周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ691 

2016/07/23
Sat. 23:28

今、沖縄の高江で行われている人間としてあまりに愚劣な行為を、現地からの報告、写真、動画を通して見聞きしあらためて思っていることがある。

それは、現地で抗議行動をしている住民および支援者を徹底的に無視しながら、暴力的に排除している本土から派遣された機動隊員たちの仕事ぶりについてだ。
彼らが無表情のまま、まったく上からの命令通り力づくで丸腰の人間を殴り押し倒し縛りつけひき逃げしてまで仕事を遂行するのは、辺野古海上での海上保安庁の者らもそうであったし、次元は違うかもしれないが、平然と嘘をついてまでぼくらを自立支援法に従わせようとした区役所障害福祉課の係長をもぼくに想起させる。
確かにこの非道な安倍政権こそが彼らに命令を下す元凶であろうが、例えどの政権であろうとも(万が一共産党が政権を担ったとしても)このように命令通りに非道を非道とも思わず、ある種の使命感を持って愚劣極まりない仕事を全うする個人は出て来るだろう。

完全に洗脳教育がされているのであろう同じ無表情の機動隊員たちが、抗議者たちの叫びを一様に聞く耳持たない様子に、現地の人たちに到底及ばない程度だろうが、ぼくもまた絶望を感じる。逆に挑発的な薄ら笑いを浮かべる極悪な体制の犬の方が、まだぼくなどは許せないにせよわずかな糸口を感じてしまう。
地元の県警合わせて1000人が、工事凶行現場へ至る道路を閉鎖しようとする中で、抗議者の叫びを浴び続けて前面に立つ機動隊員の内のたった一人でも良いから、「これはやっぱりおかしい。止めよう。こんな仕事はやってられない」という者が、観ている現地の映像の中から出てこないモノかとぼくは祈るように夢想してしまう。この国が本当に変わるとしたら、選挙ではなく(大事だとは思うが)そういう一人がある日あらゆる場所から同時多発的(別に同時多発でなくても良いが)に出て来ることでしかないのではないかと、ぼくはずっとずっと前から思っていて、歳を取るほどに選挙を経る毎に政治に辟易する度に、右も左も組織拡大の過程で腐って行くのを見るにつけ確信となって来ている。

日本人は個人として面白い人間でもたやすく、上からの指示にそのまま従ってしまう性向があると思う。長いものには巻かれろで、大勢順応だ。波風は立てない。そんな時日本人はたいてい無表情になる。
波風立てようという者もすぐに群れたがる。自分たちのチームに名称を付け自覚者集団を自負し、その主張が政治力を持ち何かしらの戦利品を獲れば泣いて喜ぶ。やがて異議や疑義を唱える者が出ると時に無言、時にはリンチまでして排除しようとする。
無表情に抗議者を排除し続ける機動隊員に、ぼくはどこまでもそんなこの国を見る。本質は政治ではなく心の在り方をこそ変えることだということを、どこまでも強く感じる。ああ、だれか一人、だれか一人、回れ右をして同僚たちに向かって「おかしい!」と声を上げる者は居ないのか!?

ノグチゲラの生息する豊かな湧き水の流れる高江の森を、政治の為に破壊しオスプレイの離着陸帯にしてしまうことは、人間として許されない。安倍政権でも民主党政権でも共産党政権でも起こり得るそういう政治は人間として許されない。政治世界をこそ破壊し滅ぼさなければならない。

いまだ梅雨明けしない涼し夜に。

今宵のBGMは、ジョン・ハイアットの2008年発表の「セイム・オールド・マン」。アコギとボトルネックギターの枯れた音でロックしている名盤(て言うか、この人には地味だけど基本的に名盤しかない)。1曲目のオールド・デイズのメロディーを借りて5分ほどで「暮らしという名のラブソング」を書き上げた5年前の夏の日の事を思い出す。

BG酒はトリスハイボール。明日はチャリカルキの公演で、人間であることを思いきり味わい確かめよう!
ビーグルさん電話ありがとう!気合入った。明日よろしく!


スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

強引に、怪我人が出て、何の仕事にせよプロフェッショナルではない。
アマチュアのイカレた、仕事だ。僕の業界であんな仕事、実録されたら無論逮捕、刑務所行きですね。

ソウルタイガー #- | URL | 2016/07/24 10:21 * edit *

彼ら(機動隊)はきっと市民の安全や人命保護より優先すべき仕事を叩き込まれてはいるのだろうね。それに抗するのはもはや人心しかないのではと思っている。思想や主義なんかじゃくて心の在り方だね。

五十嵐正史 #- | URL | 2016/07/27 00:43 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1060-5f238cb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06