周辺暮らしのロケンロール

関東を中心に活動中のごちゃまぜロックバンド、五十嵐正史とソウルブラザーズの公式ブログ

ロケンロールライフ774 

2017/03/23
Thu. 23:18

今年も何とも落ち着かない春だ。

仕事の実務はもう慣れたものであるし、そもそも辞めない限り異動のない職場であるから代わり映えもしないのだが、精神障害を抱えた人たちはこの季節が苦手な人が多く心の調子を崩しやすい(不穏な感じになる人多し)。突然何かを辞めたり辞めようとしたり、何かを始めたり始めようとしたりと、それにつられてこちらも右往左往してまぁ忙しい。その多くがどうにも現実的算段を度外視しているので見ていて聞いていて当然ストレス溜まる(いつもか)。

そんなこの時期のぼくは、たいてい1992年の春、知多半島で暮らした最後の1年を思い出しては逃避するのが常であったのだが(人間関係の煩わしさは今と比べてなんとも可愛いモノで、その代わり何者でもない工場フリーター、敷地に菜の花が咲くボロアパートで歌を書き、名古屋の路上で自由に唄いすぐに挫折することになる共産党員をしていた)、今春はなぜかその翌年、1993年今の職場で働き出した春を思い出している。しかし、およそその思い出ぽろぽろで逃避など出来やしない。辛くなるばかりである。

今の職場から、一刻も早く働きに来てほしいと乞われたぼくは、早々に知多半島のボロアパートを畳んで3月半ばから右も左も分からない東京で働き出した。ぼくが乞われた理由は、当時の初代所長がうつを発症し職場に出て来れなくなったからであり、他には同い年だけれどぼくより1年早くここで働き出した女性と、助っ人の非常勤の大学生だけであった。そんな無認可共同作業所に突然飛び込んだぼくは、知的障害者の作業所で2年非常勤した経験はあったものの、精神障害については何も知らないも同然であった。もちろん大学の授業はほとんど出なかったのだから勉強などしてません。大学の通りで夜な夜な歌っていただけ。

ここまで思い出しただけでゾッとする。良くやったとか当時(23歳)の自分を労う気も起こりやしない。無謀である。バカである。世の中なめている(そういう意味では利用者氏たちのことを言えた義理ではない)。挙句の果てに1年先輩の同い年の女性はすぐ辞めるという話になり、ぼくは現場を仕切るようになって3年目には正式に所長になる。あぁ怖ろしいことよ。とんでもない話だ。とにもかくにもいろいろあってここまで来たが、はっきり言ってこれまで嫌なことばかりだ。おぞましい思い出ばかり。自分の仕事の稚拙さ失敗の連続に腹が立つし、そんな自分を誰も助けてくれなかったことに腹が立つ(自業自得かもしれん)。しかし良く生きて来たし、あんな無知な若造が多くの精神障害者である利用者氏たちとガチンコを繰り返して来て、良く犯罪を犯さずに来たものだ。不思議なことだが、許せない人間は何人も居たし(相手にしてもそうだろう)現在も居るが、植松のような思想はその萌芽も感じたことはない。自分が逃げ出したいとは何度も思ったし(実際母ちゃんに本気で夜逃げを相談したことがある)今も思うが、どうにもこの世界に共に在る現実を力づくで変えようとか一方を消し去るとかまで思ったことはない。強い暴力衝動を抑えがたくみんなが帰った後、職場のソファーを怒鳴りながらボコボコ殴ったり蹴ったりしたことも一度ではない。20代後半までは悔しさが高じるとブロック塀等を血が出るまで殴る癖があった。とにかく悔しくてならないことが多かった。

と、ここまで書いて思い至る。ぼくがたくさん歌を書くのは自分自身を鎮め治療するためでもあるのだ。明らかにぼくはぼく自身の為に歌を書いてきた。書かなければメロディーに乗せなければぼくはどうにもやりきれずやって行けなくなってしまうからだ。よく狂気を歌や作品にするという話も聞くが、ぼくはやはりその逆で狂わないために書いている。魂を鎮めるために書いている。共に在る現実を受け容れその世界を少しでも良くするために書いている。これだけ歌を書くペースが落ちないということは、逆に言えばいつも心の危機を感じているということなのかもしれない。余裕はいくつになっても持てそうにない。けれどいつだって「いつまでもやるものではない」とこの仕事のことを思っている。この仕事と心中は絶対しない。ただ無責任なことだけはしたくない(と思うから結局辞められない無間地獄)。

