周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ782 

2017/04/12
Wed. 23:18

今日は昼から、利用者氏と共に電車で1時間以上かけて東京西部某市の精神障害者グループホームの見学に行く。

わけあってアパート単身生活が不可能となり、期限までにグループホームへの入居を試みるが大田区内はもちろん23区で空いている所はほとんど無く、また入居条件がえらいキビシイ所もあったりして探して探して思えば遠くへ来たもんだとなった(個人的に自宅からは東京西部多摩地域の方が大田区に出るより近かったりもする)。

武蔵某駅で生活福祉課のケースワーカーさんと待ち合わせ、駅からほど近いグループホームへ無事着いて世話人さんと管理責任者のお二人から話を伺ったのだが、電話やFAXでやりとりしていた世話人さんのどこかゆるく優しそうな印象と内容とは真逆に、管理責任者氏はグイグイと見学者である我が利用者氏の生活上“出来ない点”をことさらに取り上げて「それは困るなぁ」「それはだめですね」とダメ出しし続ける。挙句になぜわざわざ大田区からこの西部某市に来ようとするのか?と、賞味90分かけて赴いたこちらを半ば呆れたような非難めいた口調で問う。もちろんアタシは黙ってはいない。一々反論して唸らせこちらの意図と本人の希望を伝えると、黙りこくった世話人氏を置いてきぼりにして管理責任者氏の話は次第に、自立支援法以降の障害者福祉の流れの所為でいかにグループホーム経営が割に合わないつまらない商売であるかという愚痴へと変わり、果ては精神障害者の地域生活定着支援が形と号令ばかりの実の伴わないものであるとの愚痴以上政策批判未満の話まで私にし出した。利用者氏は黙ってトイレを我慢していたようだが、アタシも一部共感はするものの直にこの人たちがくたびれきっていることが良く分かって来た。割に合わないグループホーム稼業を継続するには、割に合わない仕事量を増やすことのない無難なしっかりした、しかもすぐ近くにあるそこがやはり経営する就労継続B型事業所に10分でも30分でも良いから月曜から金曜まで毎日顔を出してくれる人でないと入居させないとおっしゃる。「毎日顔出してもらって安否確認したいから」とのことだが喉まで出かかった「嘘コケ!1日分の利用報酬が欲しいからだろ!」を呑みこんで何とも悲しい気持ちになった。

この団体は元々ぼくの働く施設と同じ頃、東京の南部と西部で当時としては珍しかった「働かないゆるい作業所」としてスタートしたのだった。ぼくがまだ知多半島に居た頃、職員募集を取り寄せぼくは今働いている所とここのどちらにしようかと迷った覚えがある所なのだ。この管理者氏はおそらくその当時から働き続けているもはや唯一の職員ではないだろうか?キャリアも年齢もぼくと同じくらいであるだろう。しかし、こんな対応を見学者や利用者、同僚たちにしていたらちょっとあまり良い信頼関係は築けないのではとぼくはおせっかいにも思ってしまう。こんなにくたびれてまで、でももう後には引けず何とか(経営を)やり続けている。これが障害者福祉の、地域生活定着支援の現実だ。おそらくこういう所は多いはずだろう。これもまた障害者自立支援法が福祉を殺した後の光景の一つなのだ。

同行してくれたまだ3年目という若いケースワーカー氏は、こういう現場が初めてだったことをぼくに告げつつ、とても誠意溢れる態度で生活福祉で利用出来そうな社会資源をこちらも当たってみたいと言ってくれ、今後の連携強化を確認し合えた。こういう一人の仕事人との出会いと繋がり、当事者を交えた共同作業こそが地域生活支援だ。しょうもない形だけの官民共同の協議会など延々と続けているより現場でのガチンコ共同作業だ。それを再認識させてもらっただけでもここまで来た甲斐はあったのか?
それにしても、利用者氏は良くこらえ頑張ってくれた。これまでの生活環境と治療環境を捨てる一大決心をして、新天地での生活をおぼろげながら夢見ていたのにこれではキレても仕方ないと途中から覚悟したが、利用者氏は最後までジェントルマンであった。

帰りまた蒲田まで戻る道のりはとっても長くくたびれたが、小さなでもリアルな現場をまた一つ知ることで、辺見庸氏が語るところの、そのリアルな現場の低い視点から世界を見上げ正確に捉える事が出来た経験の一つになったという思いは残った。
けれど、管理責任者氏にぼくは特に悪い印象は抱かなかった。むしろ、その率直さ開けっぴろげさには好もしさを感じたくらい。一度酒でも呑んで話してみたいとさえ思ったが、向こうが迷惑かも知れない。

今宵のBGMは、豊田勇造師匠不朽の大名盤正真正銘ジャマイカ録音のレゲエアルバム「血を越えて愛し合えたら」。
今夜の様な気分でこれを聴くのは最高の癒しとエネルギーになります。
先日山崎のカンチ兄貴から今年の高槻南風楽天ライブのステキなチラシが届き、そろそろ関西の友人たちに送ろうとあらためてカンチ兄貴の手による招き猫イラストのチラシを見れば、“廃炉LIVEvol.6俺たちが招いたこと 俺たちが招くこと”のフレーズにグッと来る。良いテーマだ。今日のこともそうだけれど、明らかに俺たちが招いたことで俺たちはアップアップしている。でもまだ俺たちには「招く」作業が残っている。アップアップしているだけでは何にも招けやしない。5月27日は果たしてソウブラと鼻炎トリオで何を招くことが出来るか、今から楽しみでならない。カンチ兄貴、ナイスセンス!

BGドリンクはレモンのアロマオイルを1滴足らした水でした。では、15日は大森スペースCでロケンロール!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-04