周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

新宿中央公園越年支援ライブ終了! 

2015/01/01
Thu. 22:08

思ったよりは寒くなく、予報されていたにわか雨の心配も無さそうな大晦日の夕暮れ、都庁前の道をこれまで11年して来たことと同じようにギターを担ぎ充電式の大型アンプを転がし駅からの道を歩けば、「あぁ、やっぱりなかなかしんどいなぁ」といつものように思いつつも、足取りは真っ直ぐに新宿中央公園水の広場を目指す。

それでもこれまでと決定的に違うのは、今回、ぼくが勝手に大晦日ライブを新宿中央公園で敢行すると宣言してしまったことで、急きょ一日限りで開催されることになった新宿連絡会によるホームレスの人たちへの越年支援が、どのくらいの規模に縮小されて、いったいどんな風に行われるのか?それがこの日現地に行くまで分からなかったことだ。

というのも約1か月前の夜、誰も居なくなった今年の新宿中央公園をぼくはこの目で見ていて、その前から新宿連絡会が昨年で炊き出し中心の夏祭りと越年越冬支援を止め、敢えて歴史と数々の思い出が詰まった新宿中央公園という拠点を捨てて、一過性のイベントを強く打ち出し世間にアピールしようとする運動の在り方を批判的に検証し見直したことについて、ぼくは戸惑いつつも共感し賛同した上で、それでも大晦日の夜勝手に自分たちでライブをやろうという、はなはだ自分勝手な宣言の行き着いた先がどうなるのか、それの不安と期待とプレッシャーはこれまた勝手にいまだかつて味わったことのないものとしてぼくの痩せ肩にのしかかっていたのだ。

都庁を過ぎて前方に中央公園が見えると、水の止まったナイアガラの滝周辺に居るたくさんの人影がぼくの視界に入った。それは紛れもなく一見昨年までと変わらないホームレスのおっちゃんたちの集っている様子だった。ぼくは途端に視界が曇るのを自覚した。涙が瞬時にあふれて来た。この寒空の下で、お約束事としてホームレスたちが集まり炊き出しに並ぶのは決して素晴らしい事や正しい在り方じゃない。ぼくのような第3者の立場で、「黙って野垂れ死ぬな」とか「奴らにやり返せ」などの勇ましいスローガンを叫ぶ気には個人的にはどうしてもならないし、そのようなスローガンのかかる拠点に行きたいとは正直思わない(もちろん、そういう場所を否定するわけではない)。しかし、ここ新宿中央公園で静かに蠢くようにホームレスの人たちが肩を寄せ合っている場所にお邪魔して、おっちゃんたちの気持ちに添えられるかは分からないけれど、歌い演奏する行為がぼくにとって他に代えがたい重要な事だと確信をもって、ぼく自身に刻まれているのだ。考える事(自らを問う)と行動することの両方が絶対不可欠であることが、ぼくには何よりしっくり来る。

中央公園に入って、ぼくは真っ先に、いつもと同じ場所のステージ脇にある本部席に座っている新宿連絡会のKさんの所に行き、「勝手な申し出をしてしまいすいませんでした」と詫びた。新宿連絡会がどんな思いでこの拠点を捨てて、新たな運動への模索を始めたのか、そして年末の慌ただしさの中、この大晦日だけぼくの勝手な申し出をきっかけとして越年をやることにしたのか、その心中を考えるとぼくは何よりも最初に謝罪をしたかった。

でも1年ぶりにお会いしたKさんは、いつものはにかんだ笑顔で「いやいや、あなたのおかげでまたここに舞い戻っちゃったよ~」と言ってくれ、いつものようにお酒を差し入れてくれた。そうして、新宿連絡会が毎週ホームレスの人たち(仲間たち)に配布していて、年末は連日書かれているチラシをいただいた。12月31日付のこのチラシのタイトルは「一夜限りでも」。そこには、冒頭で新宿中央公園に一夜限り戻って来たことについて“一夜限りとは云え、俺らを呼び戻してくれた五十嵐正史とソウルブラザーズに感謝である”と書かれており、この公園で21年前にスタートした年末行事の事や、ぼくらがここで歌い出すちょっと前に起きた爆弾事件の事等々、本当に色々あった歴史が書かれていて、読んでいて気持ちが揺さぶられる。そして、“今回再びこの公園にもどってくるのは単なる感傷でしかない”。と書かれているのを読んだ時、ぼくは勝手に救われた気がした。次元はまったくぼくは浅はかだが、「なぜどうしてもここで歌いたいのか?」という問いに対しては、もう本当に感傷しかないのだった。あそこに静かに人が生きるために身を寄せ合い、つかの間ライブを楽しみカラオケに興じたり、酒を酌み交わしたり…そんな一時が無いのは、そんな一時を過ごせずに一年を終えてしまうのはあまりに寂しい。それが一番の気持ちなのだった。