「こんなぼくが生きている」

仕事帰りの駅へ続く坂道を
疲れたぼくがとぼとぼ歩く
相変わらず悩み迷い続けるぼくが
今東京をとぼとぼ歩く

少し分かりかけた1日が過ぎて
分からないことだらけの明日がまた始まる

こんなぼくが生きている なんでなんだと生きている
こんなぼくが生きている だめだだめだと生きている

これは忘れもしない93年4月、知多半島からやって来て初めて書いた歌の1番の歌詞。今でも歌詞を覚えていてこうやってすぐ書けるしもちろん歌える。その年の7月にはこの歌のタイトルで東京初ライブをやったのだが、あんな過酷な惨憺たる職場の状況でよくもまぁライブをやったものだと思うし、今ならとうてい出来ない。やっぱり治療だったのだろう。ライブをしなければぼくは危なかったのだろう。

何だかぐちぐちと嫌なことを思い出し書いてしまった。書き捨て御免!
さぁ、明日の夜は月一度のご褒美のろ呑みですよ~。やっぱ20代の時より断然今の方が幸せ感じて生きてるわ。

今宵のBGMは、豊田勇造ファンクラブ会長から贈られしチャック・ベリーのベスト盤CD。
BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ロケンロールライフ773 

2017/03/14
Tue. 23:44

今日は午後から会議で某庁舎に出張し、終了後は最近またCMでよく歌が流れている“さくら坂”を下って帰る。
流れよく終えた会議は、医療観察法対象の方の地域生活支援の件であったが(このことについては、どこかでちゃんと私見を書きたいと思っている)、地域移行支援だの地域定着支援だのを請け負い銭をもらっている区内最大規模の精神保健福祉関係社福法人はこの会議をすっぽかした。前からそうではあるが、彼らの仕事のええかげんさは最近度を越している。法人を立ち上げた大田区からの天下り氏のええかげんさを、わざわざみんなで継承しているのだろうか?それとも飼い犬はやはり飼い主に似てしまうのか?誰も言わないのなら俺が言ってやる。

さくら坂をゆっくり下りながら、俺にはあんな歌は逆立ちしても書けんなぁと思う。
だいたいああいう歌をどんな顔して唄ったら良いのか見当もつかない。照れとかそんな話でなく、とても真面目にはああいう歌を唄えそうにない。

時間がいつもより早かったので、久しぶりに登戸駅の本屋に寄ってみたら、驚いたことに“小田急線沿線で最近よく売れてます”とポップが付いて「日本の謀略機関 陸軍登戸研究所」木下健蔵著(文芸社)が店頭に平積みされているではないか!しかももう数冊しか残っていない(元々入荷が少ないのかもしれないが)。
文芸社と言う聞き慣れない出版社の、450ページ近くもある文庫本は、緊急出版されたらしい金正男暗殺本の隣で堂々とその存在感を放っていた。それにしても、「最近よく売れてます」っていかにも女子が書いたと思われるカワユイ文字がどうにも不釣り合いなのだが、先日の登戸研究所で働いていた方の証言会の盛況ぶりを体感した者としては(資料館見学説明会もけっこう人気でよく予約でいっぱいになっている)、この国では珍しい日本の加害責任を問う登戸研究所資料館の存在と事実から、今の時代を生きて行く方途を探ろうと考える人が増えているのもさもありなんという気もする。もはや加害の歴史を問いそこから学ぶことなしには、他者とほんとうのさいはいを求めて生きて行くことなど出来はしないと、この時代は、現在起きている問題たちは白状しているように思えてならない。

「日本の謀略機関 登戸研究所」は実際読み応えマンチクリンの名著です。これだけ中身充実で900円はお得だと思う。某文学賞候補者の何とかの騎士団だとかという本を徹夜までして歓喜しながら発売日に買うよりは、こちらを読むべきでしょう。小田急沿線の本屋にはけっこう置いてあるのかしら?アタシは明治大学内の書籍(丸善)で買いました。

