周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ671 

2016/05/02
Mon. 23:23

GW前半と後半の中日のせいか、通勤電車はいつもよりかなり空いていて、たいてい毎日微妙に遅れる時間もずれ無く運行。毎日このくらい空いていると本当に精神的に楽なのになぁと思う。

18歳で夜間大学の学生になって以来、もう30年近く日中働く生活を続けている。けれど、まだ一度もメーデーに参加したことがない。
今の仕事に就いて24年目になるが、小規模施設の運営者兼現場職員という立場は感覚としては零細企業のタコ社長とほぼ同じであり、賃上げ闘争も補助金上げろ要求を行政に出す以外は自分自身でただただ自問自答するばかりである。

しかし、メーデーという語感には何となく親しみがある。と言うのも、19歳の時1年間勤めた知多半島の阿久比町のミカン山にあった(新見南吉の名作「ごんぎつね」の舞台にもなった)その名も新見耐蝕工業という倉庫か納屋を改造した工場で働いていた時の社長が、昭和天皇が死んだ時は「自粛なんかするかい!」とどこも喪に服して街が死んだような時にいつものように仕事をして、その代わりメーデーの日は平日でも休ませてくれたことがとっても印象に残っているからだ(けれど、メーデーになど行かずアパートで酒呑んでギター弾いていた)。

その社長のことは今でもその顔も声色もはっきりと覚えているほど好きだった(バイト仲間たちと一緒に飛騨高山や、鹿児島へ貧乏旅行もした)。共産党員らしいがかなり崩れていい加減であり、そこにも大いに惹かれた。後にぼくがそんな存在に憧れて22歳で入党したが、その社長のような人はごく稀で、実に融通の利かないつまらない人の方が多かった(それはどこの組織も同じだろう)。
ぼくの20歳をバイト仲間みんなで祝ってくれた時には、みんなが寄せ書きしてくれた色紙に「俺はしがないボロ社長、お前もしがないボロバイト…」と書いてくれその言葉がとてもうれしかった。ボロを自称することの清々しさ、主流からも世間からも自ら離れて隙間に生きることの(いわゆる周辺暮らしですな)自由さを教えてくれた。と同時に親会社に怒鳴られたり税務署に差し押さえられたりと現実の厳しさも隠すことなく全部ぼくらに見せてくれた。給料は各々で計算して社長に請求しもらっていたが、おそらく誰も不正をしなかったし社長も疑うことなく払ってくれた。

それにしても、昭和天皇の死んだ直後に喪章のついた日の丸ばかりがはためく死んだような知多半島の街を、スクーターで突っ走って仕事に行ったのは実に痛快だった。現在と同じようにその時あったこと感じたことを歌っていたぼくは、その時の心境を「Xdayの街の中」という歌にして大学内のライブで歌った。

“Xdayの街の中、俺はいつもと変わらない やけに日の丸が目立つ中 俺は気にせず走って行く Xdayの街の中、バカな奴らがひれ伏してる 俺はギターを掻き鳴らし 欲求不満を蹴っ飛ばす”

何だか結局今もちっとも変わっていないと思う。けれど確かに社会(と言うのが正しいか怪しいが)は悪い方に変わった。
現在では、あの新見耐蝕工業の社長のような人間は存在を許されないだろう。あんな怪しげで自由で自治な零細工場は存在を許されないだろう(ブラックバイトは大流行だが)。あの時でさえあんなアホらしい訳の分からん自粛があったが、現在はどれだけさらに大仰でなおかつ不自由な事態になることだろうか?ぼくのような若造が「カンケ―ねーよ!」とスクーターを飛ばしていつもと変わらない生活をする自由が果たしてあるだろうかと訝しむ。

いつかどこかで再会して「おいおい、俺は元気だよ。相変わらずボロだがお前もやっぱりボロだな」と言ってくれないかしらと思ってしまう。当時社長は現在のぼくより若かったが、それでももう70歳くらいだろう。おそらく当時の社長にもメーデーはあまり関係なかったはずだが、その意味を大切にしていた社長を今でも好ましく思う。夜間大学の先生の事は誰一人覚えていないが、昼間の仕事で出会った何人かの人の事は、教えてもらった人としてとても良く覚えている。

メーデーからそんな昔の事を思い出してしまった。

今宵のBGMは、ボブ・ディランのデビュー前1961年カーネギーチャプターホールでの海賊版ライブCD。明日弾き語りライブをするので、ディランの弾き語りライブを聴きたくなったのです。この人のギターは、特にライブの時は全然難しい奏法していないのに説得力がマンチクリン。まさに歌と共に歌っているギターである。当時なんとまだ20歳!恐るべし。ボブ・ディランはやはり最高のギター弾き語り者だ。嗚呼もう一度、現在のディランで弾き語り観たい聴きたい…。明日もボブ・ディランのバッタもんTシャツ着て歌おうっと。

BG酒はトリスクラシックハイボールでした。では明日は登戸第一公園で一人ロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1024-cbfa3f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11