周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ717 

2016/10/05
Wed. 22:37

前回の当ブログで紹介した記事は、琉球新報や山陽新聞にも載ったようだ。

おそらく、これまでぼくが書いた文章の中で(短く要約されたものであっても)もっとも人の目に触れた文章となったはずだろう。
それにしても、あらためて新聞の持つある種の確かな力というものを感じる。一部のネットユーザーから新聞無用論が出たり(それも手前のやっているSNSで吠えているだけだったりするけれど)、偏向ややらせ報道、大手紙上層部の安倍晋三との会食習慣を筆頭に(それは確かに呆れるほどにヒドイ)、何となく世間的には失墜のイメージ漂うが、そんなことは時に出鱈目も平気で垂れ流すネットニュースや、独善の自己主張に寝る間も惜しんで励むツィッター人間が吐き捨てる言葉の屑の前には、とてもとても太刀打ち出来まいと思えてしまう。これ皮肉である。

今もぼくが新聞に抱くイメージは、キューバに旅した人が語った農民たちが農作業の合間に熱心に新聞を読む姿や、20代前半の頃読みふけった住井すゑ氏著の名作「橋のない川」で、主人公の孝二が社会の動静を知るために、仕事の合間に新聞を熱心に読むシーンである(それは実に頻繁に出て来た)。
スクラップしたりしながら(現在長女が野球記事を熱心にスクラップしている)、同じ記事を何度も読み返す。ぼくもまた、沖縄の親友から送られて来る新聞を読み返し、最近では7月30日付の東京新聞朝刊の最首悟氏の相模原事件についてのコメントを折に触れ読み返す。記事を読んでいる時は、当然ながらこちらはひたすらその文面から読み取ろうとする。そうして生まれた感情や煩悶、違和感、共感、感動を読み返しては確かめて、その言葉を自分の中に取り込んで行く。その作業中はこれも当然ながらこちらから発信することもジャッジすることもない。あくまで孤独な個の作業だ。

ぼくが近頃のFBやツイッタ―に対して抱く強烈な違和感は、発信者がいとも簡単に他者や事件、社会、政治をジャッジし断定しそれをやたらと安易にばら撒くことだ。発信者当人はもちろん、受信者もそれに対して熟考することはまずない。中には発信した無造作な言葉尻を捕まえ合って直接間接的に罵倒し合う醜悪さだ。おそらくそれらはこの今も何十万件とネット上で行われているだろう(寝る間も惜しんで)。その短絡な思考とジャッジは、それが体制的であれ反体制であれ反安倍であれ反ヘイトであれ、相模原事件の植松容疑者の思考とそれほど遠くないだろうとぼくは思う。
もちろん、SNS上の情報の交換、考えさせる発信、有意義なやりとりもある(最首悟氏のツイッタ―は、本当の意味で開かれた思考の扉を叩く“つぶやき”であると思う)。それを自分で常に意識しながら今後もやって行きたい(嫌になって止めるかもしれんけど)。

とにもかくにも、短くもぼく自身の実践と思考の結果の言葉が新聞記事になったことで、色々な反応をいただけたことに感謝したい。そうしてまたぼくは書き、歌う。

そして唐突な告知宣伝!
10月15日(土)国分寺gieeさんで、大好きな生活レゲエシンガー都良祐さん、ピラコさんとの3組でライブやります。
19:00開場 19:30開演 1800円+ドリンクオーダー
ソウブラフルバンド編成ライブが良い音で聴けるステキなお店ですよ!ぜひお見逃しなく。
国分寺本町2-3-9 三幸ビルB1 Tel 042-326-0770 国分寺駅から徒歩3~4分

今宵のBGMは、ビートルズアンソロジー2。ああ、どうにもエイト・デイズ・ア・ウィークが観たくてたまらない!
BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1094-438ef9af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06