団地に帰ると、母ちゃんから朗読劇の仲間の間でぼくの書いた歌「ヒマラヤ杉は知っている」の評判が良いことを聞いて晩酌が美味い。元々この歌はアルバムに入れる予定はなく、CD-Rに焼いて仲間内に配っていつか資料館の人にも聴いてもらえたらうれしいなくらいに思っていたのだが、我らがGMあるぽらんマスターの鶴の一声「とっても五十嵐君らしい良い曲だ。CDに入れないの?」により、めでたくニューアルバムに収録された経緯がある。GMに足向けて寝られません。CDに入れて良かった~。最近のライブではもはや欠かせない歌である。今年はこの歌をいろんな場でステージで歌うことになりそうで楽しみ。さくら坂みたいな歌書けなくても全然良いや(笑)。

今宵のBGMはボブ・ディランの2枚組「ザ・ウィットマーク・デモ」。ブートレッグシリーズ第9集の著作権登録用のデモ音源ばかりを収めた弾き語り集。これが素朴で実に聴き応えあり。これに収録されているやはりあの曲を参考のために何度も聴くのでありました。なんの曲かは、ぜひ18日の両国一つ目ギャラリーさんでのソウブラライブで確かめて下さい!

BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ロケンロールライフ772 

2017/03/12
Sun. 22:08

今日は花粉症がツラいのもあって、何の予定もない解放感に浸ってラジオをつけっぱなしにして寝たり起きたりのんびり過ごす。こんな一時がもう若くない自分にはとてもありがたい。

夕方に息子と二人で20号棟ある団地の周囲を散歩し、600万円で売りに出たとチラシが入った最上階(5階)の部屋を探すが見つからず、そのまままほろばの森に入りタマノカンアオイ観察。近頃は68000円の家賃が肩に重く、安く売りに出る部屋があったら買っちまおうかと(月々の支払いが家賃より安く済む)母ちゃんと話すのだが、子どもたちは1階のこの部屋が良いのだと主張する。我が棟の目の前は、かつて警察官宿舎があった所が取り壊され、東急建設が一戸につき駐車場2台分のスペースのある大規模一戸建て住宅建設の真っ最中。個人的には広大な更地が市民農園になったら良いなぁと夢想していたが、どうやったってこちとらには手の届かないマイホーム群が建つことになった。

それでも息子と春の森を歩くのは楽しく、家を持つだのどうでも良く思えてくる。息子は目ざとく絶滅危惧種タマノカンアオイの葉を見つけ、父は一つ一つ微妙に葉の紋様や色合いの違うタマノカンアオイの豊かな個性を息子に見せて教え、群生することなく点々とありながら春夏秋冬枯れることなく己が緑葉で在り続ける姿にいつもながら元気をもらう。

森を出て団地に帰る息子と別れ、父は一人ヘルスよしのへ向かう。
ライブの曲目を考えたり歌詞やMCを考えるのは、部屋に居るより断然散歩(森歩き)や銭湯に入っている時の方が思い付く。今日は、いよいよ今度の土曜日(18日)に迫った両国はフォークロアセンター階下の一つ目ギャラリーさんでの初ワンマンライブの選曲をしたい。
団地から読売ランド前駅へ続く長い坂道沿いの桜並木は、早くも蕾が膨らみ出した感じ。またあの落ち着かなくも美しい桜の花咲く季節がやって来るのか…。そんなヘルスよしのへの道すがらあれこれとライブのセットリストが思い浮かぶ。結果、我ながら挑戦的な良い選曲となりライブが楽しみ。

行けばどんな空間と湯が待っているか分かりきっているのに、ヘルスよしのへ行く度に、湯に浸かる度に新鮮で最高の極楽気分を味わう。しかし、ここのところちょっと心配なのは、いつも受付けに座っていたおばちゃんが年明けすぐくらいから不在であること。果たして今日も裏方担当と思われるおじさんが受付けもやっていた。お休みすることも多くなり(先週火~金までもお休みであった)、ぼくは内心気が気でない。なので確認も兼ねてかかさず週一で通うことを心がけている。
湯上りにいつもの商店街を歩けば、昨年書いた「ヘルスよしの」の歌詞に出てくるお店のいくつかがもはやなくなっているのが寂しい。だからこそか、この商店街の風景を歌にすることが出来て良かった。唄えばいつでも今はもう無くなった景色に会えるから。

今宵は満月とのことだが、曇って月は見えず。6年前の震災から約10日後の圧倒的だった満月を思い出す。あんな満月はきっと生涯見られないだろう。

今宵のBGMは、インターFMバラカンビートの録音音源。
BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!今週末の両国ライブぜひぜひよろしく~!!

