周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ413 

2013/12/30
Mon. 21:24

今日は朝から、NHKのあまちゃん祭りを観ながら年賀状書き。

何度も手を止めてテレビに見入ってしまうのでなかなかはかどらない。
何を隠そう、ぼくはあまちゃんで小泉今日子の若い頃を演じた有村架純という若手女優に一目ぼれしてしまい、彼女目当てで結構観ていた(回想シーンに出る人なので、毎回映るとは限らない)。

可愛さと清純さ、儚さ、裏腹な強さがムンムンしているまさにアタシ好みの女優さん(他に長澤まさみさんとかも好きである)で、今後が楽しみである(って、あんまりテレビ観ないのだけれど)。

ここ数年の我が家の年賀状は、茜の手による消しゴム版画であったが、今年は姉妹3人一緒の写真を団地内の公園で撮ったものと、手書きの干支や正月にちなんだイラストをカラーコピーして娘たちが切り貼りして作った。
せっかくデジカメ買ったのだから写真で、ということだったのだが、結局プリンターで名刺大に普通紙に印刷した3人の写真をコピーして一枚一枚糊付けしたのだから、何ともアナログな作り方である(年賀状をプリンターで印刷する方法がいまだ分からない。って言うかやる気がしない)。

娘たちに切り貼りを頼んでおいた父の分の年賀状40枚を受け取り一枚一枚書くのだが、年賀状同士がちょっと糊でくっついていたり、写真とイラストの切り方も一様でなく、それがなんだかとっても味わい深く感じて宛名を書いた一人一人のことを思って書くことが出来た。

さすがに一日中あまちゃんを観続ける気は起きず、午後は年賀状出しがてら茜と森歩き。
今年一年お世話になった森への感謝を込めて二人で歩いた。

クヌギ、コナラ、ヤマザクラ、エノキ、エゴノキ、ミズキ、クマノミズキ、イヌシデ…。ボランティアが付けたであろう手書きの木名を読みながら歩く。
ぼくの将来の夢は、もう少し暇になって時間に余裕が出来たら、地域の森林ボランティアに入ること。それが唯一ぼくが入りたい団体である。

そして森を歩きながら思ったのは、明日のこれで一たん区切りになると言われている新宿中央公園での越冬越年支援ライブのこと。歌いたい歌の事を思い、時に森で口ずさみながら今年一年だけでなくこれまでの色んな思いを込めて、けれどいつものように歌おうと、森の変わることのないリズムを感じながら自分に誓った。

毎年この大晦日の寒さ、厳しさを一時体感しその中で真正面から歌う行為が、ソウブラライブの一年の終わりであることを、うれしくありがたく誇りに思う。

今宵のBGMは、ジョニー・キャッシュの死後発表された遺作「アメリカンⅤ」。定番のシンプルな伴奏で自らの死をも客観視して淡々と深く歌い上げるジョニー翁にただただ感動。ウォーレン・ジヴォンもそうだけど、自分の最期にこんな名作を遺して逝ったミュージシャン魂に驚く。日本人でそういう人をぼくはまだ知らない。

BGドリンクは無調整豆乳でした(次女から移された風邪がなかなか治らない…)。では、明日は新宿中央公園でロケンロール!ソウブラはPM5:30からライブします!!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2013-12