周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ730 

2016/11/09
Wed. 22:26

今日は午後から、久々に調布駅からバスに乗りK病院へ出張。

現実として、いまだ長期入院を余儀なくされている精神障害者はたくさん居る。しかし、退院を本人にイメージさせ、それを現実化して行く手厚い支援体制は、病院内になければ社会の側にも全く不足している。この5年で継続的に関わり続け一貫した経過を知る者は、今日の会議に集まった関係者(主治医、病院スタッフ、生活保護ワーカー、保健師、地域生活移行支援事業者)の中でぼくだけ。担当はどんどん替わり、悲しいまでにそれまでの情報は共有されていない。

しかし、その紛れもない現実の中で、本人の意志を確認し(それは悲しい意志ではあったけれど)何度目かの支援体制が構築されたのはせめてもの救いか?誰に責任をなすりつけることなく本当に皆で長期入院者の退院の道筋をつけられたらと心から願う。
この国の、他国に比べて圧倒的に多い精神科病院の社会的入院患者を減らすには、病院側だけでないもっと構造的な問題がある。一つには、イタリアやべてるの家などにかぶれた退院後の受け入れ先である支援者側が、出来もしない無責任な「地域生活移行」を大言壮語することにもある。そんな輩がまったく杜撰な地域受け入れをした挙句に「出来ませ~ん」と手放す様を、ぼくは何度か見て来たのだ。

ちとしゃべり過ぎたかなとも思った会議の帰り道、方向が一緒の若き保健師さんと、ぼくの最寄である稲田堤駅まで同行しあれこれ話し込んだ。業務以外で保健師さんと話し込むのは実に久しぶりでありとても新鮮であった。
はっきり申すが、ぼくが若い頃接していた保健師(そのほとんどがすでに定年退職したか、定年間近か役職付きになった)に比べ、現在の保健師の方が断然良いと思う。ぼくが若い頃、特に年配母親世代の保健師はヒドイのが実に多かった。妙に馴れ馴れしくそのくせ専門家面して上から目線。やたら業務の線引きをして手前はやらないくせにあれこれ出しゃばり指図だけする人が多かった。20代のぼくは、会議の席でそんな保健師とケンカ腰になった事もあったし、淡い記憶では「クソばばぁ!」と言ってしまった気もする(それは本当にアタシの失言)。

バスの車中、若き保健師さんと、最近急増している株式会社経営の障害者就労移行支援事業者等の情報交換をしたのだが、実に面白い話をたくさん聞けた。曰く、雨後の竹の子の如く出来る株式会社事業所が頻繁に保健師の所にやって来ては利用者を紹介してくれるよう営業をかけていること。そういった業者の多くが最初の話と違って、入ってみると障害者に対して最低限のフォローもしないこと。いわゆる福祉のイロハも知らない素人のサラリーマンたちがやっていること等々。

実は、営業など一切やったことなく、生命保険会社の勧誘パンフレットかと見まがう豪華な施設の宣伝資料などもない(地味なパンフは手作りしてある)ぼくの施設は、今何度目かの通所希望と申し込みが殺到している。昨日なんか一日で4件も通所希望前提の見学依頼があった。保健師さんが言うには、そんな株式会社らのある意味節操ない営業は逆に「引く」そうだし、彼ら(株式会社)にとって障害者が確かな金になる上で必要な受給者証を得るために、露骨に手続きを急がせる行為には、まともな保健師であれば良い加減頭に来ているとのこと。そんな中で、俄然存在感が浮き出て来るのが昔ながらのとりわけ効率や成果無視で対応してくれるぼくのような所なのだそうだ。何だかぼくの大好きな、商売っ気ないけれどいつ行っても変わらぬ雰囲気で迎えてくれる大好きな小さな呑み屋みたいじゃないか。なるほどねぇと頷きながら、ぼくが「そんな今時の福祉の話を聞いてると、自分の所がまるで化石みたいに、自分が石器時代の人間みたいに思えるよ」と言うと、たぶん優に一回り以上年下であろう保健師さんは「そんな場所こそ保健師には必要なんです」なんて言ってくれちゃって、オジサンは何だかうれしかったよ~。年配生活保守主義保健師らに生意気なクソガキ呼ばわりされていた(今でも一部している輩は居るだろう)アタシだが、その保健師らにもう一度あえて言う。アンタらより現在の保健師さんの方がよっぽどまともだよ。もちろんかつても今も全てとは言わないが。

今宵のBGMは、サン・ヴォルトの95年発表のオルタナ・カントリーの金字塔アルバム「トレース」。
まだ30間近の声とは思えないジェイ・ファーラーの渋すぎる声と、いつの時代の音楽かと思わせるタイムレスなサウンド。つまり余計なものが何もないシンプルなサウンドのこと。この境地に達したらもはやどこに行く必要もない。だから、サン・ヴォルトは、ジェイ・ファーラーは、今もタイムレスな音楽を奏で続けている。ぼくもソウブラもまたそれを目指している。

BGドリンクはトマトジュース。明日から一泊二日で伊豆へ施設の旅行に行って来ます。温泉と、帰りに干物を買うのが楽しみ。
ではまた、ロケンロール!

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1111-e5707105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10