両国フォークロアセンター一つ目ギャラリーソウブラ初ワンマンライブ
17:00開場18:00開演 1500円(1ドリンク付)
墨田区千歳1-5-15 03-3631-8273
両国駅もしくは都営新宿線森下駅から徒歩9分

ライブ後会費1000円で懇親会有り

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ロケンロールライフ771 

2017/03/11
Sat. 23:39

3月11日、今日ぼくは明治大学生田キャンパスに行き、登戸研究所資料館が企画した証言会“登戸研究所で働いていた人に聞く登戸研究所の姿”「15歳の戦争」に参加して来た(満員で200人は優にいたと思う)。

年に数回、登戸研究所資料館では時どきの企画展のテーマに沿って、大学のホールを使って市民向けの講演会を開く。誰でも予約なしで無料で受講出来るこの講演会に、ぼくは自分が学生時代に受けたどの講義よりも、真剣にかつ積極的に参加し学ぼうとしていると思う。自分の中の本能に近い感性が、この時代を捉えこれからを生きて行くためにここであったことを知ることが必要だと感じているのだ。

今日聴いたかつて登戸研究所で働いていたお二人の話(88歳と87歳)は、アンケートにも書いたけれど、体験した人でしか表現出来ない言葉の響きを持ってぼくの心に入って来た。
88歳と87歳の二人の男性は、登戸研究所に15歳で入所し、一人は当時の日本が「決戦兵器」と妄想した風船爆弾の飛行実験と爆薬の製造に携わり、一人は中国経済を混乱させるための大量の偽札作りに従事させられた。証言会のタイトルにあるように、当時の戦争国家ニッポンは、15歳の少年に絶対機密である国際法違反の戦争の道具を作らせその実行をも強要した。
近所に住む人の多くが同じように登戸研究所で働いていたけれど、互いに知っていても一切仕事の内容は話さ(せ)ず(親兄弟にも)常に私服や制服の憲兵に動向を見張られていたという。
研究所資料館の調査で明らかになったのは、あえて近所の人たちを研究所に雇うことでお互いをけん制監視し合わせて秘密を保持させる目的があったらしいこと。この国の政府が権力が実に考えそうなことだ。

敗戦後長年登戸研究所について語らなかったことについて、「あまりに世の中が急激に変わってしまい自分にとって空白になってしまった」「俺は人殺しの道具を作らされていたのかと思うと…」と、怒りなのか悲しみなのか悔しさなのか混然となった強い口調で語られた時、ぼくはお二人が竹内浩三とダブって目頭が熱くなった。がらがらどんどんと事務と常識が流れた戦後を、お二人は「戦争は絶対にしてはいけない」と断言しながらも、平和憲法を持った戦後日本に対してどこかやりきれない憤りを抱いている。ぼくはそのことに矛盾を感じない。平和憲法を持ちながらそれを実現出来ていないことに何ら恥じず沖縄に犠牲を強い、アホなオリンピックに浮かれ最悪の原発事故収束の詭弁を垂れ、避難者を見捨て原発を再稼働している今のニッポンそのものではないか。この国は結局何も反省していないし何も変わっていない。15歳から登戸研究所で働きそれから70年以上を生きてきた人の肉声は、そのことをはっきりと伝えていた。実に重みのある人間性に満ちた生きた言葉と共に。

6年が経った3月11日に、1945年8月15日と同じくあの日を境に変わらなければいけなかったこの国の在り方を、これからも自分なりに目指して行こうとあらためて強く思った。ぼくにとってその手がかりの様な景色は、あの震災直後しばらくの間キラキラとハリボテを照らす明かりを消していた薄暗い夜の街だ。あのままで良かったのにと今もつくづく思う。