連絡をくれたOさんとも再会し、そこでなんとこの急な呼びかけに例年ご一緒させていただいている名サックスプレーヤーの梅津和時氏も演奏しに来てくれるという!もう、ぼくはそれだけで胸いっぱいであり、何か語ろうとすれば後は涙が出て来てしまうという按配で、とにかく差し入れの日本酒をグビグビやってヘラヘラするばかり。
Kさんがマイクでこの一夜限りの越年支援の説明をするのを聞けば、当初ぼくは無謀にも無許可で勝手に公園内でライブをしようとしていたのだが(当然禁止事項)、新宿連絡会がちゃんと新宿区の許可を取って一夜この場所を使用出来るようにしてくれたことが分かった。テントはもうないけれど、吹きさらしではあるけれど、ビニールシートの上におっちゃんたちは支給された布団を敷いて被って、支給された煮込みをやそばを食べながら仲間たちと一夜を過ごせる。

そんなまったく予想外に、ぼくにとって最高にうれしくありがたく展開した大晦日、2014年37本目の最終ライブを、再会したおっちゃんたちと新宿連絡会のみなさんに聴いてもらい歌い切った。
後は梅津さんの名演を、みんなで一緒に歌詞を口ずさみながら楽しんだ。みんな自由に楽しんだ。
きっと一生忘れない2014年大晦日の夜、ぼくはこの縁に心から感謝して、この縁を大切に2015年もやって行こうと思う。

どうぞみなさん、2015年もよろしくです!今年も自由に書きまくり、歌いまくります。

今宵のBGMは、ニール・ヤングの「アメリカン・スターズン・バーズ」LP。年末年始は久しぶりにニール・ヤングにハマってます。
BG酒は菊正宗樽酒でした。ではまた2015年もロケンロール!

大晦日新宿中央公園ライブソウブラセットリスト
①ハレ
②そこからロック
③知床旅情
④アリラン 
⑤三ツ星さん 詩 竹内浩三
⑥結風
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

昨日は昼前に、娘二人の通う小学校へ家族で投票に出かけた。

行く道すがら、母ちゃんに前夜の飯浜ちゃんとの吉祥寺のろライブの報告をする。
自分で言うのも何だけれど、本当に良いライブだった。初めて顔を合わせるお互いのお客さん同士が、こじんまりとしたのろのソファーに向かい合うように、または隣り合って座ってぼくらと飯浜ちゃんのライブを最後まで楽しんでくれた。
もうそれだけでやったかいがあったし、飯浜ちゃんにとっては初めての、しかもお客さんとまったく距離の無い空間での生音生声ライブという相当なプレッシャーの中、その緊張感含めて見事彼女ならではのライブをやってくれた。

20年近い長い付き合いだけれど、お互いこんなすぐそばでお互いの歌声を聴くのは初めて。
あらためて彼女の歌力に聴き入り、ぼくらもそんな彼女の歌に応えるように自分たちのライブが出来たと思う。
特に共演した彼女の歌2曲「カラス」と「歩こう」は、今まで何度もやって来た共演のどれよりも良かったと自負している。
これまでは、飯浜ちゃんの歌をバンドアレンジに無理くりはめ込もうとして彼女の歌声を生かしきれなかったが、今回はカウントも取らず、彼女がギターを弾く間合いに合わせてそれに寄り添って伴走して行くように音を合わせた。
なので、最後まで彼女の歌をしっかり聴きながら一緒に演奏することが出来た。

