周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ705 

2016/09/02
Fri. 22:57

今週は、毎夜仮眠後に、11日の阿佐ヶ谷あるぽらん無声映画ライブでかける1920年制作の「巨人ゴーレム」の音楽付け作業に勤しんだ。

あるぽらん名物の活動写真弁士片岡一郎の無声映画ライブも、今回でなんと55回目!である。ぼくはいったいいつからギターを弾かせていただいているのかはっきり覚えていないのだが、少なくとももう10年近くはご一緒させていただいているだろうから、55回の内30回近くはやらせていただいているのではあるまいか?

それにしても、一日の世過ぎの果てに、安倍晋三内閣がいまだに62%の支持率と言う、そして敗北した反対運動側は昨年の夏のけっこう人数盛ってた国会前行動を振り返り我が身を慰めると言う、何となくどころかはっきりと不穏な畢竟2016年の初秋の夜長に、20世紀初頭のドイツ映画に現代からアプローチする作業に没頭するというのは、何とも面白いものである。そう、振り返るならテッテ的に過去を振り返るのが良いのかもしれない。勝ちを急ぎどこぞから無理くり「共闘」の看板ぶら下げた勝ち馬をただ今引っ張って来るより、うんと振り返り掘り下げるのが良い。解散した行動力マンチクリンの若者たちを賛美し持ち上げる暇があるならうんと振り返り掘り下げるが良いだろう。そんな行動や物言いを、身内に厳しく安倍政権に甘いなどと批判する自称活動家や学者、市民、ライターの類は一昨日来やがれであると言うか、アタシは何事もそんな雑に刹那的には考えられません。何より衆を、担がれる政治を信じられません。

幸か不幸か(たぶん幸ではない)ここのところライブのオファーが減り(また持ち直すと根拠なく思っているが)、今回の「巨人ゴーレム」にはそれほど追い詰められた感を持たずに取り組めている。
前回6月の「狂へる悪魔(ジキルとハイド)」もそうだったが、無声映画は何がすごいって役者の顔芸がすさまじいのである。
それも道理で、セリフの無い映画なわけだから映像(それとわずかな字幕)だけで内容を観客に了解させ、その心を鷲づかみにするのだから必然的に顔芸になるわけである。無表情が売りであった喜劇役者バスターキートンだって、ある意味無表情という顔芸で観客を虜にしていたのだ。

ジキルとハイドは文字通り善良な医者のジキルが、自らの発明した薬で本能むき出しの悪魔の様なハイドに変貌するという情念むき出しのシーンが多く(すごい迫力だった)、ぼくは夢中になってギターを弾きまくったのだが、ちょっと弾き過ぎたという反省点があり、今回はもうちょっと映像だけをしっかり観てもらうシーンを増やし、間を作りたいと今の所思っている。
そして、今回の巨人ゴーレムは、ユダヤ民族の危機を救うべく作られた土人形が呪術により命を吹き込まれ、一度は民族の危機を救うが、欲得で動く者に利用されたりする中でユダヤの街の破壊者となって行く…というようなアタシの解釈なのだが、100年近く前の映画と思えない見事なセットと特撮とは対照的に、当のゴーレムが、どうにも巨人には見えないただの着ぐるみ着た大きい人であるのが最初ちょっと滑稽でもあり、時代の限界を感じさせる。けれども、そんな限界はSFXとCGに慣れ切った現代人の浅はかさで、ちょっと大きい人である巨人ゴーレムの動きや見事な顔芸(何とゴーレム役は監督自らがやっている)を観ているうちに、仕舞いにはまごうことなき巨人に観えて来るから不思議である。とにかくこのゴーレムの顔芸はスゴイ!大映映画の大魔神は、完全にゴーレムのパクリである(子どもの頃大好きであった)。怒った顔、呆けたような顔、そして慈愛に満ちた優しい顔、ジキルとハイド以上にゴーレムの顔芸にぼくは魅せられた。特にラストシーンは、ギターを弾きながら不覚にも涙がこぼれそうになってしまう。何度観てもこぼれそうになる。

9月11日(日)55回目の阿佐ヶ谷あるぽらん名物無声映画ライブ「巨人ゴーレム」を、我らが活動写真弁士片岡一郎の名調子と、五十嵐正史の奏でる迷調子ロッキンギターでどうぞお楽しみあれ!
14:30開場15:00開演2000円(1ドリンク付)出来たら予約を(03-3330-8341あるぽらん)。

今宵のBGMは、現存するバンドで今一番好きなサン・ヴォルトの98年発表の「ワイド・スィング・トレモロ」。歪んだギター、ブルーズハープ、乾いたアコギの音、理想的なロックの音。新しくも古くもならない大好きなロックの音。こういう音を聴いているとどんなに歌詞がソツなく凝っていようが、J-POPはまったく聴く気にならん。秋元康はいらん。そういう歌の入ったCDをもうすぐ世に出すからな、待ってろよ!

BG酒はトリスクラシックハイボールでした。明日は今年初のスタジオ練習!やっと思い切り新曲練習出来る~!!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1079-febefbfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04