今宵のBGMは、本日放送の久米宏のラジオ番組「ラジオなんですけど」録音音源。今日の放送はぜひ聴きたかったので録音しておいた。ゲストコーナーの被災地で肉親を亡くした方の霊体験話が沁みる。最近死んだお袋との対話を続けていたのでとても良く分かる。人は死んでも無くなることはない。関係は変わるけれど対話は続くのだ。

BGドリンクはトマトジュースでした。ではまた、ロケンロール!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ロケンロールライフ770 

2017/03/09
Thu. 23:03

今日は5時を過ぎたら急いで仕事を切り上げて帰り、次女の誕生日祝いをするためにリクエストされていた近所の回転すし屋のH寿司へ家族で外食。

我が家で外食と言えば、アタシの実家か義父宅へ遊びに行く時以外は、誰かの誕生日にリクエストがあってそれに応え得る財力がある時だけだから、子どもたちの特に息子は朝から興奮気味で、父が時折歌うのを聴いて覚えたシブがき隊の名(迷)曲を起きたとたんに「スシ食いねェ~♪」と歌い出すほど。我が子たちの時折見せるこの分かり易くもいじらしい盛り上がりは、父をうれしくもふだんは思いもしない誓いへと導く「見てろよ。いつか回らない寿司食わしてやるからな!」。

次女の実際の誕生日は1週間先だが、その日の夜に父は施設の利用者諸君と、東京善意銀行から招待いただいた女子プロレス観戦に行く予定を次女の誕生日であることを忘れて入れてしまったので今夜に前倒しとなったのだ。
次女はそんな父に最近よく「もっとちゃんとしてほしい!」とか「フツーのお父さんが良かった」等と小言を言う。かまってもらってうれしい父は、長女や息子に向って「父ちゃんちゃんとしてるじゃんな~?ウッ、ゲ~ップ!」てな感じで晩酌の麦とホップのゲップをわざとまき散らして余計ひんしゅくを買ったり、「なぁ、フツーの親父なんてつまらねぇぞ」と話し出そうとして「うんちくは要りませんから!」と拒否られたりしている。

ぼくは今でも3人の子どもたちが生まれた日のことや生まれた瞬間のことをよく覚えていて、ぼくと同じ顔で母ちゃんから出てきた長女と対面した時の、腰が抜けそうになった驚きとは違って、小さく可憐な可愛さをたたえて水中出産で生まれた次女はまるでかぐや姫のようであった。誰に抱かれても愛想よく微笑み仕草の一つ一つが愛らしく、どうしてぼくの子どもでこんなに可愛い子になったのだろうと不思議に思ったものだが、やがて3人の内で唯一胃腸が弱く、大胆なようで実は線の細いところがあるのがまさに父とうり二つであることが分かって来た。

それが出て来たのがちょうど小学校に上がる頃で、最初はなかなか学校へ行けなかった。家が、安心出来る所が大好きで、父がインフルエンザでダウンした時は、自分は何ともないのに学校を休んで寝込む父のそばで一人遊びをしていた。
いつもはキツイことを言ってくれるけれど、父が泊まりで留守にして家に帰ると真っ先に玄関に迎えに来て抱きついてくる(さすがにもうしてくれないかもしれない)。毎年関西ライブで高槻に行くのだけれど、毎回観に来てくれるギター森田君の姪っ子がちょうど次女と同い年で雰囲気も似ていて、森田君の姪っ子に会うとぼくはこれからライブだっていうのに、次女に会いたくなって思わず家に帰りたくなったりする。そんな次女ももう11歳、6年生になるのだ。

今日急いで帰って来て、仕事着でもある黒Gパンを脱いでいつものシルバーのおっさんトレーニングウェアに着替えて「さぁ、寿司食いに行くぞ!」とみなに声をかけると、次女は父のいつもの姿に一瞥をくれるなり「またそのダッサイ恰好?友達に会ったら恥ずかしいでしょ!ったく」とキビシイ一言。ええ、もちろんアタシは着替えたりなんかしませんよ。そんなことしたらアタシの親父道に反しますから(なんのこっちゃ)。次女よ、誕生日おめでとう。

今宵のBGMは、CCRの1970年のライブを収録した「ザ・コンサート」。
BG酒は麦とホップゴールド(回転ずしでは飲まなかったので)でした。ではまた、ロケンロール!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-03