周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

「今日の~仕事は辛かった~♪」そんな一節が口から出るのも当然。

土日と2日間濃くて熱いライブ(ライブはいつも熱いのですが)をやりきって翌日の仕事、楽なわけありません。職場に行くだけで大変。それでも午前中は前日の勢いが残っていて何とか行けます。けれど、午後からは弁当食ってもどんどんエネルギーが自分の身体から抜けて行くのを感じ、電話相談でも頭が朦朧として来て言葉が出にくくなったり呂律が怪しくなったりするのを誤魔化しながら懸命に今日一日を駆け抜けました。帰り道頭に浮かぶのは、そう、晩酌&夕飯後のあの大好きな布団に潜り込む仮眠の一時ばかりなり。

それでも、昨夜の吉祥寺のろは、いつもよりちょっと早めに切り上げてAM1:00過ぎには床に就いたのですが、やはり歳なのかもともとある方じゃない回復力は確実に落ちているのを隠せない今日この頃。それでも25日のスペースCライブに来てくれた施設利用者氏や同世代の同僚からは、「タフですね~」と言われる。確かに俗に言う二足の草鞋を履くには、単純に一足だけの人の倍動かなきゃいけない(そして休みはなくなる)わけだからスタミナも倍ないといけない。まぁ、どちらかと言うとタフなのかもしれない。でも二足以上は絶対履けない。絶対履きたくない。文章を書くのはアタシの場合道楽であり、ガス抜きであり毒吐き(?)。

25日の今年初のスペースCワンマンは、ライブが連続している中だったので集客が心配だったが、スペースCライブを楽しみにしてくれているお客さんが10人以上(!)来てくださり盛り上がった(歌詞を覚えて一緒に唄ってくれる人が居るのもここならでは)。しかも、10年以上ぶりにスペースCに来てくれた中学校の同級生Eも来てくれて(このブログにリンク貼ってあるソウブラの“グローカル・ア・ゴー・ゴー”“狭量と独善”をカバーしてくれた友人)、燃えた。ぼくにギターを教えてくれ、高校時代のパンクバンドでも一緒にやったことのある彼に、現在のソウブラを観てもらえるのはうれしい限り。音のバランスが良かったことと、アタシのMCも誉めてもらいました。なにせ、高校時代はMCなんかほとんどなかったので。

21年目を迎えたスペースCも、この日はI夫妻の夫の方が体調悪い中2人で切り盛りしてくれたが、ぼくがくたびれて来ているくらいなのだから、ぼくより20歳上のI夫妻はもっとくたびれているはず。それでも、こうしていつものように店であり地域活動支援センターⅢ型であるこの店を開け、ぼくはぼくでやはりいつものようにライブをやる。期待をされたりそれに応えられなかったりがありながら、なおもそこでいつか終わる時まであり続ける。そんな確かで熱い刹那を、歌と音楽としゃべりとメンバーとお客さんと店とで創り上げた実にステキな夜(ライブ)だった。

スペースCライブのことをこう書いたら、翌日の吉祥寺のろ支援「まめにのろくるまみむめもマラソンライブ」もまさにそんなライブ&夜であったことに気付く。吉祥寺のろに思いを寄せ、この店でまだまだ呑み喰い語り歌いたい人たちがそれぞれの思い(愛と言って良いだろう)を持ち寄って、誰はばかることなく遠慮も気兼ねもなく、それを出場者全員で思いきり解放したマラソンライブであった(初日は観ていないがそうであったと確信している)。
何だろうなぁ、両日共欲得なしにひたぶるその空間を愛を持って創る喜びばかりそこにあったことがとびきりうれしかった。そんな空間と時間に自分が身を置き関わりパフォーマンス出来ることを幸せと呼ぶしかない一時だった。そこに核となる小さな場所が在る。しつこく言うが、すべての人の要求や希望には応えられない。開き直りに聞こえるかもしれないが、それが一人の出来る事であり、その自覚の下になお小さな発信を続け扉を開けておくこと。うん、それだ。

両日ともライブの最後は「結風」を唄った。テレビで流してもらったからっていうわけばかりでもないが、この歌の意味が今また自分の中に沁みて来る。この歌を書いてちょうど10年、多作で次々に古い歌を唄わなくなるぼくには珍しく全く唄い飽きない数少ない歌の一つ。これからもこの「結風」を唄い風に乗せ続けて行きたい(たまに電波に乗るのも悪くない)。

充実の2daysライブ、ご来場のみな様、共演したミュージシャンのみな様、そして大好きなスペースCと吉祥寺のろ、ありがとうございました!

2月25日スペースCセットリスト
①ほんとうのさいはひを求めて
②ぼくらが創った夜に
③この素晴らしくない世界で
④君と同じ
⑤再会の夜に
⑥この星に日が昇る間の話
⑦グローカル・ア・ゴー・ゴー
⑧ヒマラヤ杉は知っている

⑨寄り添う暮らしの幸せで
⑩ファシスト野郎
⑪終わり始まる日のあの場所まで
⑫ないしょの話(母の歌集)
⑬命でしかないビート
⑭余計な音
⑮ヘルスよしの
⑯ONE GUITAR
~アンコール~
⑰結風

2月26日吉祥寺のろ
①この時代を往く
②新しい日々
③再会の夜に
④この星に日が昇る間の話
⑤鮪に鰯 高田渡さんのカバー
⑥ヘルスよしの
⑦結風
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-02