周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新曲「ボール&チェイン」 

2017/08/17
Thu. 22:24

ボール&チェイン
詞 曲 五十嵐正史

まるで心に錐を突き立てられるような日々
いつまでそうして試され続ける?
試しているのは自分? それとも君?
時代が世間が 住みにくい人の世が

越えたはずの壁 抜け出したはずの轍
でも今俺はまた 捕まってしまった
またあの鎖が絡みつく
またあの鎖が絡みつく

救いを求めるように言葉の海をさまよう
この世に片付くものなどなく起こった事はいつまでも続く
それを受け容れる? それを拒む?
それでも日が昇り沈む 自然の端っこで

越えたはずの壁 抜け出したはずの轍
でも今俺はまた 捕まってしまった
またあの鎖が絡みつく
またあの鎖が絡みつく

周りがあまりに激しく変わって行く中で
つつましい場所でさりげなく居ることは難しい
解放の言葉が 実現を迫る
一日も早く一つでも多く 掴み取れと

それは越えたはずの壁 それは抜け出したはずの轍
でも今俺はまた 捕まってしまった
またあの鎖が絡みつく
またあの鎖が絡みつく

またあの鎖が絡みつく
またあの鎖が絡みつく


夏休み前に1番だけ出来ていた歌詞を、敗戦の日に一気に2番3番を書いて完成させた。
タイトルはジャニスの代表曲と同じだけれど、曲調は割と明るくヴァン・モリソンのアルバム「トゥー・ロング・イン・イグザイル」に収録されている方の“ボール&チェイン”が下敷きになっている。でも、ジャニスの映画を観たことにも影響されているかも…。それと夏目漱石。
内容は日々の実感そのもの。ぼくはそれしか書けない。物語も書けないなぁ。ホンと実感しか書けないなぁ。だから書けなくなることもないのかもしれない…生きている限り実感し続けているのだから。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-08