でも、今回のジョイントライブが良かったのは、それをのろでやったことに尽きる。
マスターの加藤さんは、飯浜の歌を聴いて「初めてここでやった気がしない」と言ってくれた。歌う者の歌に向かう姿勢や歌心を大事にしてくれる加藤さんの所以外に、このジョイントライブはあり得なかった。のろに何より感謝である(のろのブログに加藤さんもライブの事書いてくれています)。

そんなこんなを母ちゃんと話し、時折息子とライダーごっこをしながら学校に行き投票を済ませた。
ぼくは政治も選挙も嫌いだけれど投票に行くのは割と好きだ(何だか論理矛盾)。たかが一票だが、投票用紙に記入して投票箱に入れる時、いつもほんの少しだけドヤ顔になっているような気分になる。結果は毎回クソッタレだけれど、「俺は少数派だ!文句あっかコノヤロー!」って気分のいつもドヤ顔なのだ。そう、勝ち負けじゃない、アタシにとって投票はあくまで意志表示、それ以上でも以下でもない。多数決の論理に則って、戦略的に勝ち馬に乗ろうなんていうみみっちい投票はしません(そういう意味で、沖縄の選挙勝利は個々の意志表示が、選挙戦略を軽く飛び越えた証しとぼくは解釈する。オール沖縄の党派共闘のみをヤマトがただ戦略的に模倣しようとすれば、また細川の二の舞になるだけだろう。オール沖縄は最初に戦略などを飛び越す、後は表示を待つばかりの多くの已むに已まれぬ意志があって、それに押されて生まれたはず。それをぼくは沖縄からの便りで実感している)。

こうして今年36本目のライブが終わった。これで、月平均3本ライブをやりながら一年を過ごしたことになる。
そして大晦日、新宿中央公園で正式にやることが、ぼくらだけでなく大晦日の越年支援と共にやれることが決まった。
今年37本目ラストライブは、新宿中央公園です!

今宵のBGMは、サン・ヴォルトリーダーのジェイ・ファーラー2003年発表の「テラー・ブルーズ」。
イラク戦争に突き進むブッシュ時代のアメリカの生き辛さや気だるさ、その社会にも音楽がブルーズとして個人を救い得ることを、混沌の中に伝えてくれる気がする(輸入盤なので歌詞の意味は良く分からない)味わい深いアルバム。
ああ、来日しないかなぁ…。

BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!

吉祥寺のろ年忘れライブソウブラセットリスト
①ハレ
②まだ見ぬ兆しを待ちながら
③東京 詩 竹内浩三
④しかられて 詩 竹内浩三
⑤ワン・ギター
⑥デモクラシ
⑦日本が見えない 詩 竹内浩三
⑧三ツ星さん 詩 竹内浩三 w前田悠平
⑨ゴールウェイ・ガール w前田悠平
⑩見えない川 w飯浜ゆきこ
~アンコール~
⑪ひたぶるにただ 詩 竹内浩三




[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

ロケンロールライフ516 

2014/12/02
Tue. 22:56

初めて会ったY係長は、決して感じの悪い人じゃない。どちらかと言えば腰が低く丁寧な物腰。しかし、開口一番「指導検査の内容については、第3者に対して詳しくは明かせないことになっていることと、くれぐれもこれからお話する内容については公開しないようお願いいたします」と言われて、残念ながらぼくは即座に反論せねばならなかった。

「10月20日にN課長たちが私の許に謝罪に訪れた際、徹底的に調査した結果については、何らかの形で私にも報告いただくことを約束してもらった。私には情報提供者に対して説明責任がある。なので、詳細まで分かるように報告していただきたい」と、区役所のこれまで何度か訪れている障害福祉課の室内の、課長の机のすぐ隣の小さな机に、顔を突き合わせるようにしてY係長と並んで座りながら、ぼくは先日褒められたばかりの通る生声で、おそらく課内中に響き渡っているくらいのボリュームで話した。

Y係長は、どぎまぎしながら小声で自分は詳しいいきさつを聞かされていない事を何度も前置きしながら、私に寄せられた某社福法人の補助金不正流用とそこの運営管理のずさんさの訴えに対して、約束した徹底的な調査結果について話し出した。
それは、あくまで通常の指導検査であり、区の権限で疑いを持って突っ込んだ調査までは出来なかったことと、その普通の指導検査の範囲では特におかしな流用は見つけられなかったという報告内容であり、それはどこまでも人をバカにした、大田区との癒着団体である某社福法人をかばう揺るぎない大田区行政側の姿勢そのものであった。

