周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

Noro:40Years&Beyondコンサート終了! 

2016/03/20
Sun. 23:12

とうとうこの日がやって来て、それは終わってしまえばあっという間という感覚で過ぎ去った。

昨年秋に、吉祥寺のろ40周年記念ライブを来年(つまり今年)3月19日にやることを聞き、その時はのろに出入りした無数のミュージシャンたちの中でも、最初期ののろに関わり、現在でも大ベテランとして活躍中のゆかりの著名ミュージシャンたちによるスーパーバンドでのライブとなるはずであった。もちろんぼくものろに関わり出した新参者の一人として客で行くつもりであった。
それが、いろんな紆余曲折があってコンサート自体が昨年末一度中止になり、今年の2月に再度やることになりソウブラも出演することになった。もちろんぼくらに断る理由などない。店の存続と、それを宣言するかのように元々の40周年記念コンサートというタイトルを、40Years&Beyondに改めての再出発に立ち会えることのうれしさが大きかった。

けれど、それと同時にこの出演者を一変させての再コンサート開催宣言の受け止め方は、実に様々であろうと想像出来た。もしかしたら理解出来ない人も居たかもしれない。昨日武蔵野公会堂に来てくれた80人のお客さんの中には、どんなことになるのか見届けてやろうという人も居たかもしれない。どんな方向に向かうコンサートになるのか?実は出演者のぼくにも正直分からなかった。

のろというお店が大好きで、ここで酒を呑むことマスターの加藤さんと話すこと、そしてこの店で歌うことがただ好きなぼくらが望むのは、この小さなお店が続いて行く事以外にない。昨夜の出演者全員、お客さん達もみなそれは同じだろうと思う。ただ人にはそれぞれ事情(わけ)があるからその思いの表出の仕方も感情も度合も違うだろう。ましてや40年も、この一種の吉祥寺ドリームと呼んでもいい夢と挫折の渦巻く街で、ミュージシャンたちがここを目指しそして巣立って行った店なのだ。そんな普通の呑み屋ではない?特別な40年をとても大きなプレッシャーのように感じつつも、ソウブラはソウブラのライブをやった。ぼくらはそれで、このお店と加藤さんと6年お付き合いさせてもらってきたのだから。

そんな昨日のコンサートは、出演者全員それぞれが吉祥寺のろとどう付き合って来たのかを、自分のパフォーマンスに思いの丈注ぎ込んでいたと思う。そういう意味では実に吉祥寺のろLOVEに満ちたコンサートであった。
やっている時は無我夢中であったが、一日経って、大勢のミュージシャンたち(初対面の人も居た)あんな風に一つのコンサートが出来たことを奇跡のようにも思う。それでも最後のフィナーレを出演者全員でやった(これもまたのろならでは)「アイ・シャル・ビー・リリースト(男らしいってわかるかい)」は、何日も前からこんな風になったら最高だろうなぁと頭の中で描いていた光景そのものになった。どうなるか分からないコンサートだけれど、みんなが思いきり出し切って最後加藤さんと共にこの歌に辿り着くことだけは見えていた。

もはや、40周年を越えてのろは進み出した。またも得難いライブ経験をさせてもらい、のろゆかりのすごい実力と音楽にかける魂(ソウル)を持ったミュージシャンたちのパフォーマンスを心に焼きつけて、ソウブラもまた昨日のコンサートを越えて行くのだ。

いろんな事情を乗り越えて開催された昨日のコンサート、急な誘いにもかかわらずご来場いただいた80名のお客さん達に心から感謝である。昨日を見届けていただき、今後も吉祥寺のろのこれからを、ぼくら同様呑み喰いグッドミュージックで楽しんでもらえたらと心から願う。

明日の宇井さんライブへのゲスト出演を前に、今日は絶対行くと決めていたヘルスよしので汗を流しゆっくり風呂に入って来た。
明日は大好きな宇井さんワールドにどっぷり浸りながら、やっぱりソウブラらしいライブを「今こういう歌を歌う人は居ない」と昨日も評された歌を歌おうと思う。

Noro:40Years&Byondコンサートソウブラセットリスト
①新しい日々
②この素晴らしくない世界で
③この星に日が昇る間の話
④我が地球2016

※全曲ソウブラギャラリーで動画観られます!ヒロコちゃんが最前列から撮ったベストショット。大きなステージで色つきライト浴びて歌ういつもと同じ格好(笑)のソウブラをぜひ、ご堪能あれ!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://soulbrothers.blog137.fc2.com/tb.php/1005-d3ea6127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06