周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ688 

2016/07/14
Thu. 22:33

今朝起きて、いつものように朝食のそばを茹でる間東京新聞の1面を読んでいると、顔色の曇ったぼくを察して弁当作りしている母ちゃんが「東京新聞までこんな記事じゃね~」と声かけて来たので、ぼくは皮肉混じりに「今や赤旗だって分からんぜ」と言ってため息ついた。

その1面は大見出しで「天皇陛下生前退位の意向」。正直だからどうした?である。知らんがなである。辞めたけりゃ辞めさせてあげれば良い。それをこんな大見出しで。せめてその下の宇都宮氏出馬取りやめと同じくらいの大きさでも別に良かろう。
なぜこの国はいまだに天皇のことを特別視し、大仰に奉り報道し庶民は語り、手前の奴隷根性を投影しようとするのだろうか?

それと、いつ頃からか定着した護憲、脱原発の象徴としての現天皇のイメージと、それを持ち上げ手前らの運動に利用しようとする市民や、報道、学者、哲学者、政治家の類。もしかしたら本当に現天皇は護憲派であり脱原発の人かもしれない。けれどそうじゃないかもしれない。アホらしい制度のせいで誰も本人の真意を確かめられず本音の発言も許されないまま、それを放置しておいて現天皇の公表された言葉の断片を都合よく解釈しているだけ。そんな風に都合良く解釈してあたかも知ってる風に、またもにわか評論家になってSNSやら報道で語る人たち。そんな風に持ち上げたり同情したりして好き勝手に語ること自体失礼じゃないのかね?別に天皇だからじゃない。あんな立場に居る人間に対してだ。

東京新聞の記事で最も腹立たしかったのは、名物コラムの筆洗の文章。よりによってここで沖縄に思いを寄せる現天皇を持ち出してくるとは!?参議院選挙で現職閣僚に10万票近く!の大差をつけて新基地建設反対を訴えた候補者が勝った沖縄で、その翌日からこう着状態の辺野古への当てつけの如く、高江でヘリパッド工事の凶行が辺野古の5倍もの人数の機動隊員を送り込んで始められた直後に、そのことに1行も触れずに沖縄の犠牲に思いを寄せる現天皇像を描くとは!朝から完全にトサカに来ちまった。
現天皇のエピソードから推察してヘタレな称賛を書くくらいなら、高江で起きている現実を報道し、せめてこの凶行を沖縄に思いを寄せていると言われている天皇だったらどう思うか?くらい書かなくて何がジャーナリズムか!?まるっきり体制翼賛新聞じゃないか。

死んだお袋はなぜか天皇家が好きで、息子には全く理解出来ない崇敬を寄せていた。彼女はなぜか天皇家が日本人の市井の者らの哀しみを一心に背負っているかの如く錯覚していた。自分のままならぬ現実を「天皇陛下もツラい現実を耐えている」と投影して慰めにしていたフシがある。ぼくは、もしかしたらそれがある世代以上の多くの日本人の心性なのかもしれないと思っている。
残念ながらその心性は間違っている。ままならぬ人生だろうが、護憲だろうが、脱原発だろうが、それを自分でない何ものかに投影してはいけない。手前のやり方で手前で切り開いて行くしかない。投影でなく崇敬でもなく確かに何かと繋がりながら。でなければ、この現実は本当には1ミリも変わりはしないだろう。

ぼくは今日一日、しきりに以前読んだ、訪沖した皇太子夫妻(現天皇夫妻)が那覇の平和通りを行幸した際に、ウタという老婆が自らの大便を皇太子夫妻の乗る車になすりつけるという場面のあった(はず)目取真俊氏著の「平和通りと呼ばれる街を歩いて」という短編小説を思い出していた。

今宵のBGMは、16日のあるぽらんライブで20年ぶりに前座させていただく南條倖司さんのアルバム「くらしうた」。優しく心地よいグルーヴ(唯一無比!)に乗って、南條さんの大地と共にある暮らしから生まれた確かな言葉が胸にスッと入って来る。現人を特別な座になんか置くことなく、誰もが自らの暮らしに自らで意味を見い出して行けたらどんなにステキだろう。
16日の再会が心から楽しみだ。

BGドリンクはトマトジュースでした。では16日はあるぽらんでロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

僕も、だからどうしたの?だけだね。驚いたのは生前なんとかってのは、数年かかるってこと。いらない職業になぜいらないことしているのだろうかね。
職業?人達としたらちょっとかわいそうかなと思い職業にしてみた。ああいう人達は何て例えるべきなんだか?

ソウルタイガー #- | URL | 2016/07/15 18:40 * edit *

「いらない職業にいらないこと」良いこと言うね。
全く同感です。
俺が10代の頃は、ちょっとした書店には反天皇制本コーナーがちゃんとあったのに、最近ではなんだか右も左も現天皇賛美に知ったか評論。アタシは「東京イズバーニング」から1ミリもぶれてません。

五十嵐正史 #- | URL | 2016/07/15 23:40 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1055-d7be67c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11