ぼくは、その某社福法人で働くある人から相談という形で、自分の働くその法人の会計がメチャクチャで、本来使うべき事業のお金を別の事業に回したりするのが日常茶飯事であることを聞いた。ちゃんとやってほしいと上司や法人役員に訴えても聞く耳持たずで、悩みつつ色々調べていたらぼくのブログに行き着いたという。

ぼくはその人の言うことはもっともだと思い、出来得る限りで力を貸すことを約した。そして流用の動かぬ事実を確信した段階で、ある人を通じて区に内々の調査を依頼した。ぼくの職場も含む管轄である障害福祉課は最初から避けた。と言うのは、某社会福祉法人はそこからの天下りが作った法人であり以前から癒着していることは周知の事実であったからだ。

ところが、その内々の話があっさり障害福祉課に漏れ、そこのN課長がそれを知るやすぐに、某社福法人の天下り事務局長を役所に呼びつけて「内部告発者が居るから調査するよう」情報を漏えいしてしまったのだ。
そしてすぐさま始まったのが、その法人内での犯人捜しであり、驚いた相談者からその事実を知ったぼくはなぜ漏えいされたのかさっぱり分からないまま、ある人に区への確認を依頼し、結果その日の内に漏えいした課長を含めてさらにその上の課長までがぼくの職場にまでやって来て、公益通報者であるぼくの相談者を危険な状況に追い詰めたことと、守秘義務を破ってこともあろうに不正を疑われている張本人に情報を流したことに対して、平身低頭謝ったのだった。
そこでぼくは、癒着している障害福祉課から、不正の疑われる社福法人事務局長にきつく犯人捜しを止めることと、早急に事実調査に入ることを、その際には癒着が疑われる障害福祉課が入るのではなく、区の別の機関が入ることを、約束してもらったのだった。

それが、10月20日のこと。それから一月以上経っての結果報告が、何と結局癒着バリバリの障害福祉課による、普通の調査で終わらせられてしまい、最初に書いたようにY係長から逆にぼくが詳細は守秘義務で教えられないことや、公開禁止を言い渡されてしまったわけなのだ(こうして公開してるけど)。これが役所の世界、さらに政治世界であることは百も承知であるが、だからと言って許せることじゃない。

結局約50分に渡り、ぼくは響く声でY係長と途中から参加したN課長に反論し続け、疑惑がなんら晴れていない事を伝え、そもそも障害福祉課では話にならないのだから、住民監査請求の出来る監査事務局等他のあらゆる手段を今後考えると伝えた。それは脅しと言えば脅しかもしれない。が、ぼくにとっては当然の抵抗であった。

頭をフル回転させたせいか、ヘトヘトになって帰宅したところ、長女が算数の宿題を教えてくれと来て、分数式とイコールになった比のXを求める計算がまったく出来なかった。「俺にそんなこと聞くな!分かんないなら先生に聞け!」と久しぶりに娘を叱ってしまった。

今宵のBGMはザ・ウォーターボーイズの6枚組「フィッシャーマンズ・ボックス」の6枚目。かつてぼくも訳した“ストレンジ・ボート”に癒される。まったく、まるでみんなでおかしな船に乗り込んでとんでもない岸辺を目指しているような世の中だ。

BG酒はホワイトハイボールでした。ではまた、ロケンロール!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

朝布団から何とか這いずるように起き上がり、台所で茶をすすっていると、母ちゃんが「ここのところ、ライブ明けで仕事の週が続いてるわね」と声をかけて来る。「うむ。しかし、これで一段落ついた」と応えてさらに朝の茶(ほうじ茶)をすする。3週間連続した休日の2デイズライブが、昨夜の三鷹のコーヒー&カレー「草のみ」さんでのSaSaさん版画個展エンディングパーティーライブで終わったのだ。

我ながら大きく体調を崩すことなく無事やり終えたことに、まずはホッとする。
そしてこの連続ライブを通して、いまだ自分としては手探りながらも、竹内浩三の詩と自分の歌を一つのライブの中で歌って行くという試みが、少なくとも観る側に違和感なく自然に受け止められて来ている感触を得た。

