽くなったような気がして熱を測れば36度2分の平熱!上手く行った!一か八かの作戦は功を奏した。

おかげで、こうして久しぶりに寝たきりから解放されてブログを打てる状態に回復した。
しかし、今年何度か思った事だが、いつまでこんなやり方が出来るだろうと少々不安になる。でもやはり、やれるうちはやり続けていたい。働いて飯を喰い、歌を書き人の前で歌う。限られた時間の中でやれるだけやり続けたい。それがぼくの願いである。

私の明らかに普通でない状態を察していた同僚のK田さんに、「ポスティングで汗かいたら熱下がりましたよ」と告げると「なんて昭和な治し方!」と感嘆されてしまった。もちろん出来れば2度とこんな治し方したくないし、良い子は絶対に真似しないでほしいと思う。

でも何とか仕事は目途がつきそうで、ホンと安心した。精神的な重圧も発熱の原因であったのかもしれない。重圧はないに越したことはないが、生きて何事か己が信念に基づいて動けばそれからは逃げることは出来ないのだろうと観念もしている。上手な付き合い方を少しずつでも身に付けて行きたい。

とにもかくにも、レコ発2daysにお運びいただいたみな様にあらためて心からの感謝を申し上げたい。もし、せっかくのレコ発ライブにお客が来なかったら我々どんだけ落ち込んだ事か。おかげで助かりました。そしてそして、2days皆勤してくれたF村君とK田さん、2日間見届けてくれて本当にありがとうございました。

ニューアルバムを引っ提げて、これからのライブもガンガンやって行くのでぜひまたよろしくです!
18日は阿佐ヶ谷ロフトAで、友川カズキさんの前座出演します!滅多にやらないライブハウス、そしてあの友川さんと初顔合わせ、気合い入ります!詳しくは当ブログスケジュールを。

吉祥寺のろセットリスト
①寄り添う暮らしの幸せで
②この素晴らしくない世界で
③再会の夜に
④かさ上げの街を臨みて
⑤この星に日が昇る間の話
⑥グローカル・ア・ゴー・ゴー
⑦たまゆら

⑧HAO
⑨ほんとうのさいはひを求めて
⑩普通の暮らし
⑪余計な音
⑫夏の別れ
⑬狭量と独善
⑭ヘルスよしの
⑮ワン・ギター
~アンコール~
⑯今年も模索で

大森カフェスペースCセットリスト
①変わらない夜道
②この素晴らしくない世界で
③夏の別れ
④再会の夜に
⑤かさ上げの街を臨みて
⑥ほんとうのさいはひを求めて
⑦グローカル・ア・ゴー・ゴー
⑧普通の暮らし
⑨たまゆら

⑩HAO 共演 前田悠平(ティンホイッスル)
⑪ヘルスよしの 共演 前田悠平(ティンホイッスル)
⑫ヒマラヤ杉は知っている
⑬余計な音
⑭狭量と独善
⑮この星に日が昇る間の話
⑯今年も模索で
⑰ワン・ギター
~アンコール~
⑱命でしかないビート


スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

K田さん、間違ったこと言わんで下さい。昭和の人間は病院も行くし、クスリも飲みます。こいつぁは、鎌倉時代では(笑)!!

あねご #- | URL | 2016/12/14 18:44 * edit *

ハッハッハッ(笑)。こう見えてかなりデリケートな現代っ子なのですよ。

五十嵐正史 #- | URL | 2016/12/15 00:23 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1126-b622bac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05