周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ835 

2017/09/29
Fri. 23:57

昨夜は仕事帰りに吉祥寺のろへ、ナツメグ舞ちゃんと森香さんのジョイントライブを観に行く。

先週に引き続きよろづ湯への誘惑絶ち難く、ライブ前に身を清めるべく?一風呂浴びてから行く事に。誰か知っている人が来るかと思っていたら、案の定後からさいたまの江上さんも入って来て裸のご挨拶。
外はあいにくの雨模様であったが、湯上りの気持ち良さに任せてお店に行き店内奥の舞台(はないけれど)間近、ちょうど森香さんの真ん前を陣取ってのろならではの超至近距離生音ライブを楽しむ。

いつもは歩ちゃんとの女性2人のデュオ&ギター宮本さんでライブをするナツメグは、歩ちゃんが出産直後でお休みの為、この夜は舞ちゃんのソロボーカル&ギター宮本さんでのレアなライブであった。
以前にも書いたかもしれないが、ぼくはナツメグのファンである。忘れもしない2011年の吉祥寺音楽祭、駅前バスロータリースーパーステージを長女を連れて初めて観に行ったぼくは、ステージの上で唄うナツメグの歌とサウンドとパフォーマンスにシビレタ。
真っ直ぐ届く慈愛に満ちた声と宮本さんの弾くアコースティックギターの音。なによりお客さんとの親密な空気。のろへ呑みに通い出しライブをさせてもらい出したばかりのぼくにとって、その日以来ナツメグはまさに吉祥寺を象徴するグループとなり憧れとなった。

めったにないソロライブということで、舞ちゃん自身は「緊張した」ということだったが、聴いているこちらはやはりナツメグならではの慈愛の声とサウンド(宮本さんのキラキラ鳴るギターを生でたっぷり聴ける幸せよ!)に、風呂上りのぼくは銭湯のマッサージ機など目じゃないくらいに気持ち良くなってしまった。身体と心のコリがばっちりほぐれた。なにせ声もギターもすべて生音ののろライブ、あらためて生音ってなんと安心する音なんだろうと思えた。ぼくらも生音でライブをすることは何度もあるけれど、のろの独特な親密空間は確かにやる側はあまりに近すぎてなかなかに緊張するけれど、聴く側のくつろぎ感はちょっと他では味わえない。

ナツメグとはもう何度もジョイントしている森香さんは、名古屋を拠点に1年のほとんどをうたと旅の暮らしをされているまさに旅のうた唄い。舞ちゃんが「歌の光景だけでなく匂いまで伝わる」と評した通り、聴く者を歌の世界にしっかり連れて行ってくれるうた唄いであった。ご自身大好きだと言うカレーのことを唄った歌ではまさに美味そうなカレーの匂いが立ち込める(お手製のカレー粉も販売されていた)。しかも、森さんは大学時代のぼくらの後輩にあたる愛知県在住の女性シンガーNちゃんと共演されたこともあり(NちゃんのFBで知った)、なんともうれしいご縁も感じた。吉祥寺でファンになったナツメグを通して森香さんを知り、愛知県時代の後輩とも繋がる。やはり歌とは人を出会わせ続けるものなのだろうか。これだから歌はやめられない。ナツメグも森香さんも愛知のNちゃんもそうだろう。

さぁ、ステキなライブですっかりコリをほぐした後の30日は、アタシら(五十嵐、森田、梅田)の3人ソウブラのろライブで倍返しだ~!(って古い?)

今宵のBGMは、久々にハマってます。スティッフ・リトル・フィンガーズ82年発表の4枚目のアルバム「ナウ・&ゼン」。
BG酒はキリン澄みきりでした。では、明日は吉祥寺のろライブでロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-09