何よりうれしいのが、ぼくのライブを通して竹内浩三という人間に興味を持ってくれる人が居て、彼の詩に現代を生きる者として共感を寄せてくれることだ。不思議なことだが、自分の歌を気に入ってもらえる以上にそのことがうれしい。
CDを作っただけでなく、ぼくは竹内浩三を歌うことを通して、いったい何を求め目指しているのだろうか?今はただ彼と共に、彼の詩と共に在ってこの時代を生きて行きたいという思いだ。

29日は、9名のお客さんであったが、ようやく実現したスペースCでの発売記念ライブを心待ちにしてくれた人を前に、竹内浩三詩とぼくの歌をほぼ交互に歌った。
30日は、ジャケット版画を彫ってくれたソウブラGMでもSaSaさんこと、あるぽらんマスター佐々木さんの個展最終日で、三鷹草のみさんの店内ぐるりに飾られたSaSaさんの版画に囲まれて、小林直樹君と生音ライブをやった。
さすがはSaSaさんで、あるぽらんの常連を中心に店内は満員となり、熱気の中で思いきり歌い演奏することが出来た。

昨夜歌って自分でもあらためて思ったのは、喫茶店のようなスペースでは、生声生ギターでちょうど良いのではということ。ぼくのボーカルだけでなく、梅ちゃんのコーラスも昨夜生声でとっても評判が良かったし、歌ってい良い感じで二人の声が響いているのが自分でも分かった。

ベースやエレキギターを少し抑え目にすれば、今後はスペースCとかでも生音で良いかもしれない(昨夜はアンプを通した楽器と生音とのバランスも好評であった)。
駆け付けてくれたワンラブ高江のSちゃんに生声を褒められて「五十嵐さん、親に感謝した方が良いですよ!」と言われた。確かに、何事も不器用でお腹も弱くて運動音痴で、神経も何となく細いアタシだけれど、喉だけは、声だけはどんだけ叫んでもつぶれずに(ごく稀につぶしますが)、自分の声で頭骸骨がしびれるのを感じながら歌うことが出来る。おふくろも親父もそんなに声を張り上げる人じゃないけれど、誰に似たのか知らんがこれだけはホンと感謝です。

どっしりと地に足を付けて、確かな自分の培ったリズムでギターを掻き鳴らし歌う小林君との二度目の共演もとってもうれしくて、彼と初めてゆっくり話すことが出来た。彼はとにかく良い男である。また一緒にライブがしたい。

そんなこんなでヘロヘロで出勤したが、心は折れていなかったので、夕方とんでもない事実を知らされてもしっかり受け止められた。明日、テッテ的に大田区と闘うつもり。

11月29日スペースCワンマンライブセットリスト
一部
①あきらめろと云うが 詩 竹内浩三
②夜長
③三ツ星さん 詩 竹内浩三
④ほんたうのさいはひを求めて
⑤日本が見えない 詩 竹内浩三
⑥デモクラシ
⑦骨のうたう 詩 竹内浩三
⑧再会の夜に
二部
⑨放尿 詩 竹内浩三
⑩そして縁が残る 新曲ソロ
⑪この国の子ども
⑫鈍走歌 
⑬この星に日が昇る間の話
⑭廃炉!
⑮望郷 詩 竹内浩三
⑯ONE GUITAR
⑰ひたぶるにただ 詩 竹内浩三
~アンコール~
⑱暮らしという名のラブソング

11月30日三鷹“草のみ”ライブソウブラセットリスト
一部
①ONE GUITAR
②日本が見えない 詩 竹内浩三
③あきらめろと云うが 詩 竹内浩三
④三ツ星さん w前田悠平(ティンホイッスル)
⑤ぼくらが創った夜に(劇団チャリカルキの女優菅野さおりさんが来てくれたので、急きょ歌いました)
二部
⑥(全員で、草のみのオーナーのお母さんに向けて)ハッピーバースデー
⑦残された場所で
⑧普通の暮らし
⑨この星に日が昇る間の話
⑩望郷 詩 竹内浩三
⑪ゴールウェイ・ガール w前田悠平(ティンホイッスル)
⑫廃炉! w小林直樹
~アンコール~
⑬ひたぶるにただ 詩 竹内浩三

