周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ぼくたちのバンドのことを「ソウブラ」と最初に呼んだのは、阿佐ヶ谷あるぽらんのマスターだ。
昨夜関西の人たちが何人も親しみを込めて「ソウブラ」と呼んでくれるのを、ぼくは本当にうれしくどこか不思議な気持ちもしながら聞いた。1年ぶりの再会、1年ぶりの鼻炎トリオとの音合わせ、1年ぶりの南風楽天の酒、マスターMさんのうれしそうな顔(おかげ様で今年も立見も出る満員御礼!)、そして1年ぶりの会話、1年ぶりの握手、1年ぶりのハグ、来年また会う約束、何もかもが愛しい一時だった。

ふだんのライブの何倍もの人数のお客さんが、ソウブラと鼻炎トリオのライブに足を運び(東京、名古屋、愛媛からも!)、人生の大切な一時を過ごそうと楽しみにしてくれる。
ぼくはと言えば、日常から飛び出し行きのぷらっとこだまの新幹線の車内はワクワクして楽しくてたまらなく酒が進む。そして、たくさんのお客さんを店の外から見詰める本番直前はかなりのプレッシャー。それでも南風楽天のステージに立ち、お客さんたちの「楽しむよ~」というたくさんの顔を見ると、心は決まりライブが動き出す。ぼくは「絶対に楽しんでもらいたい!」と心の底から思う。いろんなライブをやるけれど、こんなにステージに上がって自分のスイッチが切り替わるライブは他に無い。この場の特別な力が自分を動かしてくれているような気もする。対バンする鼻炎トリオとの魂のやりとりがそうさせるのかもしれない。

一夜明けて、山崎でカンチ&さくらさんとランチした時に、さくらさんから昨夜ライブに来たお客さんから「極上の一時でした」という感想をメールでもらったと聞き、お客さんも演奏したぼくと同じ気持ちでいたのだと思いジ~ンと来た。まさに昨夜は極上の一時だった。

明日も明後日も夜会議で残業なので(泣)ブログが書けそうもないから、取り急ぎ関西から帰りたてホヤホヤの気持ちだけを記しておく。
昨夜高槻南風楽天で「ソウブラ」と親しみ込めて呼んでくれたみなさんと、鼻炎トリオとぼくらの創ったライブを楽しんでくれた全員に心から感謝申し上げます。ソウブラは来年もまた必ず関西に帰ります!

5月28日ソウブラセットリスト
①かさ上げの街を臨みて(2015年8月29日)
②新しい日々
③この素晴らしくない世界で
④ヘルスよしの
⑤曇り空 詩 竹内浩三
⑥三ツ星さん 詩 竹内浩三
⑦グローカル・ア・ゴー・ゴー
⑧再会の夜に
⑨ONE GUITAR

鼻炎トリオとの共演
・おっさんのブルース
・廃炉!
・大文字 (豊田勇造師匠のカバー)


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1036-1a3ef6e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04