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

夏に続いて、ワンラブ高江さんの企画イベントでライブさせてもらった。

それにしても彼女(彼ら)たちの企画力と行動力にはいつも脱帽する。彼女(彼ら)たちは、一歩一歩確実に、けれど視野をいつも広げて歩き続けている。出不精のおっさんにはとても真似出来ないが、歌いに行くことだけは自信持って出来る。だから彼女(彼ら)たちから声がかかれば、GM佐々木さんと共にソウブラも軽やかにとは行かなくても必ず歌いに出かけるのだ。

今回のメインテーマである、92年に米軍基地を撤退させたフィリピンから学ぶというのは、文字通りそのフィリピン民主化運動の渦中を生きけん引してきた一人である弁護士のコラソン・ファブロスさんのお話を直接聞くというもので、それ自体良く企画実現出来たなぁと感心してしまう。
しかもコラソンさんとワンラブ高江との絆がすでにしっかり出来ていることが、その友好な雰囲気から話を聞く前からビンビン伝わって来る。
そしてイベントでは、彼らの真骨頂である親しみやすいグッズ販売と高江産の素材を使ったお馴染み阿佐ヶ谷イネルさんの料理に、コラソンさんの娘さんであるマラヤさんお手製のスープも楽しめる。もちろん会場である高円寺パンデットのバーカウンターでお酒も飲める(ここがまた実に興味深いイベントをやっているので、HP要チェック)。毎回参加して思うけれど、衣食住という普通の生活の中に活動が自然に共存しているということを、おそらく意識的に彼女(彼ら)たちは大切にしながらやっている。

そんな中で、コラソンさんが語るフィリピンの話はまずぼくに遠い記憶をいくつもよみがえらせた。
子どもの頃テレビのニュースで観たマニラ空港でのベニグノ・アキノ氏暗殺の光景に、その妻であったコラソン・アキノ大統領の就任と革命。92年の米軍撤退のことは、当時共産党員だったぼくは赤旗紙上で熱狂的に報じられていたことを良く覚えている。
激動の時代について語るコラソンさんの語り口は、闘士のそれではなく、優しい近所のおばちゃんのようでもあり、それでいて声には力がみなぎっており、米軍基地は撤退させたものの、現在新協定によりフィリピンで演習をし滞在する米軍の現実や、民主化憲法に盛り込みたかった原子力発電からの撤退等まだ道半ばであること、なにより沖縄の現状に対する憂いと沖縄の米軍基地撤退に寄せる熱い思いは、まだまだ現在進行形で燃え上がっていることを伝えて余りあった。

フィリピンの話で特に興味深く聞いたのは、他勢力との共闘の苦労話。絶対に相容れない相手と喫緊に突破すべき一点に絞って共闘した苦労は、まさにその一点に絞って共闘するということが重要である(つまり、それ以外はハッキリ共闘しない)と聴いていて感じた。自分たちの独立性を守って共闘しなければ結局ぶれてしまう。日本がまさにそれだ。

そんなコラソンさんの素晴らしい話に影響を受けてのソウブラライブ。実はアタシ前日多摩川べりのたぬきやで飲み過ぎて二日酔いに下痢という自業自得のひどい状態だったのですが、コラソンさんとワンラブ高江のみんなに元気をもらって熱く歌えました。やっぱり、イベントの中で歌うというのはそのイベントの熱、雰囲気、志に思い切り影響受けてやるからこそ面白い。どこでもいつものライブなんてつまらない。影響受けて、それを倍返し(じゃなくても良いけど)する化学反応こそが面白い。

ライブ中に、ワンラブの人たちと共にノリノリで踊るコラソンさんやマラヤさんの軽やかさがまた素敵だった。
ライブ後はがっちり握手して記念撮影して、再会を約した。コラソンさんの話へのお礼が出来たのなら何よりだった。

ワンラブ高江のみんな、これからもよろしくね!

11.24ONE LOVE高江 基地はなくせる!?STUDYフィリピン編ライブ ソウブラセットリスト
①ONE GUITAR
②普通の暮らし
③歩け 詩 西原裕美
④日本が見えない 詩 竹内浩三
⑤三ツ星さん 詩 竹内浩三
⑥廃炉!
~アンコール~
⑦残された場所で

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-11